テーマ別研修

【Webセミナー】ハラスメント防止研修〜パワハラとアンガーマネジメント〜【先着20名限定】

パワハラ防止対策を義務づける法律が施行され、企業内での取り組みが本格化しています。なぜパワハラが起きるのか、どうすれば防げるのかを、アンガーマネジメントの観点から学ぶ「パワハラ防止研修」の決定版!


【Webセミナー】ハラスメント防止研修〜パワハラとアンガーマネジメント〜【先着20名限定】 【株式会社エムズカンパニー】
費用 15,000円(税抜)
会場 Webセミナー(ZOOM)

東京都(東京都はダミーです。オンラインセミナーなのでどこからでもご参加可能です)

ジャンル テーマ別研修
提供 株式会社エムズカンパニー

解決できる課題

管理職の能力を高めたい

パワハラについて学んでいただくことで、部下に対して「無配慮」ではなく「遠慮」でもない適切なコミュニケーションが取れるようになります。

社員の積極性・自発性を向上させたい

良好な関係のもと、社員は安心して発言や行動をすることができるようになります。

社員間のコミュニケーションを向上させたい

パワハラがなぜ起こるのかやその防止策について学んでいただくことで、良好なコミュニケーションが可能となります。

日程・申込

日時 対象 予約

2020/12/11(金)

14:00〜17:00 受付開始:13:45
企業の経営者、役員、管理職、人事・コンプライアンス部門ご担当者、個人的にパワハラについて学びたい方 申込む

概要

【セミナーの背景】
企業内のパワーハラスメント防止対策を義務付ける法律が、大企業では2020年6月から施行され、また中小企業でも2年後には施行されます。
それを受けて、ハラスメント防止への取り組みが企業内で本格化しています。

しかし、パワハラとはどういうもので、なぜ起こり、それを防ぐためにはどうすれば良いのかということを学ぶ機会がないと、未然に防ぐことはできません。

管理職世代と若手社員の価値観の違いは大きくなっており、歩み寄る努力をせずにパワハラ的な言動で従わせようとすると、事態は悪化するいっぽうです。
逆に、パワハラを恐れるあまり言いたいことも言えないようでは、本来あるべきコミュニケーションが成り立ちません。

パワハラについて自ら書籍等で学ぶことも有効ですが、知識を得るだけでは職場で応用するのが難しい場合があります。
また、加害者意識が薄いこともパワハラの特徴ですので、個人的に勉強をするだけでは気付かないこともあります。

【セミナー概要】
パワハラが発生する原因は様々ですが、その中で主要な「感情のコントロールができない」と「相手のことを尊重できない」という点に焦点を当てます。

「感情のコントロール」については、パワハラにつながる「怒り」のメカニズムを理解し、対策法を学んでいただきます。精神論ではなく、心理学に基づいた手法をご紹介します。
「相手の尊重」については、自分の持っている価値観を棚卸しする演習を通じて、パワハラにつながる無意識の思い込みへの気付きを促します。
さらに「叱る」技術についても取り上げます。パワハラと受け取られないため、叱る時のコミュニケーションの留意点についてご理解いただきます。

当セミナーは、講義でパワハラについての知識や技法を学ぶだけでなく、演習やロールプレイを体感することで、学んだ内容の歩留まりを高めることができるようになっています。

パワハラ防止のために社外研修の受講を推奨する企業が増えていますが、企業の役員、管理職、人事部やコンプライアンス部門の方々、あるいは個人的にパワハラを学びたいという方は、当セミナーでパワハラについて学び、体感してください。

受講料は2名様でお申込みいただくと¥12,000に、3名様ですと¥10,000に割引させていただきます(税別価格)。
また、当セミナーをご体験後に社内に導入する場合は、社内研修実施時に割引サービスをご利用いただけます。

◆当セミナーはWebセミナーです◆
会場では開催せず、職場や自宅などどこからでも、オンライン(ZOOM)で受講いただけます。
お申込みいただいた方には、アクセスするためのURL、参加するための手順等を、メールにてお送りいたします。

尚、当セミナーは講義の他に個人演習やグループワークがあります。
受講者には講義の視聴だけではなく、グループワークにもご参加いただくことを前提としております。
ご参加時の環境などによりどうしてもそれが難しいという方のみ、視聴のみでのご参加もお受けいたします。

■ZOOMについて■
ZOOMはアカウントの取得は不要、費用は無料で、こちらからお送りする招待URLをクリックするだけで、PC・スマホ・タブレットから簡単に参加することができます。
事前にZOOM操作マニュアルを配布しますので、初めての方でも安心してご参加いただけます。接続に不安がある方は、事前に個別に接続確認をさせていただきます。

【参加者の声】
・部下の指導が苦手だったが、どう伝えればよいかわかった。使ってみたい。
・部下とうまくコミュニケ―ションを取っていく上で、非常に参考になる話だった。
・「怒り」そのものが悪いわけではなく、その伝え方や自分の持つ許容範囲の問題という話がとても新鮮だった。
・グループワークは、他人の価値観が自分とは違うことを実感できる良いワークだった。多くの気付きがあった。
・わかりやすく、簡潔にポイントを挙げてご教示いただいたので、社内の他の人にも伝えられる。
・他業界の方の意見も聞けて非常に参考になった。
・自社の管理職には是非受講して欲しい。パワハラを恐れて必要な指導ができなくなることがないよう、指導とパワハラの境界を理解して欲しいので。
・社内にパワハラに関するパンフレット等はあるが、やはり、それを読むのとこのような研修を受けるのとは全く違うと思った。
・事前にZOOMのマニュアルもいただけて、安心して参加できた。オンラインでもちゃんとグループワークができることに驚いた。グループワークは有意義だった。
・オンラインセミナーだったが、対面よりもむしろ話しやすかった。
・アンガーマネジメントという観点からのパワハラへのアプローチは新鮮であり、また本質的であると思った。

プログラム

14:00-17:00

講義で学んでワークで体感!*プログラムは変更になる場合があります

■アンガーマネジメントとは
・パワハラとは
・パワハラとアンガーマネジメントの関係
・怒りが生まれるメカニズム
・個人演習、グループワーク
■アンガーマネジメント3つのアプローチ
・衝動のコントロール
・思考のコントロール
・行動のコントロール
・個人演習、グループワーク
■「叱る」技術
・「叱る」とは
・叱る時のコミュニケーションの留意点
・ロールプレイ
■まとめ

講師情報

朝生 容子氏

研修講師、コンサルタント

慶応義塾大学卒業後、日本電信電話株式会社(現NTT東日本)入社。人材開発部門にて若手社員育成、女性活躍推進に従事。その他、マーケティング、経営企画等に従事。1999年に社会人向け教育機関(株)グロービスに転職。スクール部門でマーケティング等を担当した後、企業研修部門においてマネジャーとして人材育成コンサルティングやリーダーシップカリキュラム開発プロジェクトに参画。2001年に働きながら通信課程で英国レスター大MBA(通信課程)を取得。2012年にキャリアコンサルタント、研修講師として独立。現在は、年間のべ約200名の働く個人からの相談に従事するほか、働きやすい職場づくりのコンサルティングにも取り組んでいる。
主な資格:国家資格キャリアコンサルタント、キャリア・コンサルティング技能士2級(熟練レベル)、産業カウンセラー、アンガーマネジメント・ファシリテーターなど

会社情報

社名 株式会社エムズカンパニー
住所 〒102-0073 東京都千代田区九段北1-3-11 九段久保山ビル3F
代表者 小池 勝
資本金 2000万円
売上高 10億円
従業員数 15名