[新卒採用]就職ナビ・プロモーション・その他メディアプロモーション

プライオ(旧:AI優先度診断サービス)

さぁ、採用に人工知能を。

HR領域に特化したAIエンジン「HaRi」を活用し、エントリーシートを元に「優先度」「人物像」「辞退可能性」を予測するサービスです。


実績社数150社
地域全国
費用Webサイトよりお問い合わせください。
ジャンル
提供会社株式会社マイナビ

解決できる課題

新しい採用ツールを検討したい

効率的な採用システムを構築したい

採用経費を削減したい

サービス内容

人工知能を活用し、新卒採用の選考スピード・精度に革命を。

現在メディアでも話題であるHR領域の課題をテクノロジーで解決する「HR Tech」。
なかでもひときわ高い注目を集めているのが、採用業務へのAI活用です。
マイナビと三菱総研が共同開発された「AI優先度診断サービス」では、過去のエントリーシートを活用して「優先度」「人物像」「辞退可能性」を診断。
既に150社超と実データを用いた導入検証を実施しています。

◆こんなことにお困りではないですか?◆
<Case1 エントリーシートを読むために膨大な時間を費やしており、負荷が重い>
⇒「優先度」診断を活用過去のエントリーシートのデータや選考情報をもとに、選考で重要視されている要因をAIが学習し、モデル構築。そこからエントリーシートごとの優先度を診断。

<Case2 評価する人によって基準がバラバラ。採用すべき人物像が分からない。>
「コミュニケーション」「リーダーシップ」など6つの軸にスコアリング。どのような学生なのか把握することが可能。人による判断だけに頼らず、採用を強力にサポートします。

<Case3 毎年辞退者が多く、悩まされている>
「辞退可能性」診断では、各応募者が辞退する可能性を5段階で表示。選考フローの見直しやフォロー施策の検討が可能に。

★★★無料トライアル診断受付中★★★
お問い合わせはこちらまで(https://mynavi-mri-ai.jp/)

事例紹介・ユーザーの声

導入企業150社(無料トライアル診断含む)!大幅な採用効率の改善に貢献しています。

大手メーカーA社:
本サービスを試験的に取り入れたところ、エントリーシート選考にかける時間が約40%削減できたため、導入を決めました。
書類選考の時間が削減された分、セミナーなどの応募者との直接のコミュニケーションの場を増やすことに注力。
また、エントリーシートの応募期間を延長することができ、採用効率を大幅に改善することが出来ました。

大手メーカーB社:
AIで判断された優先度高スコア者の選考通過率、内定率が明らかに高かった。
AI優先度診断サービスの結果に対する納得感が非常に高く、来年はもっと戦略的な導入を検討したいと考えている。

中小メーカーC社:
人事担当の人数が少なく、困っていました。
診断結果のもと、優秀層は選考をスキップさせ、辞退者予測が高い学生に対しては手厚いフォローを実施することができ、採用人数を2倍に増やすことができました。
エントリーシート受付から選考結果出しまで手厚くフォローしていただき、大変助かっています。

資料請求・問い合わせ

資料請求1件につきHRプロポイント100P進呈!

会社情報

社名 株式会社マイナビ
住所 〒100-0003
東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号 パレスサイドビル
代表者 代表取締役社長 中川信行
資本金 21億210万円
売上高 1,387億円(2018年9月期)
従業員数 約9,400名(マイナビグループ全体) ※2018年6月時点