[新卒採用]応募者・内定者管理ツール

LINE採用コネクト

【LINE採用コネクト】「学生」と「働く」をぐっと近くに。

LINE採用コネクトは、LINEを利用した学生とのコミュニケーション、学生のステータスに合わせたデータベース管理ができるクラウドサービスです。


解決できる課題

新卒採用で内定辞退者を減らしたい

LINEならではの距離の近いコミュニケーションで、内定者とのエンゲージメントを大きく高めます。

インターンシップを強化したい

学生は、インターンシップへの応募もLINEから。応募率の向上に貢献します。

新しい採用ツールを検討したい

LINE採用コネクトは、LINE社が提供するこれまでにない新しい新卒採用支援ツールです。

サービス内容

LINE採用コネクト

LINE採用コネクトとは、LINE公式アカウントとLINEが独自開発した管理画面を使って、学生との個別のコミュニケーション、学生のステータスに合わせたデータベース管理ができるサービスです。
 これまでの新卒採用で、学生とのコミュニケーションに使われていたメールや電話、学生管理のための表計算ソフトなどをLINE採用コネクトに置き換えることで、採用に関わる工数削減が実現できます。
 また、QRコードを利用した母集団形成の機会損失を削減、LINEならではの親密性の高いコミュニケーションにより、学生にとって企業がより身近な存在になり、企業への興味関心を高めることができます。

■課題:会社の認知度が低く、候補学生の数が少ない…
 場面を問わず手軽なQRコードでの登録で、エントリー開始前の候補学生数を大幅UP。登録した学生はワンタップで友だちを招待できるので、間接的な獲得にもつながります。

■課題:学生に会社の魅力を届ける手段がない…
 学生個々に合わせたPUSH配信や、情報をまとめたリッチメニューでの情報配信など豊富な機能で候補学生にダイレクトに会社の魅力を伝えることができ、学生一人ひとりとのエンゲージメントの向上につながります。

■課題:内定承諾者が採用予定人数に満たない…
 学生個々に合わせたシナリオを配信。必要な情報を早く簡単に届けることができるので、歩留まりの改善を強力に推進します。説明会や面接の日程調整機能とリマインドメッセージの自動配信で、業務工数も大幅削減。

事例紹介・ユーザーの声

新卒採用における学生とのコミュニケーションに関する調査

全国の人事・採用担当者163名を対象に実施した調査では、「コミュニケーションに関する課題」に関して、該当する項目を複数回答で選択してもらった結果、最も多かった回答は「返信・返電が遅い・ない」で、33%が課題と感じており、時点では「人的工数負荷が高い」が20%となりました。
 また、「これから期待するコミュニケーションツール」として、該当項目に複数回答で選択してもらった結果、「LINE」が51%で他のコミュニケーションツールと大きく差をつけて最多の回答となっており、これまで、新卒採用における一般的なコミュニケーションツールであった、「電話」「メール」に変わり、「LINE」での採用活動が期待されています。

※【調査方法】ProFuture株式会社が運営するメディアHRプロのWEBアンケート方式で実施

資料請求・問い合わせ

資料請求1件につきHRプロポイント100P進呈!

会社情報

社名 LINE株式会社
住所 〒160-0022
東京都新宿区新宿四丁目1番6号 JR新宿ミライナタワー23階
代表者 代表取締役社長 出澤 剛
資本金 96,199百万円(2019年3月末時点)
売上高
従業員数 2,269名(LINE株式会社単体、2019年4月末時点)