[福利厚生・安全衛生]メンタルヘルス・EAP・産業医

【クラウド型EAP】ウェルケアチャットライン

“働きづらさ”を究明し、本質的な課題解決を図るサービスです!

大手監査法人が開発した内部通報支援サービスで 安心・安全に“働きづらさ”を改善!


実績社数要お問い合わせ
地域全国
費用初期費用:20万円、月額:500円~/ユーザー
ジャンル
提供会社株式会社スタートライン

解決できる課題

社員のメンタルヘルスを強化したい

人事労務の管理コストを低減したい

従業員満足度(ES)を高めたい

サービス内容

ウェルケアチャットラインは、“働きづらさ”を究明し、リスクマネジメントと本質的な課題解決を図るサービスです。

※スタートラインは、日々175社以上/約1,000名の”障がい者雇用(障害者雇用/障碍者雇用)”を支援しています。

【サービスの特徴】

@傾向の把握から就業トラブルを未然に防ぐ
大手監査法人が開発したシステムを活用し日々発生する従業員からの相談、全社サーベイによる組織状況を蓄積し、従業員の状況と傾向を把握します。
この結果から、起こりうる就業トラブルを予測し、未然に防ぐための対策を立てることができます。

A匿名チャットで公認心理師等の専門家チームに相談
従業員の方々は、匿名性を担保したチャットで相談することが可能です。
また、状況に応じて、電話・オンラインによるカウンセリングを実施します。
システムによる受け付け後、スタートラインに所属する公認心理師や臨床心理士などの専門家チームが対応を行ないます。

B自由にアンケートの作成・集計が可能なサーベイ機能
システム内に、貴社が内容・項目を自由に作成できるサーベイ機能を実装しています。
定期サーベイ(例:季節的なメンタルコンディションの変化の把握)と臨時サーベイ(例:直近に発生したトラブルの原因調査)を全従業員に実施することで、組織の状況を把握することができます。

Cシステム利用に基づく月次レポートを提示
ご利用状況の月次レポートを作成します。
従業員がチャットで相談した内容やサーベイの回答などの結果をまとめ、貴社の担当者へ提示します。
このレポートを活用し、マクロ・ミクロの両面から組織状況を把握することができ、従業員の生産性の向上や、就業トラブルを未然に防ぐための施策を講じることができます。

事例紹介・ユーザーの声

よく寄せられる質問

Q:既に他の相談窓口を利用していますが何が違いますか?

個人情報保護法を遵守した形で窓口提供側(人事担当の方)への利用実績報告に力を入れています。
そのため投資対効果を測ることができる仕組みとなっています。
月次レポートを発行することで企業内の相談件数や相談内容種別を把握できます。
季節変動などを経過を把握することで予防的措置に活かすことができます。


Q:相談はどのように受付けしますか?

個人のスマートフォン、PCから企業ページにアクセスすれば、以降はチャット形式で気軽に質問をすることが可能です。
必要に応じてオンラインや電話での面談を実施します。


Q:全従業員の導入が必要ですか?

課題を感じている部署限定や、若手従業員限定などで範囲を絞ってご利用いただくことが可能です。

資料請求・問い合わせ

資料請求1件につきHRプロポイント100P進呈!

会社情報

社名 株式会社スタートライン
住所 〒181-0012
東京都三鷹市上連雀1-12-17
三鷹ビジネスパーク1号館3階
代表者 西村 賢治
資本金 123,160,000円(資本準備金含む)
売上高 非公開
従業員数 238名