同一労働同一賃金で「優秀な派遣社員」と「いるだけ正社員」は今後どうなる?【28】

Inside HR−人事はここを見ている

立場ではなく能力で評価される時代に

こうした負の遺産も、今回の派遣法改正でついに清算されることになりそうです。派遣社員の待遇は今後、大幅に改善されていくでしょう。しかし、企業側の意識はまだまだ変わりません。

実際に新型コロナウイルス感染症拡大の社会情勢の中でも、正社員がテレワークで在宅勤務をしているのに、派遣社員は出社しているという状況もあるようです。郵便物を管理するためだけに、派遣社員が満員電車に乗って出社するケースもあります。わざわざ出社する必要のない簡単な仕事であれば派遣社員に……という意識が、まだまだ大企業にはあるようです。

しかしリモートワークが浸透するいま、これからは正社員も仕事の成果で評価される時代がきます。デジタルツールの活用が進めば会社に出社する必要がなくなり、派遣社員にお願いしていた軽微な業務は少なくなっていくでしょう。そして正社員がこなしていた業務も効率化が進み、会議や資料作りが大幅に少なくなることが予想されます。そのような時代が訪れた時、ただ会社にいることで地位が保たれていた正社員はどうなるのでしょうか。

純粋に仕事の成果や質で評価されるなら、正社員よりも優秀な派遣社員はたくさんいるでしょう。同一労働同一賃金が進み、リモートワークが浸透していけば、派遣社員も正社員もほとんど垣根がなくなるはずです。

いままさに、立場を越えて本当の能力で評価される時代が訪れようとしています。
  • 1
  • 2

著者プロフィール

中野 在人

大手上場大手メーカーの現役人事担当者。

新卒で国内最大手CATV事業統括会社(株)ジュピターテレコムに入社後、現場経験を経て人事部にて企業理念の策定と推進に携わる。その後、大手上場中堅メーカーの企業理念推進室にて企業理念推進を経験し、人材開発のプロフェッショナルファームである(株)セルムに入社。日本を代表する大手企業のインナーブランディング支援や人材開発支援を行った。現在は某メーカーの人事担当者として日々人事の仕事に汗をかいている。

立命館大学国際関係学部卒業、中央大学ビジネススクール(MBA)修了。

個人で転職メディア「転キャリ」を運営中:http://careeruptenshoku.com/
他に不定期更新で人事系ブログも運営:http://hrgate.jp/

関連リンク