[人材育成・研修全般]eラーニング

「ラングリット」

今を学べ。世界を変えろ。

日経の次世代デジタル学習サービス


実績社数多数
地域全国
費用個別にご相談ください
ジャンル
提供会社株式会社日本経済新聞社 人材教育事業局

解決できる課題

新入社員の能力を高めたい

若手社員の能力を高めたい

中堅社員の能力を高めたい

サービス内容

経済とビジネスを、まるごと・やさしく・おもしろく

<特徴>
【スキマ時間にスマホで学べる
新・学習スタイル “マイクロラーニング”】
学習単位は1コマ約3〜5分。仕事が忙しくて学習時間が確保できない方も、スキマ時間にスマホで学習できます。
時間のあるときにパソコンでじっくり学習することも可能です。

【これひとつでビジネスに
必要な知識が身につく7つのテーマ。】
世界経済を読み解き、ビジネスに必要な知識をこれひとつで学べます。知識を「学ぶ」だけでなく、実際に「使える」レベルにまで到達することを目指します。

【日経の “独自メソッド” から生まれた
オリジナルプログラム】
日本経済新聞社が2008年から行っている「経済知力」を測る日経TEST。
約3,900社、延べ20万人が受験した日経TESTの出題、経済知力測定のノウハウが構成や内容に活かされています。

<学習ステップ>
基礎となる枠組みだけでなく、キーとなる数字や手法、技術を理解することで、
ビジネスのさまざまな局面で応用できる力を養います。
これらのステップを動画や音声付スライドで効率的に習得することができます。

STEP.1「入門解説」
テーマの捉え方や考え方を日経の講師が5分で解説。基礎となる枠組みを理解します。

STEP.2「トピック」
キーワードを理解するためのナレーション入りスライドです。
5つのトピックを各3分の動画で解説。キーとなる数字や経営・マーケティング手法、技術動向を理解し、知識を蓄えます。

STEP.3「確認テスト」
入門解説とトピックで学んだら、10問の確認テストで理解度をチェック!

STEP.4「ステップアップ解説」
枠組みを理解し、数字や手法、技術動向をつかんだ後は、それをどう活用するかです。
5分の動画でビジネスのさまざまな局面で応用できる力を養います。

<コンテンツ群>
・Introduction ここから始める10の数字
1.景気と経済指標
2.グローバル経済
3.産業動向・企業戦略
4.企業財務・金融
5.ビジネス法務・労務
6.マーケティング・流通
7.技術と経済
8.100問の総合テスト

事例紹介・ユーザーの声

こんな方にオススメ

1.最前線で活躍する若手ビジネスリーダーの方
・イノベーションを起こすため、ビジネス知識の基礎を改めて学習したい。
・ビジネスに役立つ経済の知識、時代を読む力を養いたい。

2.仕事ができる人」と肩を並べる存在になりたい方
・知識不足で商談相手や上司と上手く会話ができない。
・新聞も読んでいるしニュースもチェックしているけど、実はよくわかっていない。

3.新入社員や学生の方
・だんだんと仕事が増えてきて、わからないことが沢山出てきた。
・就職活動に向けて基礎的なビジネス知識を身につけたい。

資料請求・問い合わせ

資料請求1件につきHRプロポイント100P進呈!

会社情報

社名 株式会社日本経済新聞社 人材教育事業局
住所 〒100−8066
東京都千代田区大手町1−3−7
代表者 代表取締役社長 岡田 直敏
資本金 25億円
売上高 1,889億円(2018年12月期)
従業員数 3,069人(2018年12月末)