人材育成コラム-プロが教えるコツとポイント-新入社員研修の落とし穴とは? | 採用、育成・研修、労務・人事に関する情報ならHRプロ

人事にプロのサポートを―新卒採用、中途採用、人材育成、研修、人材マネジメント、労務、人事システム、適性検査ならHRプロ

  • 第7回チャレンジ大賞 応募受付開始!
人材育成コラム-プロが教えるコツとポイント-

新入社員研修の落とし穴とは?

トーマツ イノベーション株式会社 編集部
2018/01/10

春の風物詩である新入社員研修から半年が経ちました。当社では毎年1,000社ほどの新入社員研修をお手伝いさせていただいていますが、新入社員研修を実施される企業に対して当社が必ずお伝えしている「新入社員研修を失敗に終わらせないためのお願い」があります。

新入社員研修 成功/失敗の基準とは?

「せっかく新入社員研修を受けさせても、言葉遣いやマナーがなっていない」など、お悩み(あきらめ!?)の人事ご担当者も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
実は、新入社員研修そのものは、管理職研修やロジカルシンキングといった研修よりも効果が出やすい研修です。その理由は、新入社員ならではの特徴にあるのですが、理由を述べる前に、そもそも「新入社員研修の成功・失敗の基準」はどの辺りにあるのか、考えてみたいと思います。

一口に新入社員研修と言っても、そのスタイルは様々です。
「新入社員研修」と検索をすると、1日〜2日の座学による研修もあれば、泊まり込みで1週間、1カ月と長期にわたって行われるものもあることが分かります。しかし、新入社員研修に対して求めることについて、企業による違いはあまり見られず、大きく次の4点に集約されます。

・社会人としての心構えや、当たり前のビジネスマナーを理解、実践できるようになってほしい
・業務に必要な専門知識・会社のルールを習得してほしい
・会社の理念や価値観、その背景となる会社の歴史を理解してほしい
・企業人、組織人としての振る舞いができるようになってほしい

「社会人として」「所属する企業の組織人として」という2つの切り口で新入社員研修の目的を捉えることができますが、多くの企業において優先されるのは前者、すなわち「社会人としての軸を作る」という目的です。したがって、「社会人としての軸を作ることができたかどうか」が新入社員研修の成功・失敗の基準になると言うことができます。

新入社員の特性「レディネス」と「経験前学習」

では、この「社会人としての軸」をどのようにして新入社員に作ればいいのでしょうか。 冒頭でもお伝えをしましたが、新入社員研修は管理職や他の若手・中堅社員を対象とした研修よりも、研修そのものは効果が出やすいという傾向があります。その理由は新入社員の2つの特徴にあります。

・ビジネスマナーや言葉遣いなど、社会人として必要なことを学ぶための準備が整っていること
・「学ぶよりも教えてほしい」「仕事にあたる前に関連する知識を知っておきたい」など「答えを求める」こと

上記の2点はそれぞれ専門用語で「レディネス」と「経験前学習 」という言葉で説明されます。

何かを学ぶためには学習者本人が学べる状態であることが必要ですが、レディネスとは、このような身体的・知的・精神的に学習の準備が十分に整った状態のことを言います。
このレディネスの観点から考えると、「ビジネスマナー」や「社会人としての心構え」といったものは、これからの自分に必要なことが明らかであり、知らなければ恥をかく、学ばなければ損をするといった危機感があること、また、学ぶタイミングとしても非常に良いため、新入社員には新入社員研修で学ぶレディネスが形成されていると言えます。
新入社員研修においては、受講者である新人のレディネスを最大限利用して、「ビジネスマナー」や「社会人としての心構え」といったものを相手がイメージできるくらい具体的に伝えることがポイントです。

そしてもう一つ、答えを求める傾向に対して「経験前学習」(何か事にあたる前、つまり経験する前に学ぶ)という考え方があります。
経験前学習は情報化社会の産物と言われています。検索エンジンやスマートフォンの普及により、いつでもどこでも情報を集めることができるようになりました。飲み会などでも、行き当たりばったりではなく事前にPCやスマートフォンでお店の情報を検索し、調べてから行くというようになっています。このようなテクノロジーの進歩の影響もあり、何かをするなら「失敗したくない」「先に教えてほしい」という「答え」を求める特徴が現代の新入社員にはあります。

翻って、ビジネスの場面で考えると、新人から「そんなこと聞いていません!」「そんなこと言われてないので...」「先に教えておいてください!」といったセリフを耳にされたことはないでしょうか?
このような発言から読み取れるのは「事前に知っておきたい」、言い換えると「答えを求める」という新人の特徴です。これは、裏を返せば「答えを教えてあげると、それを基に動く」ということです。つまり、新入社員研修では原則となる答えを教えてあげることがポイントです。

以上から、新入社員の「レディネス」と「答えを求める」という2つの特徴を利用して、新入社員が知りたがる「社会人としての心構え」や「ビジネスマナー」を、現場で想定されるケースなどを用いてできるだけ具体的に伝えることで、新入社員研修そのものが効果的な研修となります。

ビジネスマナーの「上座下座」を例に挙げると、これまでの新入社員研修であれば「上座下座の原則は、入口から遠い所が上座である」という一般論を伝えるだけでしたが、ここで指導を終えるのではなく「見晴らしのいい会議室があり、下座から見た方が見晴らしがよいという場合、下座にお客さまを通してもよいのか」といった現実により即したケースで考えてもらうことが大切です。
このケースでは「よい」が一般的な答えになると思われますが、もう一歩踏み込んで、「席にご案内する時に、お客さまに対して『本来は下座ですが、見晴らしがよいこちらのお席をご案内いたします。どうぞお楽しみください』と一言添えましょう」といったことまで指導することが、より新入社員に即した指導と言えます。

以上が新入社員研修自体を学びの多いものにするポイントですが、実はこれだけでは、現場配属の後に現場から「マナーがなっていない」「言葉遣いがなっていない」といった声が上がる事態、つまり「研修で学んだことが実践できていない=社会人としての軸が作れていない」状況から逃れることはできません。「研修内容は素晴らしく、新入社員たちも真剣に受講していた」となれば育成のご担当者としては安心してしまいそうですが、ここに新入社員研修の落とし穴があります。

プロフィール

トーマツ イノベーション株式会社 編集部

トーマツ イノベーションは、人材育成サービスをトータルに提供しております。
中堅中小企業を中心として、企業成長の核である「人材育成」をサポートしてきました。
支援実績は累計10,000社以上。
その知識、経験、ノウハウは、デロイト トーマツ グループから受け継いだ40年前から続いています。
トーマツ イノベーション株式会社 企業情報

2019卒版 インターンシップ プログラム作成完全マニュアル申込受付中

関連リンク

  • マネジメント、リーダーシップを超える力、「イノベーターシップ」

    第10回 イノベーターシップを実現するライフシフト(3)〜広い実践知を花開かせる40代〜

    この連載では、多摩大学大学院のキーコンセプトである「イノベーターシップ」について述べている。前々回からは「イノベーターシップを実現するためのライフシフト」について考えており、今回は40代での自分づくりだ。人生100年時代において、イノベーターシップを生涯現役として発揮し続けるためには、自分らしいライフシフトを実現し続けなければならない。そのためには、40代をどのように位置づけ、どんな風に過ごしたらいいのだろうか?

  • 特別読み切り

    キャリアコンサルティングのすすめ

    政府は2016年から雇用制度改革・人材力強化のための施策の一つとして、「セルフ・キャリアドック」導入を推進している。セルフ・キャリアドックとは、労働者にキャリアコンサルティング(以下CC)を定期的に提供する仕組みをいう。CCとは、職業能力開発促進法上、労働者の職業の選択、職業生活設計又は職業能力の開発及び向上に関する相談に応じ、助言及び指導を行うこと。つまり、人間ドックのように定期的にCCを受けることで自身のキャリアへの認識を深め、今後のキャリア形成の課題やプラン作成などを支援することが狙いだ。 筆者は2016年からこれに関わり、認識を深めてきた。今、時代は70歳定年、75歳年金支給へ突入しそうな雲行きであるが、長くなる個のキャリア形成において、その時々のチャンスやリスクと向かい合う体制づくりが、企業により求められるようになってきている。

  • 大学の就職支援室からみた新卒採用

    第62回 悪貨は良貨を駆逐する

    表題は「グレシャムの法則」の内容を要約した言葉で、もともとの語源は金本位制の金融政策下でイギリスが行なった政策に対してグレシャムが説明に用いた言葉のようです。しかし今、これと全く同様の状況が、地方の採用の現場で起きているような気がしてなりません。端的にいうと、優秀な学生が流出し、そうでない学生は地方に残るという図式になっていると感じずにはいられないのです。 先日、こうした思いをさらに深める出来事がありました。

  • 採用担当者のための最新情報&実務チェックポイント

    第81回 学生の志望度が下がる最大のきっかけは?ほか、「2017 年度 新卒採用に関するアンケート調査結果」

    ProFuture代表の寺澤です。 経団連が11月27日に発表した「2017 年度 新卒採用に関するアンケート調査結果」の中に、いくつか興味深い結果がありましたので、まずはそちらを紹介したいと思います。調査時期は2017年7月28日〜8月31日、調査対象は経団連企業会員1339社、回答社数は553社(回答率41.3%)で、昨年の709社(回答率52.9%)からは大きく減っています。

  • 特別読み切り

    休む価値を見直し、効率支配から脱却しよう

    労働基準法の改正が予定されている。働き方改革の実施計画に沿って、時間外労働の上限規制が厳しくなり、36協定も様相を変える方向にある。罰則適用も予定されているようだ。改正の施行時期は明確ではないが、ここ2年位のうちと言われている。長時間労働が常態化している職場は、体制の見直しをしなければならず、気がつかないうちに違反になっていた、などとなりかねない。しかし労働者からすれば、時間は減ったが給与も減った、ではモチベーションダウンであり、成果の分配、好循環とはならない。これらは確かに早急に手を付ける必要がある緊急課題であると思うが、おやっと疑問が沸いてくる。

  • 仕事におけるコミュニケーションスキルを高めるには? 〜グローバル共通言語のススメ〜

    企業におけるKT法の活用事例

    前回は、NASAの中でのKT法の問題分析の活用事例をお伝えいたしました。今回は、各企業における活用事例をいくつか紹介いたします。