[適性検査・ アセスメント]ストレス診断

【MARCO POLO】(ストレスチェック付/HRアセスメントサービス)

ストレス診断/人と組織の「適合度(活躍可能性)」を 確かな精度で数値化

ストレスチェック・メンタル兆候分析を含むHRアセスメント。ストレスの原因となる不適合要因を探れるので個々の対処に活用できます。


解決できる課題

ストレス耐性を診断したい

ストレス耐性(批判、負荷、要求・指示)とメンタル兆候分析がなされる他、その原因となる不適合要因も探れるので、個々の対処にも活用できます。

メンタルヘルス診断をしたい

メンタルでは抑うつ性などの潜在的な兆候を確認しており、その度合に応じて3段階で評価を行います。

職務適性の診断をしたい

貴社独自の人材モデルに対する適性が計測されます。職務適性が低い場合はストレスの原因にもなるため、それを把握して適正に配置することが大切です。

サービス内容

【MARCO POLO(マルコポーロ)】 個人と配属先組織との、不適合要因を具体的に探れるので、具体的且つ効果ある対処法が見えてきます。

<ストレス耐性について>
ストレス耐性とは、「ストレスの発生前後の未然防止や事後処理を図る姿勢」と定義され、構成する概念は以下3つに整理できます。
 ・批判耐性 :他者からの指摘や評価など、批判に対するストレスの耐性
 ・負荷耐性 :仕事量の多さや求められる質の高さなどに対するストレスの耐性
 ・要求・指示耐性 :お客様や上司などからの厳しい要求や命令に対するストレスの耐性
被検者が感じるストレスの度合は、配属される組織分野の適合度と大きな関連性が見られます。そのため構成概念ごとに被検者の数値を確認し、耐性の弱い概念に関しては、その組織でのストレスを感じる原因の有無も考慮し、配属先を選定することが効果的です。また配属後であれば、耐性の弱いところに注目し、面談などを通して丁寧にケアすることが大切です。

<メンタル兆候について>
メンタル面で「落ち込んでいる」などの状態にある被検者については、その原因が何なのか、どのように対処すべきかなど、十分な配慮の上、面談などを通して確認する必要があります。

<MARCO POLOによる不適合要因の確認>
従来の検査では、ストレス耐性やメンタル面での兆候が計測されるものであっても、その原因については、一般論として「この被検者は○○にストレスを感じやすい・・・」ということに留まっていました。もちろんこれも有意義ですが、実際にはそれぞれの組織には、独自の風土があり、仕事の進め方や仕事の要素の組み合わせ、求められる特性や能力が異なります。
以上によりMARCO POLOでは、被検者個人のストレス耐性やメンタル面の兆候だけを計測するのではなく、今の配属先の状況(組織風土や仕事の質)に照らし合わせて確認することで、不適合要因を探り、具体的かつ効果的な対処へと連結させることができます。

事例紹介・ユーザーの声

直属の上司でも気づいていない診断結果が・・・

以下は、お客様からのお言葉を、解りやすくするために当社が少しだけ修正しています。ご了承ください。

<誰も気づかないようなストレスやメンタルの状況と、その原因まで探れるのが助かる!>
当社は、ほぼ全ての社員に特性検査を受検させ、レイルさんにも同席いただき、部長職のみを集めた結果確認・見方の説明会を開きました。
その席上で、メンタル面で「弱い」と判定がついていた社員の上司であるA部長から、「本人は普通に仕事をしていて問題は感じない。この結果はおかしいのではないか」という話がでました。するとA部長の前に該当者の上司であったB部長から、「実は3年前にメンタル面で問題があったんだよ。周りには知られないようにしていたけど・・・」と話があり、A部長は驚いてました。一見、何も問題を抱えていないように見える社員でも、実は問題を抱えている場合もあるんだという気づきと共に、MARCO POLOの詳細分析結果から、不適合要因を見つけることができ、A部長も「その点については確かに思い当たる節がある」と納得していました。
適合度分析って、その逆の不適合要因も探れる点がいいですね。

資料請求・問い合わせ

資料請求1件につきHRプロポイント100P進呈!

会社情報

社名 株式会社レイル(Reile Corporation)
住所 〒162-0825 東京都新宿区神楽坂6丁目67 神楽坂FNビル8F
代表者 代表取締役社長 須古勝志
資本金 5000万円
売上高 非公開
従業員数 20名