福利厚生・安全衛生

30歳からの仕事と介護の両立支援セミナー  〜もし、自分の親がいきなり体調が悪くなったら

まだうちの親は若いから大丈夫と思っていませんか。介護離職は決して他人事ではありません。このセミナーでは従業員の介護と仕事の両立について考えていきます。


30歳からの仕事と介護の両立支援セミナー  〜もし、自分の親がいきなり体調が悪くなったら 【Happiness insight,LLC】
費用 無料
会場 オンライン

東京都オンライン

ジャンル 福利厚生・安全衛生
提供 Happiness insight,LLC

解決できる課題

社員のエンゲージメントを高めたい

育児・介護支援を推進したい

福利厚生を充実させたい

日程・申込

日程情報はありません。

概要

<目的>
参加者が仕事をしながら親の介護に直面したと想定し、介護離職のリスクを体感してもらう
介護離職だけではなく、介護の知識不足から来る介護と仕事の両立について学ぶ
離職防止のための福利厚生サービスとしてJOJOSを紹介する

<内容>
介護って何?
介護になる前に準備しておくことは?
介護の初期対応
実際の介護離職事例
働く会社にとって介護負担とは?
介護離職防止のために会社ができること
従業員向け介護相談アプリJOJOSのご紹介

講師情報

津田 恵子氏

Happiness insight代表

8月1日生まれ。11歳、7歳、2歳、3児の母。
自衛官の父親と岐阜の旗屋の娘である母親のもとに
生まれる。1人娘。
愛知県私立滝高校卒業後、早稲田大学法学部進学。
担保物権法ゼミ専攻。
株式会社リクルートスタッフィングにて人事採用
業務2年半後、伊藤忠人事総務サービス株式会社にて
グループ会社向け採用OSを5年。
伊藤忠商事向け研修企画・運営に7年従事。

転職だけでなく、妊娠→産休・育休、保活
(職場復帰に向けての保育園を探す活動)をすべて経験。
日本の働く人を応援し、ともに成長すべく、
2019年8月よりフリーランスとして活動開始。
同年9月Hapiness insight,LLC設立。

現在、リカレント教育普及を通して、世の中に心理的
安全性を定着させる、従業員が幸せに働くことを
徹底追及する活動をしています。

宮本 和典氏

uzuram株式会社 代表取締役

光通信、GROUPON等複数のスタートアップの立ち上げを経験し、介護離職問題を解決するため uzuram株式会社を設立。

『老いることが不安にならない社会をつくる』
僕は中学卒業後から20歳になるまで祖父母と暮らして居ました。
当時祖父が脳梗塞で寝たきり状態を祖母が付きっきりで、介助して居ました。時は1990年代後半、要介護者は“障害者”でした。障害者手帳が付与されミスマッチな制度の中で祖母は介助を行なって、居ました。そして2000年4月に待望の介護保険法が施行されようやく国が介護者として扱われる様になりました。
そんな介護保険も18年が過ぎ歳入の増加、要介護者の増加、人不足など、様々問題が顕在化し曲がり角を迎えようとしています。祖父母の介護を目の前で見て居てそんな介護に関する問題を解決する「介護家族、これから介護を迎える家族の負担を和らげたい」という思いから【福利厚生介護AIアプリJOJOS】を開発し支援したいと思います。

会社情報

社名 Happiness insight,LLC
住所 〒107-0052
東京都港区赤坂8-4-14 青山タワープレイス8F
代表者 津田 恵子
資本金 100,000円
売上高 2019年設立
従業員数 1名