(オンデマンド配信)失敗しない勤怠管理システムの選び方【ベンダーの○×回答だけではわからない!】 【三井E&Sシステム技研株式会社】
費用 無料
会場 オンライン

Web・オンライン※アーカイブ配信での開催となります。

備考 お申し込み後、HRpro自動返信メールに記載のURLからお手続きをお願いいたします。
ジャンル 人事・業務システム
提供 三井E&Sシステム技研株式会社

解決できる課題

業務を効率化したい

勤怠管理・給与計算システムを導入・改善したい

日程・申込

日程情報はありません。

概要

<セミナー背景>
2020年2月頃からの新型コロナ感染拡大は、未だに収束の兆しが見えません。2019年4月の改正法施行による働き方改革への対応に加え、コロナ禍をきっかけとしたニューノーマル対応への要請も高まったことで、現行の社内システムでは対応できず、リプレースの検討を開始している企業も増えてきています。

しかし、要因は様々ですが、特に中堅・大手の企業でのシステムリプレース失敗の事例は枚挙に暇がありません。その中でも、特に多い失敗は、数多くの勤怠管理システムから、自社に適していない製品・ベンダーを選定してしまっていることです。そこで今回は、自社に合う勤怠管理システムの選定はどのようにすべきかを40分で解説します!脱クラウド化が始まった欧米の動きなど、国内外のトレンドを交えながら失敗しない勤怠管理システムの選び方をポイントごとにご紹介します。


<以下に該当する方におすすめ>
●働き方改革に効果が感じられない
●勤怠・労務管理の見える化をしたい
●人事部の業務負荷を軽減したい
●勤怠管理を人事主導から現場主導に変えていきたい


<セミナーで得られるポイント>
●勤怠システムリプレース時に抑えるべきポイントがわかります
●自社要望の取り入れ方がわかります
●システム構築のトレンドがわかります
●働き方改革促進の第一歩がわかります

プログラム

2021年10月1日(金)〜2021年10月31日(日)
09:00-17:00

★勤怠管理システム選定時の3つの「ジレンマ(悩み処)」
 ・手段と目的のジレンマ(システム導入が目的になっていませんか?)
 ・クラウドのジレンマ(オンプレミスはもう古い?)
 ・管理のジレンマ(管理か自律か)

★手段と目的のジレンマ
 ・○×では測れない?製品選定はなぜ難しい?
 ・失敗しないポイント

★クラウドのジレンマ(IaaS/SaaS)
 ・国内外のクラウド事情
 ・SaaSのメリットは本当に御社のメリットですか?

★管理のジレンマ(指示徹底と自律)
 ・働き方改革で本当に大切なことは「気づき」で自律できること

★まとめ
・失敗しない勤怠管理システム・ベンダーの選び方

講師情報

菅野 潤氏

三井E&Sシステム技研株式会社 営業本部 パッケージソリューション営業統括部 第一営業部 課長代理

2006年に入社、人事部にて採用・研修と個人情報保護関連の業務に従事、2009年より経営企画部で内部統制業務に従事したのち2012年よりTIME-3の販売を担当、2020年よりTIME-3の販売企画担当となり現在に至る。

会社情報

社名 三井E&Sシステム技研株式会社
住所 千葉県千葉市美浜区中瀬1丁目3番地 幕張テクノガーデンD9
代表者 代表取締役社長 森重 利文
資本金 7億2,000万円
売上高 238億円(2020年3月期)
従業員数 643名(2020年6月現在)