解決できる課題

新入社員の能力を高めたい

社員間のコミュニケーションを向上させたい

社員のモチベーションを向上させたい

サービス内容

新入社員オンボーディング支援 フォローアップ・プログラム

ご存じですか?
大卒新入社員の10人に1人、高卒なら5人に1人が
1年目に離職してしまうということを。

じつは新入社員の離職には防げるものと防げないものがあります。
防げるのは「ひとりで思い詰めて辞めてしまうパターン」の離職です。

新入社員が抱える問題の多くは、
話を聞いてくれたり一緒にがんばってくれたりする人が
周りにいるだけで乗り越えやすくなります。
問題が解決しなかったとしても、
話を聞いてもらうだけで思い詰めなくて済むでしょう。

でも入社したばかりの新人にそんな人はほとんどいません。
まだ会社に慣れていない新人にとって、
一番話しやすいのは誰でしょうか。
それは同期で入ったほかの新人たちです。

組織とは「人」です。
まわりにいる人次第で組織は所属する価値のある場所になります。
であるとすれば、同期とのつながりをいち早く作ることができるか。
そして同期とのつながりが仕事を続ける上で
強力な武器になることに気づけるかどうかが、
新入社員の一年目を大きく左右すると言えます。

しかし業務のオンライン化が進んだ今、
新入社員の横のつながりは自然にできるでしょうか。

コロナ以降、対面のイベントは縮小傾向にあり、
新人研修でさえオンラインがかなり採用されています。
つながりを作る機会やきっかけは確実に減っているのが現状です。

だとすれば、新入社員が「ひとりでがんばらなければ」と思ってしまう前に、
会社としてできることは何でしょう?

「新入社員オンボーディング支援 フォローアップ・プログラム」
は、入社半年以内に行う新人フォローアップ研修です。

なぜ入社半年以内なのか。
それは、入社してから半年以内が新人同士のつながりを作る絶好機だから。
入社半年以降のフォローはすでに計画されているかもしれませんが、
新人の定着を考えたらこの半年に何もしないのは後の損失につながります。

このプログラムの大きな目的は
「一人でも多くの新人を定着させること」。
研修を通して、それぞれが抱えている課題の解決方法を考えることで
新人同士の横のつながり作りをお手伝いします。

半年後に「やっておいてよかった」
と思っていただける研修プログラムです。

事例紹介・ユーザーの声

毎年新人が離職するのはあたりまえだと思っていました

毎年一定数の新人が辞めていきます。それを見越して採用もしているのですが、
ちょっと違うんじゃないかと思ってこちらの研修にたどり着きました。
ゼロにはできないまでも、どうせなら離職を減らす努力をしていきたいと思っています。

資料請求1件につきHRポイント100P進呈!

会社情報

社名 SBIビジネス・イノベーター株式会社『わたし・みらい・創造センター(企業教育総合研究所)』
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿8-17-1住友不動産新宿グランドタワー34F
代表者 北口 浩士/岩吉 直樹
資本金 1億円
売上高 非公開
従業員数 従業員数:1042名