Future of Work 働き方が変わる、人事は何をなすべきか 〜LIFE SHIFTの著者、リンダ・グラットンが日本に贈る助言〜 【第2部 インタビュー】

HRサミット2017/HRテクノロジーサミット2017講演録

100年時代の最先端を行く日本企業での働き方、生き方は、どう変わっていくべきか。人事の役割、戦略はどう変わっていくべきか。HRサミット2017のビデオ講演収録後、グラマシー エンゲージメント グループ株式会社 代表取締役のブライアン氏をインタビュアーに迎え、さらに次世代の人事価値を創造するためのヒントについて
リンダ氏より引き続きお話を伺いました。


講師

  • リンダ・グラットン氏

    リンダ・グラットン氏

    ロンドン・ビジネススクール教授

    ロンドン・ビジネススクール教授。人材論、組織論の世界的権威。2年に1度発表される世界で最も権威ある経営思想家ランキング「Thinkers50」では2003年以降、毎回ランキング入りを果たしている。組織のイノベーションを促進する「Hot Spots Movement」の創始者であり、85を超える企業と500人のエグゼクティブが参加する「働き方の未来コンソーシアム」を率いる。邦訳された『ワーク・シフト』、『未来企業』のほか、Living Strategy, Hot Spots, Glowなどの著作があり、20を超える言語に翻訳されている。


  • ブライアン シャーマン

    ブライアン シャーマン氏

    グラマシー エンゲージメント グループ株式会社 代表取締役

    米国ニューヨーク市にて、日系企業を対象に人事コンサルティング業務に従事。米国住商情報システムズ株式会社人事総務部長。来日後、株式会社ファーストリテイリングにて、グローバル人事戦略業務に参画。国内外で企業を内と外の視点から見てきた経験をもとに、日本企業の抱えるグローバル人事課題の解決にあたる。2010年 グラマシー エンゲージメント グループ株式会社を設立。グローバルという大海原に人材を送り出す日本企業の水先案内人として、人材育成、グローバルファシリテーション、コンサルティングを提供する。米国ニューヨーク州出身。米国Williams College卒業。

この先は、会員の方だけがご覧いただけます。会員の方はログインを、会員でない方は無料会員登録をお願いします。

HRプロ会員の方はこちらから

まだ会員でない方はこちらから

登録無料!会員登録された方全員に 「人材育成マニュアル」をプレゼント!

HRプロとは

著者プロフィール

HRサミット2017/HRテクノロジーサミット2017 講演録

2017/9/19-9/22開催

HRサミット2017 アフターレポート一一覧はこちら

関連リンク