デザイン思考入門 〜イノベーションを生み、育てる〜

掲載日:2020/05/08 ※最終更新日:2022/05/11

デザイナーの発想法で、実務にイノベーションを引き起こす

絵本仕立てにし、図表を多用するなどビジュアル面にも配慮した親しみやすい教材で、最後まで興味をもって学べます

資料請求する

サービス基本情報

時期・期間:受講期間:2か月/在籍期間:4か月
実績社数:313(2019〜)
主要業界:全業界
主要職種:全職種
地域:全国
費用:16,500円(税込)
提供会社:学校法人産業能率大学 総合研究所

サービス内容

通信研修

<教材構成・添削>
◆テキスト 1冊
◆サブテキスト 1冊
◆添削 2回(コンピュータ採点型:Web提出のみ+講師添削型:Web提出可)
◆【eTextあり】テキストおよびサブテキストは、eText(電子書籍)での閲覧も可能です。


<導入のポイント>
デザイン思考とは「デザイン」の考え方をビジネスの場に適用した思考法で、さまざまな新製品開発やイノベーション創出に役立ってきたことから、近年特に注目されています。このコースでは、業種や職種を問わず、実務に役立つデザイン思考の考え方と手法を親しみやすい教材で実践的に学べます。


<ねらい>
◆5つのステップから成る「メソッド」とその根底にある「マインド」の両面から、デザイン思考を理解します。
◆5つのステップ各々における具体的な手法を理解し、ワークを通じて、日々の業務の中で実践できるようになることを目指します。
◆新しい製品・サービスの開発やイノベーションの創出にはもちろんのこと、マネジメントや問題解決にも役立つ、ものの見方や考え方を身につけます。


<特色>
◆デザイン思考教育の権威であるスタンフォード大学の方法論に則った、東京工業大学エンジニアリングデザインプロジェクトの監修により開発しています。
◆具体的なメソッドと手法、そのマインドを丁寧に学ぶメインテキストと、課題を設定してワークに取り組むサブテキストで、高い学習効果を得られます。


<カリキュラム>
◆テキスト はじめよう デザイン思考
■メソッド編
序章:「デザイン思考」の全体像を知ろう
1. ユーザーの声を聴き、実態を知る
2. 潜在的なニーズを把握する
3. 潜在的なニーズに応える、アイデアを発想する
4. 発想したアイデアを、“ざっくり”かたちにしてみる
5. アイデアの有効性を確認する
実践の注意点:「デザイン思考」はどこからでも、何度でも繰り返そう
■マインド編
1. デザイン思考に取り組む姿勢
2. デザイン思考を促進するチームづくりと「場」づくり

◆サブテキスト 繰り返そう デザイン思考
■「なかよし森のプレゼント大作戦」
・絵本仕立ての物語を通じて、デザイン思考の要点を確認します。
■デザイン思考実践ワークシート
・ 具体的な課題と結びつけながら、デザイン思考のメソッドを実践し、マインドと共に体得します。

事例紹介・導入企業の声

受講者の声

  • ●書籍もデジタルも使いやすかった。デジタルの方はPCでもスマホでも確認ができ、スキマ時間に学習を進めることができ、役に立った。(機械・電気機器 40代 男性)

    ●本を読むだけでなく、実際に手を動かして回答する通信教育の良さを改めて実感しました。テキストをデジタルで色々な端末から読めて良かった。特にWeb提出は非常に良かった。(化学・医薬品 50代 男性)

資料請求1件につきHRポイント100P進呈!

会社情報

社名 学校法人産業能率大学 総合研究所
住所 〒158-8630
東京都世田谷区等々力6−39−15
代表者 上野 俊一
資本金 該当なし
売上高 非公開
従業員数 588名(2021年4月現在)
資料請求する