[採用全般]その他採用関連

対話型AI面接サービス『SHaiN』

非対面・非接触でも質の高い面接を実現

採用面接において時間のかかる『情報収集』をAIが代行し、その面接内容をもとに専門のスタッフが『資質評価』の面接評価レポートを作成します。


解決できる課題

採用戦略を見直したい

公平公正な面接を実現し、自社の求める人材像にマッチする人材を見極めます。

採用経費を削減したい

時間的・場所的・金銭的に不利益のない受検機会を提供でき、かつ人的工数・時間的工数を削減。更なる採用活動の業務効率化を実現します。

効果的なキャリア採用を行いたい

AIができること(対話による候補者ヒアリング)と、人がやるべきこと(採用可否、動機付け、企業文化との相性)を棲み分け、効果的な面接が可能に。

サービス内容

AIと人のハイブリッド活用で、効率的かつ効果的な面接を実現

対話型AI面接サービス『SHaiN』は、タレントアンドアセスメントがこれまで培ってきた採用コンサルティング事業から生まれた提供サービスです。
「面接」を端的に表すと、時間のかかる「情報収集」、平準統一化することが難しい「資質評価」、自社にマッチするかの「採用可否判断」という3つの工程を含みます。
『SHaiN』は、採用面接において公平公正であるべき「情報収集」と「資質評価」を客観的かつ科学的に実現・提供し、人が行うべき採用可否判断や動機付けといったコア業務に注力することができるようになります。

【受検者メリット】
スマートフォンを利用し、非対面・非接触で24時間365日、いつでもどこでもAIと対話しながら面接をすることができるので、就活と学業などを両立できる、日程による選考辞退といった機会損失を減らすことができます。
【企業側メリット】
評価レポートの結果を参考に、採用可否の判断をするだけでなく、対面面接時に候補者ごとに適した質問を投げかけたり、候補者の特徴に合わせた動機付けをしたりすることで、内定辞退防止に活用することができます。さらに入社後の人材配置や育成など、戦略的にピープルアナリティクスとして活用することができます。

<<< 従来面接における採用課題も解決 >>>
【受検者側】
■遠方に住んでいても距離的に不利益とならない受検機会を提供
■交通費・宿泊費などの金銭的負担がない
■デバイスを利用せず、スマホのアプリインストールで受検できる
■面接官の経験値や感覚に左右されず、誰にでも公平な面接を実現
■じっくり話を聞いてもらえる
■圧迫面接・ハラスメントにあうリスクが無い
【企業側】
■面接の質向上と公平公正な評価を実現
■面接の物理的な条件(日程調整・面接場所の確保、など)を解消
■採用にかかるコスト(面接に関わる人的コスト・時間的コスト、など)を削減
■面接時の動画・音声・回答内容のテキストも提供
■面接評価レポートを活用して、対面面接時やWEB面接時にはより高い動機付けを実施
■採用に至ったエビデンスを残すことができ、受検者へのフィードバックにも活用できる
■ハラスメントなどの不祥事が起こらない
■適材適所の配属や人材育成に活用できる
■非対面・非接触ながらも質の高い面接を実現。BCP観点からも有用

事例紹介・ユーザーの声

業界・事業規模を問わず、幅広いお客様にご利用いただいております

■□■ 導入企業さまの声 ■□■
・こちらの都合で面接設定をした場合ドタキャンされることもあったが、AI面接ではそういった事象も生まれず、効率が良い。
・AI面接を導入したら今まで応募数が少なかった地方大学からのエントリーもあり、母集団が増加。さらに内定を出す人数も増やすことができた。
・これまで現場を持つ面接官への協力と実施時の負担が課題だったが、AI面接を導入することで現場の負担を無くし、かつ選考フローを短縮しても優秀な人材を採用することができた。
・地方毎で行っていた面接を集約でき、合格者のばらつきがなくなった。
・人の面接よりもより深い情報があり、受検者の個性が見やすい。
・感覚的になりがちな評価を、面接評価レポートにより根拠をもって議論することができた。
・AI面接で応募者の評価は十分にできている。人が行う面接では、人物評価ではなく会社や人の魅力を発信する場に変えた。
・面接の日程調整や面接官のアサイン、面接場所の確保などを行う必要がなく、説明会や応募者へのフォローに時間を割くことができる。業務の並行運用ができ、採用担当者の負荷低減と業務効率を実現できた。

◇◆◇ SHaiN受検者さまの声 ◇◆◇
・遠方の企業に出向かなくても選考が受けられる。地方出身者には交通費負担が無いのは大きい。
・研究やバイトをしなければいけない中で、日程が合わないからと辞退した企業もあった。AI面接はいつでも受けられるのでエントリーがしやすい。
・Uターン就職を考えやすい。
・5分10分の面接よりも、AI面接の方が自分が伝えたいことを伝えられる。
・AI面接は時間が長く疲れるが、人の面接と同じように緊張感がある。
・人と話すのは緊張するけど、AIの方が話しやすい。
・「質問を聞いて的確に答える」ということがどれほど大切かを実感した。実際の面接の模擬体験ができた感じ。
・AI面接を受けている時は不安もあるが、人の面接になるとAI面接の結果を読み込んでいてくれて、自分を理解してもらった上で選考を受けていると感じる。

資料請求・問い合わせ

資料請求1件につきHRプロポイント100P進呈!

会社情報

社名 株式会社タレントアンドアセスメント
住所 〒105-6923 東京都港区虎ノ門 4-1-1
神谷町トラストタワー23F
代表者 山ア 俊明
資本金 3億9380万円(資本準備金を含む)
売上高 非公開
従業員数 26名(2020年4月1日現在)