人材育成・研修全般

【オンライン】第2回Executive Seminar "Withコロナ"を生き抜くための経営者のLeadershipと人財戦略

世界11か国にグローバル展開し、国内外で活躍できる人材をサポートする人材紹介会社のJACリクルートメントと、『7つの習慣』を基盤とした企業研修やコンサルティングサービスを提供しているフランクリン・コヴィー・ジャパンによる第二回エグゼクティブセミナー。経営者のリーダーシップと人財戦略という2つの問いに対し、原理原則に基づく本質的な理論を援用して思考の枠組みを提示いたします


【オンライン】第2回Executive Seminar "Withコロナ"を生き抜くための経営者のLeadershipと人財戦略 【フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社】
費用 無料
会場 オンラインセミナー形式にて行います。

東京都千代田区三番町

ジャンル 人材育成・研修全般
提供 フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社

解決できる課題

人材育成戦略のコンサルティングを受けたい

社員・組織のイノベーション力を高めたい

社員のモチベーションを向上させたい

日程・申込

日程情報はありません。

概要

Covid-19を筆頭とする昨今の劇的な環境変化は、
日本企業における経営戦略の策定と実行を一層難しくしております。

そのような状況下で企業が継続的に成果を出していくためには
卓越した戦略の実行とそれを導く企業トップのリーダーシップやマネジメント、
組織体制そのものが変わらなければなりません。

人財戦略においても、
「不確実な時代に“採るべき人財”をいかに定義し、また見極めるか」は、
もはや人事部の範疇を越えて経営者自らが向き合うべき課題であると言えるでしょう。

このセミナーは、"Withコロナ"を生き抜くための
経営者のLeadershipと人財戦略という2つの問いに対し、
原理原則に基づく本質的な理論を援用して思考の枠組みを提示いたします。

第一部 ニューノーマルにおけるリーダーシップ
 (登壇者:-弊社取締役副社長 竹村富士徳)
・With-CoronaからAfter-Coronaへ
・ニューノーマルにおけるリーダーシップとは
・新時代における戦略と実行

第二部 不確実な時代に採るべき人財を見極める 
(登壇者:株式会社JAC Recruitment海外進出支援室 室長 佐原賢治氏)
・"採るべき人"を定義する
・"いかに見極めるか"、面接をデザインする

※本イベントは、株式会社JACリクルートメントとフランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社との
共催イベントになります

【概要】
日時:3月10日(水) 13:30-15:00
会場:Zoomを利用するライブセミナー
費用:無料

【対象者】
経営幹部、役職者、組織リーダーの方
採用責任者の方

講師情報

竹村 富士徳氏

フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社取締役副社長 国立大学法人筑波大学客員教授

1969年生まれ。1995年、旧フランクリン・クエスト社の日本法人に入社。経営企画、経理全般、人事、プランナー関連商品の開発、販売、物流など多岐に渡って担当。同社の売上げアップおよび利益改善に大きく貢献し、1998年フランクリン・コヴィー・ジャパンにて最年少で取締役に就任。米国本社との折衝はじめ、日本国内では同社事業の再構築の指揮を執り、2000年取締役副社長に就任。「あらゆる人々と組織の大いなる力を解き放つ」というフランクリン・コヴィー社のミッションを現場で推し進め、経営に携わると同時に、講師としても活躍。

佐原 賢治氏

株式会社JACリクルートメント 海外進出支援室 室長

「人材採用」に関する仕事に就いて31年目。1990年同志社大学商学部卒業。2000年株式会社ジェイエイシージャパン(現・株式会社ジェイエイシーリクルートメント)入社。関東・関西・九州で主に日系製造業向け人材紹介コンサルティングを経験した後、本社人事部長職を経て2011年から現職。海外事業展開に伴う国内外での人材採用に対する助言を行うほか、自治体、地方金融機関等主催イベントでの講演多数。日経産業新聞「HRマネジメントを考える」隔月連載中。

会社情報

社名 フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社
住所 〒102-0075
東京都千代田区三番町5-7 精糖会館7階
代表者 ブライアン・マーティーニ
資本金 26000000円
売上高 非公開
従業員数 62名