[テーマ別研修]マネジメントスキル研修計数センストレーニング基礎編・応用編

自社の財務諸表の分析、競合他社との比較分析を通じて、経営分析を実践的にに学習、応用編では管理職としての判断に必要な指標による管理を学ぶ

費用お問い合わせください

時期・期間基礎編 1日間/応用編 1日間

実績社数非公開

主要業界全業種

主要職種全職種

地域全国

ジャンル[テーマ別研修]マネジメントスキル研修

提供株式会社トランストラクチャ

資料請求する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

計数センス向上トレーニング

係数センス向上トレーニング(基礎)

(1)研修目的
数字が読める社員であることはビジネスマンの基本であるとさえ言われるようになりました。またビジネスの様々な側面において定量的なアプローチが要求される機会は以前より各段に増えていきます。数字を読む力や会計知識は、一度身につくと業務に必要な経済・経営ニュースを理解し、顧客・競合企業の実力を分析するうえで有用なものになります。また、管理職にとって、数字を読む力は的確な部門管理を行うために必要なスキルでもあります。
本研修では、財務会計の基礎知識として財務諸表を読む知識や財務分析の手法を身に付け、自社の財務諸表を用いて実践を行うことにより、計数に基づく実践的判断力を養います。

(2)研修概要
財務基礎知識と経営分析手法を理解し、基本的な経営分析が実践できるようにします。自社分析および、競合他社との比較分析を実践します。

係数センス向上トレーニング(応用)

(1)研修目的
基礎編ではビジネスパーソンに求められるベーススキルとして企業活動の実態を外形的に数字で理解する方法を学習しました。しかし企業の内部意思決定者としての役割が求められるようになると、意思決定に資する数字の読み方・扱い方が求められます。この研修は基礎編で学習した内容の復習に加え、管理会計を中心とした内部意思決定に関わる数字の読み方・扱い方の習得を目的としています。

(2)研修概要
ビジネスに求められる財務知識(B/S・P/L・C/S編)と経営分析の方法に加えて、指標による管理や意思決定を行うための管理会計のポイントを習得します。

○基礎編のけんカリキュラム例(□講義■演習)
1:貸借対照表及び損益計算書の読み方を理解させる
□財務諸表とは何か
□貸借対照表の仕組みと読み方
■実際に貸借対照表を読む
□損益計算書の仕組みと読み方
■実際に損益計算書を読む
  
2:経営分析のために必要な分析指標とその算出方法を理解させる
□経営分析の手法とは何か
□経営分析の視点
□代表的な分析指標
■自社と競合他社を比較分析する

会社情報

社名 株式会社トランストラクチャ
住所 〒102-0083
東京都千代田区麹町5-4 KY麹町ビル
代表者 林 明文
資本金 8,000万円
売上高 非公開
従業員数 約50名

株式会社トランストラクチャのサービス一覧