技術者でなくても即戦力のAI人材に育成する、課題解決型学習「PBL」の事例と成果

HRサミット2019/HRテクノロジーサミット2019講演録

人材不足を補うテクノロジーとしてAIが注目を集めている。しかし、活用が進まないのは多くの企業がAIを扱えるAI人材が不足しているためだ。また、AI自体が評価しにくいこともAIの導入障壁となっている。これらAIの課題に真っ向から取り組むのが、本講演に登壇した株式会社SIGNATEの代表取締役社長 齊藤秀氏だ。同氏はAI人材を自社で育てることが必要性とその理由、即戦力のAI人材を育成できる課題解決型学習「PBL」を紹介。今や国を挙げて取り組むAI人材育成の最前線を明らかにした。

講師

  • 齊藤秀

    齊藤秀氏

    株式会社SIGNATE 代表取締役社長

    オプトCAOを経て現職。幅広い業種のAI開発、データ分析、共同研究、コンサルテーション業務に従事。データサイエンティスト育成及び政府データ活用関連の委員に多数就任。博士(システム生命科学)。筑波大学人工知能センター客員教授、理化学研究所革新知能統合研究センター客員研究員、国立がん研究センター研究所客員研究員。

AIの人材不足は深刻

昨今話題のAIについて、その人材が不足しているということは多数報道されています。本日は、そんなAI人材の人物像とどのように育成するのかをご紹介します。その前にお話したいのは、当社がなぜAI人材育成を重要視し、実際に育成支援をするに至ったかです。
当社では、AI開発のコンサルティングや受託開発、運用支援のほか、AI人材の採用や育成支援を行っています。AI開発には自社のAIエンジニアやデータサイエンティストによる自社開発と、当社が運営するAI開発コンペティションサイト「SIGNATE」に登録している2万3,000人を超える会員のリソースを活用する方法があります。会員はいわゆる市井のAI技術者で、大手企業の研究所やエンジニアとして機械学習を業務としている方が中心です。HRに関する部分では、2万3,000人の会員から優秀な人材を紹介する採用支援と、AI人材の育成プログラムを提供しています。AIの開発と人材サービスを両軸で展開する企業は珍しいと思います。

我々が感じている問題意識は大きくふたつあります。一つは人材に関することです。昨今、AIブームが過熱する一方で、AIを活用する人材が少なく、採用も上手くいっていないという話をよく聞きます。AIを活用したいというニーズに対して、人材の質も量も足りていない状況といえます。もう一つは、AI技術自体が捉えにくいことです。AIが具体的にどういうものでどういう品質なら使えるのかということが分かりにくいため、「AIは使えない」とか「AI活用が難しい」といった考えが壁になり、普及を阻害するおそれがあります。

人材不足は私も普段から感じているのですが、調査でも明らかになっています。高度IT人材に限っても世界で約80万人、日本でも約4万8,000人不足しているといわれています。調査内容の違いや是非はあっても、高度IT人材が足りていないということは事実で、世界で人材争奪戦を繰り広げたり、国を上げて育成に取り組んだりしています。

プログラムの評価や効果の見極めの難しさがAIの課題

AI関連の展示会で、事業部や研究所の担当者がソリューションを探してみたものの、違いが分からないとか、効果や機能がよく分からないといった混乱状態に陥っていることがよくあります。AIの仕様を評価する第三者機関がないため、プロダクトがどの水準で動いているのか検証ができません。検討に際して、ベンダーの担当者に説明を聞いたり、プロダクトの仕様を精査したりするのですが、最終的にプログラムを実行してみないと、求める結果をAIが出すのかを見極めるのが難しいのです。
気になる続きは、下記をダウンロードの上ご覧ください!

  • 1

著者プロフィール

HRサミット2019/HRテクノロジーサミット2019 講演録

2019/9/18-9/20開催

テーマ別特集「HRテクノロジー」

関連リンク