学生の志望度を高める!正しい社風の伝え方と座談会運営の仕方 【株式会社ジェイック Future Finder メディア事業部】
費用 無料
会場 WEBセミナー

Web・オンラインオンライン(zoom開催)

備考 参加申込後、事務局よりzoom参加用URLをメールにてご案内します。
ジャンル 新卒採用
提供 株式会社ジェイック Future Finder メディア事業部

解決できる課題

新卒採用で内定辞退者を減らしたい

新卒採用で内定承諾や辞退の決め手になる「社風」や「雰囲気」の伝え方が分かります!

インターンシップを強化したい

インターンシップから本選考への繋ぎ、魅了付けとして行われる「社員との座談会」、座談会で魅了付けするポイントが分かります!

自社セミナー・説明会を強化したい

会社説明会やセミナー、座談会等を通じて「社風を伝えて学生を魅了する」ポイントが分かります!

日程・申込

日程情報はありません。

概要

23卒のサマーインターン真っ只中の8月〜9月、「インターンから本選考までのフォローで良い案はないでしょうか?」とよく相談されます。

「ターゲットへの訴求軸に合わせてコンテンツを複数創る」という王道をご提案すると「そこまでの企画力はないので困っている…」とのこと。

そんな企業様にお薦めしているのは、学生からの人気が高く、コンテンツも用意しなくて良い!社員との座談会です!

とても有効な「座談会」ですが、残念な運用をされている企業も多いのが、とても気になります。座談会は、意図を明確にして工夫すると、すごくエッジの立ったキラーコンテンツになります!

しかし、実際には、
●若くて元気な社員をアテンドして、
●「NG回答はないから!任せるから盛り上げて!」
という行き当たりばったりの運用になりがちです…

本当に実力あるメンバーの場合は、これでも品質を担保できます。

しかし、そうでは無い場合…学生アンケートからは見えてきにくいのですが、直接学生にヒアリングすると「志望度が下がりました…」という声が出てきます。

一方、同じ座談会でも、「あそこの座談会は良かったから絶対行った方がいいよ」と噂になる企業もあります。

満足度の高い座談会と低い座談会、いったい何が違うのでしょうか?

答えが分かるウェビナーを企画しました!

プログラム

2021年9月16日(木)
11:00-12:30

■学生アンケートに見る「志望企業の決め方」

■知っておくべき「志望企業の決めさせ方」のロジック

■「就職の軸」による説得のポイントの違い

■「仕事軸」重視型

■「展望軸」重視型

■「ワークライフバランス」を気にするタイプの攻略方法

■最も重要な「環境視点」

■企業説明会、座談会における「社風」の見せ方・伝え方

講師情報

清水達也氏

株式会社DEiBA Company 代表取締役社長

早稲田大学理工学部機械工学科卒業後、リクルートに入社。在籍中、じゃらんnetの立ち上げを責任者として推進した後、取締役常務執行役員として同社の人材系事業を統括。リクルートエージェント(現:リクルートキャリア)・リクルートキャリアコンサルティングにて代表取締役を兼任するなど、長年日本の人材業界を牽引してきました。

リクルート退社後は、米国UCバークレイに留学。卒業後、カプコンUSA,INC.取締役、ベネッセホールディングス顧問などを歴任した後新卒採用の理想型を創造するためDEiBA Companyを設立し、代表として活躍する。現在、社長業の傍ら千葉商科大学やビジネス・ブレークスルー大学にて講師も務めており採用面だけでなく日本の人材育成にも尽力されています。

会社情報

社名 株式会社ジェイック Future Finder メディア事業部
住所 〒101-0051
東京都千代田区神田神保町1-101 神保町101ビル6F
代表者 佐藤 剛志
資本金 252百万円(2020年1月期)
売上高 3,030百万円
従業員数 203人(連結)