人事制度

【残席わずか!】前LIXIL八木氏と語る、人事DX元年2020〜人事自身がDXに挑み、全社DXに貢献するために

【無料】第二弾!Withコロナで勝つためのDX推進にお悩みの経営者・人事部長必見!株式会社people first 代表取締役(前 株式会社LIXILグループ執行役副社長)八木洋介氏 × Institution for a Global Society株式会社CEO、慶應義塾大学経済学部特任教授 福原 正大 による熱量あふれる豪華セッション!


【残席わずか!】前LIXIL八木氏と語る、人事DX元年2020〜人事自身がDXに挑み、全社DXに貢献するために 【Institution for a Global Society株式会社】
費用 無料
会場 オンライン(zoomウェビナー利用)

その他・海外オンライン開催

特典 当日資料プレゼント
ジャンル 人事制度
提供 Institution for a Global Society株式会社

解決できる課題

評価制度を見直したい

コロナ期に必要になる職務や成果の定義をどのように進めるべきか、評価制度見直しのアプローチをお伝えします。

人事評価(アセスメント)力を高めたい

リモートワークが主体となる働き方が進む中で、適切に評価を行い、社員を動機づけるために取り組めることをお伝えします。

人事戦略を再構築したい

社員のキャリア自律を意識づけ、求める姿に向かって成長するための支援や、その実態把握をデータドリブンで行うためのヒントを解説します。

日程・申込

日程情報はありません。

概要

DXはもはや、企業が目指すべき、単なる方向性ではありません。あらゆる企業にとって、ビジネスを継続していく前提になった、と言って良いでしょう。そのことが誰の目にもハッキリとしたのが、コロナ禍によって一気に変化が加速した、2020年という年なのではないでしょうか?
本セミナーでは、これまで日本の人事に影響を与えてきたオピニオンリーダーたちを迎え、DXを前提として今人材マネジメントの領域に起こりつつある変化の最前線、そして本質的に変わらない思考の軸について、語り尽くします。世界を覆う変化と不安の中で、改めて人事が進むべき方向を考えたい、行動を起こしたい、という経営者の方、人事責任者の方に、ぜひご視聴頂きたい内容です。このセミナーをきっかけに、2020年を、日本の人事DX元年にしていこうではありませんか。

第二弾となる本セミナーでは、株式会社people first 代表取締役(前 株式会社LIXILグループ執行役副社長)八木洋介氏をお迎えして、経営の要である「人」をどのように活かし、DX時代を乗りこなしていくべきか、具体的な進め方も含め取り上げます。ふるってご参加ください。

【こんな悩みを抱える経営層、人事責任者、マネジメント層の方に】
・デジタルトランスフォーメーション(DX)のワードだけが社内で飛び交うが、人事部として何ができるのかわからない
・コロナ前には二度と戻らないと言われても…ニューノーマルで自社に何が必要なのか不安だ
・HRテックの活用と計画には掲げているが、実はそもそもよくわからない、自社にはできる気がしない

※エグゼクティブ層またマネジャー層の方を対象とさせていただきます。また、競合製品取り扱い企業様の参加をお断りさせていただいております。

プログラム

基調講演
16:00-16:40

基調講演

全ての経営活動は人によって実践されている。
当たり前の事実だ。人を理解し、潜在力を活かし、最適に配置するためのツールがあるとして、それを使わない会社が競争に勝つことができるだろうか?
そんなツールが、今目の前にある。そして、コロナ禍とその結果としてのリーモートワークの進展で、個の自立が加速されそうだ。DXは個を活かし、組織を強化するチャンスを生み出す。だから、DXを「てこ」にできない会社は負ける。
一方で、DXは万能の解決策ではない。DXにできない価値を出すことに「人事」の価値があるのだ。この機会を通じて、そんな議論ができれば最高だ。

第二部
16:40-17:20

人事の立場から、全社DX推進に貢献するための具体的方法

テクノロジーがより身近に、活用可能なものとして発展してきた今、AIや機械学習といったツールをどのように経営の意思決定に活用できるかイメージは湧いていますか?ツールを使いこなしながら、人事の立場から、全社のDX推進にも貢献するための具体的方法を、企業の最新事例を交えお伝えします。

第三部
17:20-18:00

パネルディスカッション

皆様からのご質問をもとに、登壇者2名によるトークをお届けします。

講師情報

八木 洋介(ヤギ ヨウスケ)氏

株式会社people first 代表取締役(前 株式会社LIXILグループ執行役副社長)

1980年京都大学経済学部卒業後、日本鋼管株式会社に入社。1996年National Steelに出向し、CEOを補佐。1999年にGEに入社し、複数のビジネスで人事責任者などを歴任。2012年に株式会社LIXILグループ 執行役副社長に就任。Grohe, American Standard, Permasteelisaの取締役を歴任。2017年株式会社people firstを設立して、代表取締役。経済同友会幹事 。現在、東証一部上場企業などのアドバイザーを務めている。著書に「戦略人事のビジョン」。活発に講演活動を行い、雑誌などに記事多数。

福原 正大(フクハラ マサヒロ)氏

Institution for a Global Society株式会社(IGS) 代表取締役社長

・慶應義塾大学経済学部特任教授(HRテクノロジー、フィンテック)
・東京理科大学客員教授
・経済産業省クリエイティブ人材育成特別委員
<略歴>
慶應義塾大学卒業後、1992年東京銀行(現三菱UFJ銀行)に入行。企業留学生として、フランスINSEAD(欧州経営大学院)にてMBA、グランゼコールHEC(パリ)で国際金融の修士号を最優秀賞で取得。筑波大学で博士号(経営学)を取得。2000年、世界最大の資産運用会社 Barclays Global Investors に入社し、35歳にして最年少Managing Director、日本における取締役を歴任。
2010年に、「人を幸せにする評価で、幸せをつくる人を、つくる」ことをヴィジョンにIGSを設立。主な著書に『ハーバード、オックスフォード…世界のトップスクールが実践する考える力の磨き方』(大和書房)、『人工知能×ビッグデータが「人事」を変える』(朝日新聞出版社)、『フィンテックの経済学:先端金融技術の理論と実践』共編著(慶應義塾大学出版会)など。

会社情報

社名 Institution for a Global Society株式会社
住所 〒150-0012
東京都渋谷区広尾1-3-18
広尾オフィスビル 7階
代表者 福原正大
資本金 78,000,000円
売上高 非公開
従業員数 40名