新卒採用

HRテクノロジー最新動向 と 採用×Techを用いたTAIS(タイス)の実例紹介

慶應義塾大学大学院 ビジネス・スクール特任教授 岩本隆氏登壇セミナー


HRテクノロジー最新動向 と 採用×Techを用いたTAIS(タイス)の実例紹介 【日本データビジョン株式会社】
費用 無料
会場  TKPガーデンシティPREMIUM神保町

東京都千代田区神田錦町3-22 テラススクエア 3階

神保町駅 A9出口から徒歩2分

ジャンル 新卒採用
特典・備考 なし
提供 日本データビジョン株式会社

解決できる課題

採用戦略を見直したい

新しい採用ツールを検討したい

効率的な採用システムを構築したい

日程・申込

日時 対象 予約

2018/09/07(金) 〜 2018/09/07(金)

14:00〜16:00 受付開始:13:45
新卒採用の責任者様、もしくは新卒採用のご担当者様 申込む

概要

日本の新卒採用市場は、学生1人あたりのエントリー社数の減少や就職活動期間の短期化により、
従来からの母集団の量を集めた採用がより厳しくなってきております。

AI・ビッグデータ・RPA等の最新テクノロジーは、 産業分野だけではなく、
ホワイトカラー業務にも活用されるようになりました。採用業務においても急速に導入が進み、新たな採用方法として変革が起こっております。


一方企業の人事部は、新卒採用だけではなく、中途採用・インターン実施など、年間を通じて採用活動が多岐に亘ることから、各々の業務をより効率的に実施することが求められます。

そこで本講演では、HRテクノロジーを活用し、母集団の「量」から「質」の採用に変えることで「合格・進捗率」を向上させる一方で、人事部の「効率・生産性」を向上させる新しい手法をご紹介いたします。

本セミナーでは、当社のアドバイザーでHRテクノロジー第一人者である慶應義塾大学大学院 特任教授の岩本 隆氏の登壇による『HRテクノロジー を活用した採用の最新動向』についてご講演いただいた後、『現在の新卒採用フローの課題とHRテクノロジー活用によるこれからの採用のかたち』として、HRテクノロジーを活用した効率的な採用方法について、日本データビジョン株式会社代表取締役社長太田和人よりご説明致します。

※定員:50名
※原則、1社につき1名でのご参加をお願いいたします。
※同業者の方のご参加は、お断りさせていただきます。
※締切:開催の2営業日前16:00までとなります。
※お申し込み多数の場合は抽選となる場合がございますので、ご了承ください。

プログラム

14:00-16:00

HRテクノロジーを活用した採用の最新動向及び、HRテクノロジー活用によるこれからの採用のかたち

HRテクノロジーを活用した採用の最新動向
HRテクノロジー活用によるこれからの採用のかたち

講師情報

岩本隆氏

慶應義塾大学大学院 経営管理研究科/ビジネス・スクール 特任教授

東京大学工学部金属工学科卒業。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)工学部材料学科Ph.D.。日本モトローラ株式会社、日本ルーセント・テクノロジー株式会社、ノキア・ジャパン株式会社、株式会社ドリームインキュベータ(DI)を経て、2012年より慶應義塾大学大学院経営管理研究科(KBS)特任教授。外資系グローバル企業での最先端技術の研究開発や研究開発組織のマネジメントの経験を活かし、DIでは、技術系企業に対する「技術」と「戦略」とを融合させた経営コンサルティングや、「技術」・「戦略」・「政策」の融合による産業プロデュースなど、戦略コンサルティング業界における新領域を開拓。

太田 和人氏

日本データビジョン株式会社 代表取締役社長

大学卒業後、大手生命保険会社に入社。
総合商社日商岩井(現双日)の社内ベンチャー企業を経て採用コンサルティング企業に入社、役員を経て代表取締役。

その後、採用システム販売企業を創業、代表取締役。
創業メンバー経営を委譲し、日本データビジョンに参加し、現在代表取締役。
採用支援 20 年の経験と新スキームの構築の実績を持つ。

会社情報

社名 日本データビジョン株式会社
住所 【東京オフィス】〒104-0045東京都中央区築地4丁目1番1号東劇ビル15階
代表者 太田 和人
資本金 1億8705万円 (単体)
売上高 12億9000万円 (単体)2016年3月期 実績
従業員数 100名 (単体)2017年4月 現在

MENU