[福利厚生・安全衛生]メンタルヘルス・EAP・産業医ソフトバンクグループのストレスチェックサービス Wellness Eye

マルチデバイス対応/1年中セルフチェック/英語・中国語対応/57問で集団分析まで十分に行える設問構成/「見やすい・わかりやすい」アウトプット

費用例)680円/人(WEB実施・1,000名規模)

時期・期間好評販売中

実績社数約260社

地域全国

ジャンル[福利厚生・安全衛生]メンタルヘルス・EAP・産業医

提供SBアットワーク株式会社

資料請求する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マルチデバイスでストレスチェック!「いつでも・どこでも・簡単に」を実現

解決できる課題

組織を活性化したい

社員のメンタルヘルスを強化したい

事例紹介・ユーザーの声

Wellness Eye 導入事例:@サントリーホールディングス株式会社様、A日本食研ホールディングス株式会社様

@サントリーホールディングス株式会社様

【短時間で手軽にチェック&リーズナブルに実施】
 重視したのは、従業員にとっての使いやすさでした。忙しい業務の中で全従業員に実施してもらうため短時間で手軽にマニュアルを見なくてもチェックできるようなシステムを探していました。スマホや英語対応しているか等、何社か比較し、Wellness Eyeに決めました。結果が分かりやすいこともあってか、Wellness Eyeの結果について従業員間で結構話題になりました。あとは、他社よりもリーズナブルでした!

A日本食研ホールディングス株式会社様

【組織の状態を把握できる設問、活用しやすい結果】
 導入して実感したこと、1つ目は設問の良さです。従来のストレスチェックにはなかった組織の状態も把握できる設問が設けられています。2つ目は結果レポートの分かりやすさと利便性です。個人・組織結果ともに分かりやすく、担当者としても社内報告資料を作る等の手間がかからないので非常に効率的だと感じます。組織状態に即したポイントやアドバイスも詳細なコメントで提示され、各現場での改善案検討や議論が活発になったと思います。

「見やすさ・分かりやすさ」にこだわった集団分析や「メールアドレス不要でWEB実施可能なシステム」等にご好評いただいております

【Wellness Eyeが選ばれる5つの理由】

@使いやすさ
 マルチデバイス対応、メールアドレス不要でWEBで回答していただけるシステムとなっております。また、マニュアル不要な操作性や英語・中国語に対応している点もご好評いただいております。
(WEBでのご利用の場合、回数無制限で1年間セルフチェックとして毎日利用可能です)

A57問で集団分析まで十分に行える設問構成
 東京大学(川上憲人教授)との産学共同研究により、厳選された設問数で法制化対応+αを実現いたしました。

B「見やすい・分かりやすい」アウトプット
 東京大学(川上憲人教授)との産学共同研究に基づく独自の診断ロジックと、ソフトバンクグループにおけるカウンセラーのノウハウを活かし、個人・組織結果に詳細なアドバイスコメントを表示します。

Cストレスチェック実施ノウハウ
 長年に渡るソフトバンクグループでの経験・実績をベースとした活用ノウハウをご提供いたします。(高ストレス者対応方法・組織診断結果活用方法・職場改善への取組みフォロー等)

D安心のセキュリティ体制
 SBアットワークでは、ソフトバンクグループで定められた「情報セキュリティ基本方針」に則り、お客様からお預かりする大切な情報を様々な外的リスクから守るため、人的・物理的・技術的な対策を講じています。(プライバシーマーク取得済)

★3分で分かるWellness Eye紹介動画★
https://www.softbankatwork.co.jp/
(SBアットワーク社HP右側にある動画再生ボタンをクリックください)

【導入実績(一部)】

・アデコ株式会社
・株式会社アドヴィックス
・株式会社エスエスケイ
・SGホールディングス株式会社
・キリン株式会社
・一般財団法人倉敷成人病センター
・香南市役所
・株式会社サイバーエージェント
・サントリーホールディングス株式会社
・株式会社CIJネクスト
・スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社
・住友商事株式会社
・株式会社大丸松坂屋百貨店
・ディップ株式会社
・トリンプインターナショナルジャパン株式会社
・日鉄住金物産株式会社
・日本食研ホールディングス株式会社
・ネットワンシステムズ株式会社
・株式会社ファーストリテイリング
・株式会社ブロードリーフ
・株式会社プロントコーポレーション
・株式会社URリンケージ
・りらいあコミュニケーションズ株式会社

(50音順、敬称略)