テーマ別研修

【プログリット×HENNGE】グローバル化を目指す企業がやるべき英語研修とは

グローバル化を目指す日本企業に「英語」は大きな課題になっています。 これを会社・人事・研修という観点からどのように解決していけばいいのか、 HENNGE様を迎え、企業のグローバル化について考えます。


【プログリット×HENNGE】グローバル化を目指す企業がやるべき英語研修とは 【株式会社プログリット】
費用 無料
会場 WEBセミナー

その他・海外オンラインウェビナー(ZOOM)

備考 ※参加申込み後、セミナー事務局より視聴用URLをお送りします。
ジャンル テーマ別研修
提供 株式会社プログリット

解決できる課題

グローバル人材を増やしたい

グローバル人材育成を強化したい

海外人材の定着を強化したい

日程・申込

日程情報はありません。

概要

<概要>
グローバル化を進めたい企業にとって、一番の壁になるのが「英語力」。
英語をしゃべれないために、多くの可能性を失っています。

そのような状況で多くの企業が「英語研修」「語学研修」を行っていますが、
効果がでる組織とでない組織は明確に分かれます。

長年社員の英語力に課題を感じながらも、研修などで英語力を伸ばすのは難しいと感じている、
企業の経営者・人事の皆様に向けて、どのようなことを行えば会社全体の英語力を向上させられるのかについて、
HENNGE様をゲストに迎え、英語公用語化やグローバル化についてお話を伺うセミナーを開催します。


<以下に該当する方にはおすすめ>
●会社全体として英語力を強化していきたい
●組織としての競争力を上げるためにも、英語公用語化を進めていきたい
●外国人の採用なども検討しており、マネジメント層が英語を使ってマネジメントができるようになってほしい
●いままでいろいろな英語研修に取り組んできたけど効果を実感できていない

プログラム

2020年11月20日(金)
16:00-17:00

プログラム

★1部:HENNGE様講演パート(20分+QA)
・なぜ英語公用語化にしたのか
・英語公用語化のためのポイント
・英語公用語化したことによって何が変わったか

★2部:パネルディスカッションパート(代表岡田とのパネルディスカッション・20分+QA)
・うまくいかなかった研修は?
・コロナ前と後で英語研修においてどんな変化があったか?
・プログリットを導入した理由
・プログリットを導入・受講しての感想
・プログリットが向いている人向かない人は?
・英語研修担当者にむけてメッセージ

講師情報

岡田 祥吾氏

株式会社プログリット 代表取締役社長

1991年生まれ。大阪大学工学部を卒業後、新卒でマッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。日本企業の海外進出、海外企業の日本市場戦略立案等、数々のプロジェクトに従事。前職で、英語力がネックとなりスピード感を持ったビジネスができていない企業やグローバルで活躍するチャンスを逃しているビジネスパーソンを目の当たりにし、現在の日本の英語教育サービスではこの状況を改善することはできないと考え、元リクルートの山碕(取締役副社長)と創業。短期間で実践的ビジネス英話を習得する英語コーチング「プログリット」を提供。好きな言葉は「感謝」。趣味は、「ゴルフ」「ワイン」「ウォーキング・デッド」(海外ドラマ)。

汾陽 祥太氏

HENNGE株式会社 執行役員

2000年、株式会社HDE(現・HENNGE)に入社。多様な職種を経験後、2014年執行役員に就任。
自らオンライン英会話を受講し、ビジネスで使える英語力を習得する。2015年にはタイへ赴任し、2017年帰国。以後、日本を拠点に社内外のリレーション構築・強化に努める。

会社情報

社名 株式会社プログリット
住所 〒100-0006  東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館ビル 5階
代表者 岡田 祥吾
資本金 9,891万円
売上高 非公開
従業員数 147名