[テーマ別研修]資格取得

電話応対技能検定(もしもし検定)

新しいコミュニケーション教育・指導者の育成のための「もしもし検定」

電話応対のエキスパートとして即戦力になり得る社内の指導者の育成を目的とした検定制度


時期・期間全期間
実績社数多数
主要業界コールセンター業、サービス・小売業
主要職種人事部、サービス担当者
地域全地域
費用資格取得に必要な研修費用+受検費用
ジャンル
提供会社株式会社JBMコンサルタント

解決できる課題

研修内製化・研修開発をしたい

電話応対のエキスパートとして即戦力になり得る社内の指導者の育成を目的とした検定制度

社員のモチベーションを向上させたい

福利厚生の一環でも活用!

サービス内容

電話応対のエキスパートとして即戦力になり得る社内の指導者の育成を目的とした検定制度『電話応対技能検定(もしもし検定)』

「電話応対技能検定(もしもし検定)」は「お客様に喜ばれる電話応対」の実現と、
電話応対のエキスパートとして即戦力になり得る社内の指導者の育成を目的とした検定制度です。
電話を受ける・かける等の電話応対やビジネスマナー、日本語の基礎知識等の従来型の
「電話応対教育」に加え、場面や人によって臨機応変に対応することができるコミュニケーション
能力を養い電話応対に生かしていく「新しいコミュニケーション教育」を実施します

(特徴)
1.ステップアップで技能を吸収できます
4級→3級→2級→1級と段階を踏んで講座を受講することで、
必要な知識を習得しながらステップアップしていくことができます。
また、もしもし検定の講師として活動するための指導者級養成講座も
ご用意しています。

2.あらゆるビジネスシーンに対応します
カリキュラム全体の1/3程度が電話応対関係に講座、残りは
ビジネスマナーや言葉遣い、コミュニケーションに必要なスキル
などの隣接科目です。
電話応対スキルだけでなく、ビジネス上のコミュニケーション全般に
ついて学べ、あらゆるビジネスシーンに対応する能力が養えます。

事例紹介・ユーザーの声

お客様の声

・「座学主体の研修は、設問と答えを結びつけるだけに終始しがちですが、もしもし検定は『なぜその答えになるのか』という理由を考えなくてはなりません。自分の頭で考え、その後、解説を読み直して理由を確認することで、『やるべきこと』『とるべきマナー』がしっかり記憶されるのです」

・「今はもしもし検定を社内全体、そしてグループ会社に広げていくことに力を注いでいます。私は2013年に指導者級資格を取得したのち、弊社の実施機関登録を提案し、役員会で承認を得ました。社内的にもしもし検定を指標とし、指導者は『相手が何級か』を基準に、教えるべき内容を判断できるようになりました。また全国各地の事業所、グループ会社への出張講習で、受検のハードルも下がりました。

資料請求・問い合わせ

資料請求1件につきHRプロポイント100P進呈!

会社情報

社名 株式会社JBMコンサルタント
住所 〒530-0044 大阪市北区東天満1丁目11番9号
和氣ビル6階
代表者 玉本 美砂子
資本金 1,000万円
売上高 非公開
従業員数 30名