[組織風土]介護・育児支援

わかるかいごBiz

「介護離職ゼロ」を目指す企業・団体をサポート

「家族を介護しながら、仕事を続ける従業員を支えたい」 私たちは、そんな企業・団体をサポートいたします。


解決できる課題

ワークライフバランスを推進したい

育児・介護支援を推進したい

福利厚生を充実させたい

サービス内容

わかるかいごBiz

<背景>
昨今、急務な課題として叫ばれている「介護離職」問題。アベノミクス「新3本の矢」でも、「介護離職ゼロ」を政府の目標として掲げていますが、介護を理由に仕事を辞める、いわゆる「介護離職者」の数は、年間およそ10万人といわれています。そして、離職が多いのは組織の中核を担う年齢層の方たち。日本の労働者人口が減少していくなか、そのような人材を失うことは、組織にとっても、国にとっても大きな損失となってしまいます。


<データで見る介護との両立に悩む社員の実情>
●介護をしている者のうち、約5割が60歳以上
●介護をしている者の有業率は、男女共に介護をしていない者に比べ低い
●介護をしている雇用者は346万3千人、うち「介護休業等制度の利用あり」の者は 25万9千人
●過去5年間に介護・看護のため前職を離職した者は38万人
※出典:総務省 「平成29年就業構造基本調査」より


<わかるかいごBizのサービス内容>
介護をしながら仕事を続ける従業員の方々をサポートするため、以下のサービスをご提供いたします。
●介護コンシェルジュ(電話・メール相談)
●介護セミナー
●介護情報ウェブサイト
●介護支援ハンドブック
●個別相談会、体験型イベント


<以下に該当する方にはお勧め>
●ダイバーシティ推進の取り組みとして、社員の仕事と家庭の両立をめざす「ワーク・ライフ・バランス」を推進している。
●社員の平均年齢が上昇し、介護問題が深刻化してきていると感じる。
●社員の介護離職ゼロを目指したい。
●介護に理解のある職場作りが必要だと感じている。


気になる方は、資料請求の上ご覧ください!

事例紹介・ユーザーの声

社員のニーズを把握し、定期的なセミナー開催と相談窓口の設置で、介護への不安を軽減したい。

<悩み>
全社員を対象とした介護アンケートで、今後5年以内に介護をする可能性がある社員が8割近くにのぼることが明らかに。また、ほとんどの社員が介護に対して何らかの不安を抱えているようだ。社員のニーズを把握し、定期的なセミナー開催と相談窓口の設置で、介護への不安を軽減したい。

<解決策>
介護セミナーで介護知識や制度、サービスの有効活用を学び、セミナー終了時にアンケートを実施しました。現在介護をしている方にも、していない方にも、細かく聞き取りをし、現在の状況や介護への不安、具体的なニーズなどを調査しました。

<分析結果>
現在介護をしている方の多くは、仕事と両立するうえで、「遠距離介護」に困っていることがわかりました。また、企業に求める制度や環境は、「ケアマネジャー、介護施設などの紹介・手配」が最も多い結果となりました。
一方、現在介護を行っていない方は、介護に直面したときに困りそうなこととして「働き方について」をあげる方が多い結果に。企業に求めることは「介護費用の補助」が最も多く寄せられました。
このように、介護にあたる方とそうでない方では、考え方が異なることが明らかに。 次回のセミナーでは、「介護にかかるお金」について聞きたいという要望が多く寄せられ、お金をテーマとするセミナーの開催を予定しています。

資料請求・問い合わせ

資料請求1件につきHRプロポイント100P進呈!

会社情報

社名 株式会社インターネットインフィニティー
住所 〒141-0032
東京都品川区大崎1-11-2 ゲートシティ大崎イーストタワー4階
代表者 代表取締役社長 別宮 圭一
資本金 211,170,300円(2017年3月31日現在)
売上高 28億3,700万円(2017年3月期)
従業員数 632名(うち正社員数255名)(2017年3月31日現在)