HRサミット2017/HRテクノロジーサミット2017講演録HR Techによる育成領域のデジタルシフト | 採用、育成・研修、労務・人事に関する情報ならHRプロ

人事にプロのサポートを―新卒採用、中途採用、人材育成、研修、人材マネジメント、労務、人事システム、適性検査ならHRプロ

  • 第7回チャレンジ大賞 応募受付開始!
HRサミット2017/HRテクノロジーサミット2017講演録

HR Techによる育成領域のデジタルシフト

HRサミット2017/HRテクノロジーサミット2017 講演録
2017/12/19

HR Techが人事の様々な領域に広がる中、育成領域においてはまだ限定的な参入にとどまっています。今まで満足度や学習効果以外の指標の見える化がしにくい人材育成において、新たに見える化できることは何か、人材育成から成長支援に向けた研修の必要性など、育成領域のデジタルシフトについて、グロービスをご活用いただいた企業様の事例をご紹介いたします。

講師

  • 井上 陽介

    井上 陽介氏

    株式会社グロービス グロービス・デジタル・プラットフォーム マネジング・ディレクター

    消費財メーカーに従事後、グロービスにて企業向け人材コンサルティング、名古屋オフィス新規開設リーダー、法人部門マネジング・ディレクターを経て、デジタル・テクノロジーで人材育成にイノベーションを興すことを目的としたグロービス・デジタル・プラットフォーム部門を立ち上げ責任者として組織をリードする。

「デジタル化1.0」から「デジタル化2.0」へ

現在、採用領域では選考のデジタル化、労務領域でも業務のデジタル化が進んでいます。また、人材マネジメントでは人材の把握、MBOデータ集約など、様々なHR Techのプレイヤーが存在しています。その一方で、育成領域においては、まだ限定的な参入にとどまっているのが実態です。

人材育成において、アナログの時代はリアルな研修を中心として、一部通信教育、e-ラーニングで学びを提供していました。ここからデジタル化が進んでいく中で、学ぶ手段の多様性が広がり、学び方もマイクロラーニング化や、見える化が重要になってくると考えています。これらを実現するうえでも、ラーニングシステムを高度化していく必要性が生まれています。グロービスでは、ここまでを「デジタル化1.0」と捉えています。そして、いよいよ「デジタル化2.0」に入っていく環境が整ってきていると考えています。従来、人事の皆さんは研修の提供に終始するケースが多く見られていましたが、今後は、OffJTとOJTの垣根を越えた社員の成長支援に向けた取り組みをしていく必要があります。
気になる続きは、下記をダウンロードの上ご覧ください!

  • 1

プロフィール

HRサミット2017/HRテクノロジーサミット2017 講演録

2017/9/19-9/22開催

HRサミット2017 アフターレポート一一覧はこちら

2019卒版 インターンシップ プログラム作成完全マニュアル申込受付中

関連リンク

  • ワークスアプリケーションズが主催する日本最大級のビジネスカンファレンス 『COMPANY Forum 2017』 講演録

    ニトリのグローバル人財育成〜教育こそ最大の福利厚生である〜

    30期連続の増収増益、2032年までに3,000店舗・売上高3兆円達成を目標に掲げるニトリホールディングス。製造・物流・販売など幅広い業務分野や国の垣根を越えて、短期での配置転換を繰り返す「グローバル高速配転教育」に取り組んでいる。組織全体に精通しながらも、小売業としての鋭利な現場感覚を持ち、改革を推し進めることができる「変化対応力」に溢れた世界人財を育成する独自の教育手法の全貌を語る。 -------------- 五十嵐 明生 氏 株式会社ニトリホールディングス 執行役員 組織開発室室長 --------------

  • ワークスアプリケーションズが主催する日本最大級のビジネスカンファレンス 『COMPANY Forum 2017』 講演録

    タケダのグローバル化への挑戦

    製薬企業国内最大手の地位に甘んじることなく、ブレークスルーを起こしてイノベーションのパイオニアとして先陣を切るタケダ。長谷川氏は、2003年の代表取締役社長就任以降、同社の230年の歴史や経営の根幹となる価値観を尊重しつつ、自らが先頭に立ち、企業買収、事業のパラダイムシフト、外国人の登用など、タケダを事業のあらゆる面でグローバルに競争力のある会社にすべく変革を推し進めてきた。長谷川氏が、経営の基本精神である「タケダイズム」を軸に力強いリーダーシップを発揮しながら、真のグローバル企業へと成長するための基盤をつくりあげてきた軌跡と、同社初の外国人社長クリストフ・ウェバー氏にバトンをつないだ今後のタケダの成長シナリオについて語る。 -------------- 長谷川 閑史 氏 武田薬品工業株式会社 相談役 --------------

  • HRプロ編集部取材×注目人事トレンド

    企業の枠組みを超えたチームでリアルな社会課題を解決する〜異業種混合型リーダーシップ開発「ALIVE」プロジェクトとは〜

    ビジネス環境が急速なスピードで変化する中、リーダーシップを発揮しながら事業や組織を牽引し、課題を解決していく力が多くの企業で求められている。そうした能力・経験は文化や価値観が異なるダイバーシティ環境の中で芽生え、育まれるものも少なくはないだろう。 2017年10月4日、そうしたリーダーシップを育成するためのプロジェクト「異業種混合型リーダーシッププログラム ALIVEプロジェクト」の後期がスタートを切った。これから3か月間にわたり実施される本プロジェクトの初回となる「Session 1」には、9社60名からなる様々な企業の次世代のリーダー候補が集まり活発な議論が行われた。

  • 特別読み切り

    厚生労働省「男性の仕事と育児の両立を応援 イクメン推進シンポジウム」開催 〜育てる男が、家族を変える。社会が動く。

    厚生労働省は、2017年10月24日、東京・時事通信ホールにて「男性の仕事と育児の両立を応援 イクメン推進シンポジウム」を開催した。 このシンポジウムでは、男性の仕事と育児の両立を積極的に促進し、業務改善を図る企業を表彰する「イクメン企業アワード2017」と、部下の仕事と育児の両立を支援する管理職(=「イクボス」)を表彰する「イクボスアワード2017」の受賞企業および個人の取組内容や成果を紹介。これにより家庭と仕事を両立させる男性のロールモデルを普及させ、男性の育児休業の取得促進をはじめとする両立支援推進を支援することを狙いとしている。

  • 新卒フォーラム2017 講演録

    今の時代に活躍できる 新入社員の早期戦力化とは〜 将来のリーダー人材の採用時の見極めと育成について〜

    VUCA と呼ばれる変化の激しい時代において、活躍できるのはどんな人材か。また企業は採用時に何を重視し、採用した人材を早期に戦力化するために、どんなスキルや能力を身につけさせればよいのか。テクノロジーを使って社会人の人材育成にイノベーションを起こす株式会社グロービス・加藤剛広氏に、将来のリーダー人材の採用時の見極めと育成について語っていただきました。

  • 新卒フォーラム2017 講演録

    学生への訴求力で明暗を分ける 「働き方改革」と「働き方改善」の違いとは

    「採用氷河期」に突入し、多くの企業が、求める人材を採用することに苦慮し始めています。そうした中、昨今の若者が就職活動で重視するのが、就業条件や働き方です。実際働き方改革に関しては、企業各社もさまざまな取り組みを進めていますが、果たしてどれだけのものが求職者に対してきちんと訴求できているのでしょうか? そこで今回は、千葉商科大学国際教養学部・専任講師の常見陽平氏をお招きし、働き方改革の現状や課題、求職者への訴求、さらに広報活動などについてお話しいただきました。