[テーマ別研修]ロジカルシンキング研修

実践型 !「ロジカル・スピーキング研修」

相手に認められる最短距離は、論理的に話せること。

「論理的に考え・整理する」技法と「“人間味”を織り交ぜ、納得・共感を得る」技法で、効率よく的確なビジネスコミュニケーションと周囲の信頼を獲得


時期・期間ご希望の日程で調整させて頂きます
実績社数多数
主要業界BtoC、BtoB企業など全般
主要職種ミドルマネジャー、営業/マーケなど
地域全国
費用(例:20名参加の場合) 76万円〜
ジャンル
提供会社株式会社博報堂コンサルティング HR Design Lab.

解決できる課題

若手社員の能力を高めたい

営業力を強化したい

社員間のコミュニケーションを向上させたい

サービス内容

本当にできていますか? 論理的に考え、論理的に話すこと。 ビジネスを円滑に進め、相手に一目置かれるための必須スキルとして。

「ロジカルに話せること」、そして「ロジカルだと思われること」は、
ビジネスを円滑に進めるために、そして周りから認められ、
順調にキャリアを歩むために非常に重要なスキルです。
明日から現場で使えるような、再現性のあるロジカルコミュニケーションスキル。

ーーー3つの特徴ーーー
1.「実践的なノウハウ」がベース
概念論のみに終始せず、すぐに現場で使えるノウハウを凝縮しています
2.相手の「ホンネの感情」を前提とした技法
正論だけでは動きません。相手がどう捉えるか?これを出発点としています
3.詳細な「話し方のコツ」まで網羅
どう話せば「論理的な人」と思われるか。詳細なコツにまで踏み込みます

ーーーカリキュラムの流れーーー
session1 論理的に話す事の重要性
◎論理的に話す事が求められる状況
◎論理的と非論理的な話し方の違いとは
◎ロジカルスピーカーの定義

session2 ロジカル・シンキングの基本的技法@
◎現場でよく使う、ロジカルシンキングの技法
 @「演繹法」で、相手を強力に説得する
 A「帰納法」で、クイックに主張を補強する
 B「アブダクション」で、新しい事業機会を見つける
◎現場をイメージした「リアルな使い方演習」

session3 ロジカル・シンキングの基本的技法A
◎「ロジックツリー」と「ピラミッドストラクチャー」の違い
 @ロジックツリー
 Aピラミッドストラクチャー
◎マスターするための「リアルな使い方演習」

session4 ロジカル・スピーキングの基本的技法
◎「論理的に話すこと」とは
◎ロジカル・スピーキングの基本的な技法
 @理解するまで聞く
 A論理的に話の構成を組む
 B相手を聞くモードにする
 C「骨格」に肉付けパーツを入れる
 D簡潔に話しきる

session5 総合演習
3分間のスピーキング演習
◎学んだ技法を活用して、3分間のフリースピーキング
◎各メンバーからのフィードバック
◎講師よりアドバイス

“貴社内にこんな方はいませんか?”
◆若手社員
伝えたいことを、相手が分かるように整理をして伝えることに苦手意識がある方
◆ミドルマネジャー
自分が考える戦略や構想を、上役や他部署に説得力を持って伝えられず、巻き込む力に不安を感じている方
◆営業職メンバー
自社の商品・サービスの魅力をうまく伝えているつもりだが、顧客が思い通りに動いてくれず悩む方

事例紹介・ユーザーの声

「話し方で印象も変わる。早くこのような研修を受けるべきだった」

「自分の言いたいことが伝わらない場面があり、早くこのような研修を受けるべきだったと思う。話し方で印象も変わるので、自分の悪いクセを改善したい。」

「魅力的な話の作り方、そしてその伝え方を体系的に学ぶことができました。」

「論理思考は苦手な分野だと思い込んでいたが、すんなり理解することが出来た。今回の研修をきっかけとし、よりロジカルスピーカーに近づきたい。」

「楽しく勉強でき、更に改善点を聞けることが良かった。挑戦できる風土づくりの一言一言が良かった。広げて、深めて、まとめる。即実践できる内容だった。」

「「論理思考」を非常に難しく捉えてしまい、苦手意識を持っていたが、コツを掴むと誰でも出来るものだ思った。日常業務において非常に効果的である。」

資料請求・問い合わせ

資料請求1件につきHRプロポイント100P進呈!

会社情報

社名 株式会社博報堂コンサルティング HR Design Lab.
住所 〒107-6319
東京都港区赤坂5-3-1赤坂Bizタワー
株式会社博報堂コンサルティング内
代表者 喜馬 克治
資本金 1億円 (株式会社博報堂 100%出資)
売上高 非公開
従業員数 54名