解決できる課題

若手社員の能力を高めたい

初めて面接に参加される方には、マナー・態度や面接の進め方、掘り下げ方をレクチャーする「基礎編」がおすすめです。

中堅社員の能力を高めたい

ある程度面接をご経験された方には、ご自身の見極めのクセや評価エラー、入社動機を高めるコミュニケーションを学んでいただく「応用編」がおすすめ。

部長・役員の能力を高めたい

候補者が入社後自社のビジネスでパフォーマンスを発揮できるか、カルチャーマッチするか等を確認頂く必要ための手法・考え方をレクチャーします。

サービス内容

世界的トップビジネススクールの理論と実践で面接力を強化

短時間のトレーニングで面接スキルを高めるためには、体系的な知識のインプットと実践、そして貴社独自の採用事情を踏まえたアウトプットが非常に重要です。Everyの面接官トレーニングでは、3つのステップを軸としつつ、貴社のご要望に合わせてプログラムをカスタマイズいただくことが可能です。※画像にて詳細をご確認いただけます。

弊社トレーニングの特徴

1.「現場感」を持った講師
業界・業種様々な面接経験、トレーニング講師経験はもちろん、執行役員として自社のマネジメントを行い採用責任者として現場マネージャーと折衝してきた経験を活かし、経営的な視点・現場目線双方の観点からトレーニングを実施いたします。

2.オーダーメイド・オンライン対応
面接のフェーズや目的、受講者のご経験によって面接のポイントは異なります。また、ZoomやTeamsを活用し20名のディスカッションやロールプレイングもオンラインで実施可能です。 貴社の受講目的や受講層に即した内容でトレーニングプログラムをカスタマイズしご納品いたします。

3.学術的・科学的なノウハウ
働き方の変化と共に、採用すべきハイパフォーマーの定義が変わり、また魅力に感じる会社組織のあり方も変化しています。 彼らを見極め、また惹きつけるべく、Everyの面接官トレーニングでは最新の学術的研究で効果が証明されている内容をプログラムに盛り込んでいます。

<その他オプションプログラム>
・応募書類のチェックポイント
・適性検査の見方と面接での活用
・昨今の採用マーケット(新卒採用/中途採用)
・転職・退職理由の確認方法
・応募者の質問に答える

<講師情報>
松澤 勝充(マツザワ マサミツ)
株式会社Every CEO

神奈川県出身1986年生まれ。青山学院大学卒業後、2009年 (株)トライアンフへ入社。2017年までに執行役員として組織ソリューション本部、広報マーケティンググループ、自社採用責任者を兼務。面接官トレーニングDVD監修者。2018年8月よりHaas School of Business, UC Berkeleyがプログラム提供するBerkeley Haas Global Access ProgramにJoinし2019年5月修了。同年、MIT Online Executive Course “AI: Implications for Business Strategies”修了。卒業後、シリコンバレーの大手IT企業でAIプロジェクトへ従事。 2019年12月帰任し、Well-beingを高める人事コンサルティング会社、2020年4月に株式会社Everyを設立。

事例紹介・ユーザーの声

面接員向けトレーニング実績(一例)

総合商社様(新卒採用・社員数 6,000名〜)
電機メーカー様(新卒採用・社員数 10,000名〜)
航空会社様(中途採用・社員数 1,000名〜5,000名)
エネルギー企業様(新卒採用・中途採用・社員数 1,000名〜5,000名)
ゲーム会社様(中途採用・社員数1〜500名)
インターネット広告会社様(中途採用・社員数1〜500名)
官公庁(新卒採用・職員数 5,000名〜)
特定非営利法人(中途採用・職員数1〜500名)

・声のトーンや話のペースがちょうどよく講義内容に集中できました。 採用に関し詳しく学ぶことは初めてでしたが、わかりやすく解説いただき、何を重視し理解しなければいけないかを認識することができました。 また、すでに明らかにされているデータを引用しながら解説していたり、聞きなれない言葉や想像しにくいことを説明するのに具体例を提示しながら解説されていたため自分の中で納得しながら受講することができました。 講義の中にワークショップが設けられていることも、自らの理解を深めるために有意義でした。

・数年間面接を実施してきたが、もっと良いやり方はないか、自身のスキルアップのため受講。 【よかった点】 ・業界や業種、新卒・中途等の枠組みに関係なく、スキルセット・マインドセットを学べる内容だったこと。

・やりがちな質問だが法律的な観点でNG...等、誰も教えてくれないが重要な観点を学べたこと。

・コンテンツ自体は短時間ではあるが、フレームワークの紹介があり(画面を止めつつ進めた)、面接の進め方のレクチャーがあり、評価のブレに関するワークショップがあり、合計1.5時間程度がっつり学べたこと。

・そもそも面接の精度が学術的に研究されてきたこと、また構造化面接というやり方があることなど、アカデミックな発見があったこと。

・私は中途の担当なので、その観点で講師に質問をしたが、講師自身の経験踏まえて丁寧に回答いただくことができたこと。 同僚にも進めて、面接の練習をしてみたいと思える内容だった。 【その他】

・評価の観点は、レクチャーされた点を踏まえて自分でしっかり考えて自社に落とし込む必要性を感じた。

https://every-co.com/services/workshop/mensetsukan_training/

資料請求1件につきHRポイント100P進呈!

会社情報

社名 株式会社Every
住所 東京都渋谷区神宮前六丁目23番4号 桑野ビル2階
代表者 代表取締役 松澤 勝充
資本金 二百万円
売上高 非公開
従業員数 2名