[人事・業務システム]勤怠管理システム

ALIVE SOLUTION TA

企業の働き方改革を支援する機能を強化!

人事総務部門向けポータル画面により、労働時間の実績を「分析」し、今後の「予測」を行い、問題を未然に「予防」します。


時期・期間導入まで約6ヶ月
実績社数約700
地域全国
費用ユーザー数により個別見積
ジャンル
提供会社株式会社三菱電機ビジネスシステム

解決できる課題

勤怠管理・給与計算システムを導入・改善したい

サービス内容

6つの機能を強化した新バージョンにより、働き方改革をサポートします。

【強化1】労務状況の分析・予測・予防機能
 新たに追加した人事総務部門向けポータル画面により、労務状況を分析・予測して、過重労働を予防します。

【強化2】客観的な労働時間取得の拡充
 パソコンのログオン・オフや入退室管理システム、資産管理ソフトなどと連携して、客観的な労働時間を取得することで、従業員の労働時間を適正に把握・管理でき、労働基準法の遵守をサポートします。

【強化3】時間乖離の管理強化
 複数の客観的な在場時間と自己申告の労働時間の乖離を管理することで、サービス残業を防止し、従業員の適正な労働時間管理をサポートします。【特許出願中】

【強化4】健康管理機能の強化
 過去の勤務状況確認を強化しました。長時間労働の傾向にある従業員を早期に確認し、業務改善することで、従業員の健康と安全を守ります。
 
【強化5】勤務時間インターバル制度への対応
 日々の勤務間インターバル時間管理を可能とし、ワーク・ライフ・バランスを支援します。

【強化6】勤務地別の勤怠管理点検表
 労働基準監督署から提出が求められる「長時間労働の抑制のための自主点検表」を勤務地別に作成可能です。

事例紹介・ユーザーの声

<多店舗展開サービス業>指静脈認証打刻で日々の入力を意識づけ

【導入の背景】
現場の運用になじまないシステムを導入し適切な管理ができていない。

【お客様の課題】
1.ICカードによる運用で打刻漏れや代理打刻が発生するリスク。
2.タイムカードの集計やシフト管理の手直しが多く、業務負荷が高い。
3.システム運用が定着しないのではという懸念。

【導入後の効果】
1.未打刻が減り、代理打刻の不正防止にもつながった。
2.スタッフ・マネージャー・本部の作業を明確にし、それぞれの負荷を減らした労務管理を実現することで、システムでの運用を定着させた。
3.リアルタイムに勤務状況を把握し、各店舗の負荷状況を見ながら対策ができることで顧客満足度の向上にもつながった。

その他の導入事例については、弊社ホームページをご覧ください。

※導入事例ご紹介ページ
https://www.melb.co.jp/case/

資料請求・問い合わせ

資料請求1件につきHRプロポイント100P進呈!

会社情報

社名 株式会社三菱電機ビジネスシステム
住所 〒164-0012
東京都中野区本町1-32-2 ハーモニータワー
代表者 取締役社長 中野 隆雅
資本金 4億円(三菱電機全額出資)
売上高 144億円(2017年3月期)
従業員数 813人(2018年4月現在)

MENU