マネジャーに求められる3つの「ビジョニング力」とは? 企業のビジョンを現場に落とし込み、中期経営計画を実現させよう(前編)

特別読み切り

ミドルマネジャーに求められる3つの「ビジョニング力」とは?

こうした効果をもたらすには、現場のキーパーソンであるミドルマネジャーの「ビジョニング力」の向上が要となります。「ビジョニング力」とは、“組織の「ミッション」「ビジョン」「バリュー」を自らの言葉で現場に落とし込み、その目指すべき姿をメンバーと一体になって実現するための能力・スキル”のことを指します。これらは、次の3つの力で成り立ちます。

T「構想力」(ビジョンを構想する力)
U「相乗力」(メンバーの相乗効果を生み出す力)
V「完遂力」(結果が出るまで実行する、やり切る力)


一般的なビジョン研修では「構想力」のみを扱うことが多いですが、ビジョン浸透を徹底し、組織として結果を出すところまで到達するためには、「構想力」だけでは足りません。「構想力」、「相乗力」、「完遂力」の3つの能力が備わり、メンバーそれぞれの能力を高めることで、初めて本当のビジョニング力が身につくと考えます。
ビジョニング力の源となるのは、ミドルマネジャー自身の「情熱」ですが、情熱は放っておけば自然と湧いてくるものではありません。情熱を生むポイントは、「挑戦」「共感」「持続」です。何かを乗り越えようとチャレンジするとき、「Why」や「What for」が明確にあり腹落ちしていれば、情熱は自ずと湧いてきます。また、メンバーとの間に共感や一体感があれば、情熱は互いに増幅されます。挑戦を持続し、少しずつでも問題を乗り越え、メンバーと共に成長し合うことで、情熱は長続きするでしょう。

ミドルマネジャー自身の情熱が3つのビジョニング力の核であると同時に、この3つの力が絶えず情熱を活性化すること。それがビジョニング力のメカニズムであると提唱します。

後編は、ビジョニングにおける「構想力」を身につけるための6つのポイントなどを解説します。

著者プロフィール

リ・カレント株式会社

リ・カレントでは、リーダーシップ×フォロワーシップの相乗効果により、チームワークの最大化をベースにした人材組織開発アプローチを行っています。

組織開発、人材育成など、人材組織開発のご担当者のみなさまへ、ヒアリングや研修の場を通して得られた様々なお役立ち情報をお届けします。
公式サイト

人手不足でお困りの企業ご担当者様に<最短1日>で派遣スタッフをご紹介!(リクルートスタッフィング)

関連リンク