人材育成・研修全般
人材育成コラム-プロが教えるコツとポイント-

次世代リーダーの育成方法とは? 求められる条件と計画〜実施までの7ステップ

近年、後継者不足により廃業を余儀なくされている企業が増加しています。このような事態を招かないためには、早い時期から後継者を育成することが重要です。今回は、自社の将来を担う人材をどのように育てるのか、「次世代リーダー育成」のポイントをご紹介します。

次世代リーダーとは

次世代リーダーの定義は一般的に「企業の次世代を担う経営幹部や将来の経営者候補(後継者)」と言われています。ゴーイングコンサーンという言葉がありますが、企業は事業を継続する前提で経営をしている以上、10年後、20年後を支える次世代リーダーの育成は各社においても重要な経営テーマです。

しかし現在、日本企業では次世代リーダーを育てられず、後継者不足に頭を抱える企業が増えています。帝国データバンクが2017年に実施した「後継者問題に関する企業の実態調査」によると、国内企業の3分の2にあたる66.5%が後継者不在を悩みに挙げています。

なぜ次世代リーダー育成は難しいのでしょうか。

難航する次世代リーダー育成

次世代リーダー育成が難しい代表的な理由として、以下3点が挙げられます。

1. 経営テーマの中で優先順位が低くなりやすい
次世代リーダーが学ぶべきテーマは、リーダーシップやマネジメント、経営知識など多岐にわたるため、学習時間や身につけるまでにかかる時間が長くなります。育成期間中は周囲の協力も必要であるため、育成負担への懸念から、経営テーマとして敬遠されやすくなります。

また、何をもって次世代リーダーが育ったとするのか、効果検証の基準を設けにくいため、費用対効果を測定しにくい点も優先順位が低くなる要因となっています。

2. 学んでから実際に経営者になるまでに時間が空く
経営スクールに通うなど、一時的に次世代リーダー育成の取り組みをしても、学んだ知識をすぐに実践できる環境を用意することは容易ではありません。学習から実践までに時間が空いてしまうと、学んだ内容を忘れてしまい、次世代リーダー育成の効果が薄れてしまいます。

3. 次世代リーダーを育成する体制が整っていない
次世代リーダーを育成するためには、ストレッチな業務のアサインや育成部隊の編成、人事評価・教育制度の構築など様々な取り組みが必要です。経営資源に限りがある企業では、次世代リーダーを育成するだけの体制を整えられないことも少なくありません。

「次世代リーダーを育てたいけど、なかなか育たない」という悩みを持つ企業は、こうした落とし穴にはまっている可能性があります。

では、どうすれば次世代リーダーを育成できるのでしょうか。

著者プロフィール

株式会社ラーニングエージェンシー 編集部

研修前後の仕組みを活かして「学び」を最大化。人と組織の発展につながる人材育成を支援するラーニングエージェンシーの人材育成総合支援サービス。
株式会社ラーニングエージェンシー 企業情報

戦略立案から実務面まで一気通貫で対応する【採用代行・PROサービスをご提供】(リデラ)

関連リンク