人材育成コラム-プロが教えるコツとポイント-ビジネスマナー教育は「頭」「体」「心」で企画する | 採用、育成・研修、労務・人事に関する情報ならHRプロ

人事にプロのサポートを―新卒採用、中途採用、人材育成、研修、人材マネジメント、労務、人事システム、適性検査ならHRプロ

  • 第3回HRテクノロジー大賞<締切2018.6.14>
人材育成コラム-プロが教えるコツとポイント-

ビジネスマナー教育は「頭」「体」「心」で企画する

トーマツ イノベーション株式会社 編集部
2018/04/06

ビジネスマナーはビジネスパーソンの基本スキルの一つとして位置付けられていますが、そもそもなぜビジネスマナーを習得する必要があるのでしょうか。多くの企業が新入社員研修で実施する「ビジネスマナー」をテーマに、「頭」「体」「心」の切り口で研修企画を考えていきます。

新入社員研修で最も実施されるテーマは「ビジネスマナー」

今回のテーマは、社会人の基本スキルとして多くの企業が新入社員研修で実施する「ビジネスマナー」です。

HR総合研究所が行った「新入社員研修に関する調査」(2013年、N=389)によると、入社時の研修で「ビジネスマナー」を導入している企業は93%、次いで多いのが「社会人としての心構え」で84%でした。

トーマツ イノベーションでも、毎年約4,000人ほどの新入社員を対象に新入社員研修を実施しています。新入社員研修では社会人としての心構え、身だしなみ、言葉づかい、名刺交換、おじぎ、電話応対など、ビジネスマナーを中心とした基本スキルを習得目標としています。

ビジネスマナー教育の真髄は「相手を不快にさせない心」

ビジネスマナーはビジネスパーソンの基本スキルの一つとして位置付けられていますが、そもそもなぜビジネスマナーを習得する必要があるのでしょうか。

それは、ビジネスマナーが習得できていないとビジネスの相手としてみなされなくなるからです。
例えば、お客さまに対して敬語が正しく使えない場合、表面的には何事もなかったかのように対応されるかもしれませんが、「まだまだ半人前」と思われてしまい、ビジネスの話には進みません。相手がビジネスマナーに厳しい方の場合は、その場で商談を切り上げられてしまうかもしれません。

つまり、ビジネスにおいて適切な場面で身だしなみ、言葉づかい、名刺交換、おじぎ、電話応対などのビジネスマナーが発揮できないと「共通基盤がない」として、ビジネスパーソンのコミュニティからはじき出されてしまうのです。

また近年はグローバル化が進んでいます。当社の公開型ビジネス研修のBiz CAMPUS Basic でも様々な国の方がご参加されています。 海外では、名刺交換の代わりに固い握手を交わすなど、日本のビジネスマナーと異なる点が見られます。このような「世界で通用するビジネスマナー」という要素を研修の中に取り入れるのも良いかもしれません。世界と日本の相違からビジネスマナーを学ぶことは、翻って、日本のマナーの特徴が浮き彫りにされ、学びが多くなります。

独自の文化や商慣習などの影響で、業種・業界、企業、あるいは国によってビジネスマナーの所作は異なる点があります。しかし、ビジネスマナー教育の真髄「相手を不快にさせない心」は世界共通の概念です。では、「相手を不快にさせない心」はどのようにすれば養うことができるのでしょうか。

ビジネスマナー教育は「頭」「体」「心」で企画する

まずはビジネスマナーで学ぶべき要素を大きく「頭」「体」「心」 の3つに分けます。

最初は「頭」、つまり「知識」です。名刺交換やおじぎの種類、電話応対の方法など、まずは知識として理解します。

次に「体」です。頭で理解したビジネスマナーの知識をアウトプットしながら体で表現するトレーニングをします。最初は研修やOJTなどで指導し、徐々に指導の比率を下げて自律できるように支援します。ここでのポイントは回数を重ねることです。回数を重ねるほどになめらかな所作ができるようになります。また、様々な状況を経験することで状況に合わせた所作ができる応用力を身に付けることができるようになります。

そして最後に「心」です。表面的な所作だけでなく「相手を不快にさせない心」を体現できるようになることです。しかし、この「心」は研修やOJTだけで身に付きません。上司や先輩社員が常日頃ビジネスマナーの真髄を若手社員に語り続ける、あるいは「相手を不快にさせない心」とはいったいどういうことか、社員同士の討議などを通じて徐々に理解を深めるという方法が効果的です。

来春のビジネスマナー教育研修を企画する際は、「相手を不快にさせない心」を養うことを最終ゴールとして、「頭」「体」「心」の切り口で考えてみてはいかがでしょうか。
  • 1

プロフィール

トーマツ イノベーション株式会社 編集部

トーマツ イノベーションは、人材育成サービスをトータルに提供しております。
中堅中小企業を中心として、企業成長の核である「人材育成」をサポートしてきました。
支援実績は累計10,000社以上。
その知識、経験、ノウハウは、デロイト トーマツ グループから受け継いだ40年前から続いています。
トーマツ イノベーション株式会社 企業情報

関連リンク

  • 大学の就職支援室からみた新卒採用

    第66回 優秀な人材とは??

    今、採用活動は選考シーズン真っ盛りですよね。早い学生はすでに就活を終えていたりもするのですが、そんな中、今回は「優秀な人材とは?」というテーマでお話を進めていきたいと思います。

  • 94歳現役人事コンサルタント、梅島みよが行く

    第6回 転職、転勤、転居で多様な職場経験がキャリアを育てる

    米軍勤務7年目、夫が、山口県の日立製作所・車両工場へ転勤を命じられました。となると、私も米軍を辞め、家族全員で転居しなければなりません。私は米軍勤務を辞めたくなかったし、住み慣れた土地を離れるのも「嫌」でした。そこで、後先を考えず、父の知人で三菱重工勤務の人を尋ねると、愚痴混じりに「夫を三菱重工に入れてくれ」と頼みました。まさに軽はずみな行動でしたが、「ちゃんとご主人に従い、日立の車両工場に行きなさい」と言下に叱られ、やむなく家族全員で転居することとなりました。

  • 特別読み切り

    今年度“就活生”に見る新しい傾向と、それに応じた新しいアプローチへ。

    今年の就活学生には、これまでとは明らかに違う「傾向」を感じる。売り手市場による「余裕」も、その理由であるが、「消費マインド」による就活が確立したとみても良いかもしれない。このような「消費マインド」による就活学生に対して、企業側も、選考の視点を変える必要があるのでないだろうか。

  • 人・組織にかかわる調査報告『人材開発白書』

    なぜ部下が育たないのか〜部下育成に必要な3つの観点〜(後編)

    社会人は業務経験を通じて成長していきます。また、経験を通じて成長するためには、“他者”という触媒が欠かせません。とはいうものの、単に他者との接点を増やすだけでは、意味がありません。若手・中堅社員が成長できる“かかわり”とは、どのようなものなのでしょうか。また、そうした“かかわり”を育む組織は、どうすれば作れるのでしょうか。国内企業37社の若手社員2,304人への定量調査結果をもとに、周囲とのかかわりを通じて部下を成長させる方法を説明します。

  • 94歳現役人事コンサルタント、梅島みよが行く

    第5回 本部から現場へと横浜地区への転勤

    人事部で、未熟な教育コンサルタントとして働いていた3年目のある日、上司から横浜地域へ転勤を命じられました。横浜地区は、追浜から川崎までと範囲も広いうえ、そこの各キャンプで管理者訓練が実施されていたのです。転勤後の私の最初の仕事は、横浜港で働く沖仲士のリーダーを対象とする管理者訓練でした。

  • 働き方改革 実現への切り札とは? 〜インセンティブ制度がもたらす企業と社員のWin-Winの関係〜

    第4回 働き方改革の切り札とは?〜インセンティブ制度の導入による給与体系の変革〜

    3月1日の日本経済新聞・朝刊で、働き方改革関連法案から裁量労働制の対象拡大部分を削除することが報じられた。具体的には、課題解決型提案営業と裁量的にPDCAを回す業務に従事する労働者を裁量労働制の対象に加えることを断念したということであり、経済界からは失望の声が相次いでいるという。個人的にはある程度予測できていたのだが、そもそも可決されたところで根本的に働き方は変わらないと思っていたのは私だけだろうか?何年も先に施行される規制緩和を期待するより、むしろ今ある制度を最大限に活用することが、企業の生産性向上に必要なことではないだろうか?