人事・労務全般・その他

テレワーク環境での社内コミュニケーションとメンタルヘルス対策

テレワークの推進で急増しているメンタル不調対策とコミュニケーション不足を解消する方法をご紹介します。 当日は弊社所属の管理栄養士 寺田が登壇いたします。


テレワーク環境での社内コミュニケーションとメンタルヘルス対策 【株式会社グッピーズ】
費用 無料
会場 オンラインでの開催となりますため、Web環境をご準備ください。

Web・オンライン

ジャンル 人事・労務全般・その他
提供 株式会社グッピーズ

解決できる課題

社員の健康を改善したい

テレワークでまず気になるのは健康だと思います。 今回は特にココロの健康を改善するための対策をお伝えします。

社員のメンタルヘルスを強化したい

コロナ禍で社内のコミュニケーションが少なくなり、ココロの健康も心配要因の一つ。 社内でできるココロの健康管理方法をお伝えします。

福利厚生を充実させたい

テレワークでなかなかコミュニケーションがとれない中でもできる福利厚生をお伝えします。

日程・申込

日程情報はありません。

概要

テレワークを導入している企業でメンタルヘルス・健康管理を担当している方を対象に、 テレワークでも簡単に取り組めるメンタルヘルス対策や、健康増進にもつながるオンラインアプリの活用方法を紹介いたします。


現在緊急事態宣言ということもあり、政府からテレワークが推奨されていますが コロナ後もテレワークを推進していく動きもあります。

テレワークについて厚生労働省から出ているデータを確認すると、
「社内のコミュニケーションが減った」
「長時間労働になりやすい」
という否定的な意見が出ている一方で、
「通勤時間や移動時間を削減できる」
「業務プロセスの見直しができた」
との効果を感じる意見も見られました。

今回は、社内のコミュニケーションの不安や長時間労働で問題となるメンタルヘルスについての今すぐにできる対策をお伝えします。

【このような方におすすめ】
・テレワークを推進している組織の方
・従業員のメンタル状態が把握できなくなっている総務・人事担当者
・社内のコミュニケーション不足を感じている総務・人事担当者

【開催日時】
2021年3月12日(金) 15:00〜15:30

【開催場所】
オンライン

【セミナー内容】
・テレワークに活かせるメンタルヘルス対策
・今だからこそ必要な社内コミュニケーション方法
・健康管理アプリを使った事例紹介

みなさまのご参加お待ちしています。

プログラム

15:00-15:30

テレワーク環境での社内コミュニケーションとメンタルヘルス対策

・テレワークでもできるメンタルヘルス対策とは
・今だからこそ必要な従業員とのコミュニケーション方法
・健康管理アプリを使った事例紹介

講師情報

寺田 沙也香氏

ヘルスケア事業部リーダー・管理栄養士

株式会社グッピーズ ヘルスケア事業部に所属。
健康経営エキスパートアドバイザの資格を取得し、自社サービスである健康管理アプリ「グッピーヘルスケア」を使って、企業の健康経営についてや保組合向けサポートを行っている。

会社情報

社名 株式会社グッピーズ
住所 東京都新宿区西新宿1−25−1 新宿センタービル13F
代表者 肥田義光
資本金 3000万円
売上高 9億6000万円
従業員数 45人