欧州特許庁(EPO)における、コンピュータ実装発明&AI関連発明の特許性について 【トヨタテクニカルディベロップメント株式会社】
費用 無料
会場 オンライン

Web・オンライン

ジャンル 人材育成・研修全般
提供 トヨタテクニカルディベロップメント株式会社

解決できる課題

中堅社員の能力を高めたい

世界各国の最新の知財制度を知りたい方はぜひご覧ください

グローバル人材を増やしたい

世界各国の特許事務所と連携したい方はぜひご覧ください

グローバル人材育成を強化したい

海外の知財関連業務をおこなう方はぜひご覧ください

日程・申込

日程情報はありません。

概要

IoTやAI等の関連技術が進歩し、コンピュータ関連発明の保護が更に重要になっている状況で、IoTやAI等の関連発明を出願・権利化する際には、その国の審査基準や、その審査基準を踏まえたクレームの作成や、権利化の対応が重要です。

欧州特許庁(EPO)において権利化するためには、クレーム主題が、特許の適格性要件を満たすことと(第1のハードル)と、特許性を有すること(第2のハードル)が要求されます。

『欧州特許庁(EPO)における、コンピュータ実装発明 & AI関連発明の特許性について』、フランスの特許事務所 "Beau de Loménie"の特許弁護士よりご解説を頂きます。

欧州出願における特許出願・権利化の実務のご参考にして頂ければ幸甚に存じます。

本Webページと合わせて、レクチャー動画及びレクチャー資料をご覧頂けると幸いです。


<レクチャー内容>

・EPC 第52条:特許を受けることができる発明

・EPC 第52条に基づく拒絶例

・進歩性判断に用いられる "COMVIKアプローチ"

  ・例1:数学的特徴を有するクレーム

  ・例2:ビジネス的特徴を有するクレーム

  ・例3:ビジネス的特徴を有するクレーム

  ・例4:「情報の提示」を対象とするクレーム

・シュミレーション方法(審決G1/19)

・コンピュータ実装発明のクレームタイプ

・機械学習:EPO審査ガイドライン

・機械学習:実務上の留意点

会社情報

社名 トヨタテクニカルディベロップメント株式会社
住所 愛知県豊田市花本町井前1番地9
代表者 香川 佳之
資本金 5.5億
売上高 非公開
従業員数 971名