[人事戦略]人材・組織変革【事例:懇親会】全社懇親会

拠点、事業部を越えたコミュニケーション活性

費用※人数規模・内容による

時期・期間2014年

実績社数30社

地域関東

提供株式会社リンクイベントプロデュース

資料請求する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全社懇親会で、拠点、事業部を越えたコミュニケーションを促進

-

解決できる課題

従業員満足度を高めたい

社員のエンゲージメントを高めたい

組織を活性化したい

事例紹介・ユーザーの声

拠点、事業部を越えたコミュニケーション活性の場として

・拠点・事業部単位での業務が多いため、拠点や事業部を超えた社員の関わりが少ないといった理由から、年に1 度全社員が交流・懇親を行う場として、全社員懇親会を開催してきました。

・これまでは、事業部ごとのプロジェクトが大半でしたが、近年、複数の事業部が協同で行う案件が増えており、垣根を越えた社員同士のコミュニケーション、相互理解の必要性が高まっています。
そこで、「社員同士のコミュニケーション活性のきっかけの場にしたい」との想いで今回の懇親会を企画しました。

・昨年まで、社員が幹事として懇親会を企画・運営していましたが、司会や運営スタッフになったメンバーから、当日緊張して楽しめない(笑)という意見をもらっていたため、
今年は、社員全員に参加者として思いっきり楽しんでもらおうと思い、他社にお願いすることにしました。

【事例:懇親会】全社懇親会

<コンセプトは'お祭り'全社懇親会で、拠点、事業部を越えたコミュニケーションを促進>
・拠点、事業部を越えたコミュニケーション活性の場
・コンセプトは'お祭り' 参加型の懇親会を意識
・社員の新たな一面を発見できるコンテンツ
・全社員がひとつになった感動のラスト