人事・労務全般・その他

【無料セミナー】最新IT活用セミナー 〜本年度のIT導入補助金、先進中小企業の業務改善事例〜

中小・小規模事業者の生産性向上を目的とした「IT導入補助金」の概要と 最新のIT活用事例について詳しくご紹介致します。


【無料セミナー】最新IT活用セミナー 〜本年度のIT導入補助金、先進中小企業の業務改善事例〜 【株式会社ネオキャリア】
費用 無料
会場 【6月会場】 モノリス新宿ビル 26階セミナールーム 【7月会場】新宿サンエービル 8階経営会議室

東京都【6月会場】東京都新宿区西新宿2-3-1新宿モノリスビル  【7月会場】東京都新宿区西新宿1-2-2 新宿サンエービル

新宿駅

ジャンル 人事・労務全般・その他
特典・備考 なし
提供 株式会社ネオキャリア

解決できる課題

自社の生産性を高めたい

日程・申込

日時 対象 予約

2018/07/10(火)

10:00〜12:00 受付開始:9:50
【7月会場】人事部、総務部、経営者 申込む

2018/07/17(火)

10:00〜12:00 受付開始:9:50
【7月会場】人事部、総務部、経営者 申込む

概要

昨年100億円の予算だったIT導入補助金ですが、
本年度は5倍の500億円の予算が決定しました。

IT導入補助金を利用する企業も増加しておりますが、
皆様正しいご活用方法はご存知ですか?

クラウドやAIなど新しいITインフラを活用して生産性を高め、
より付加価値の高い仕事に従業員を専念させる職場環境を作ることが、
会社の魅力をまして人材を確保するためには必要となります。

また働き方改革では、「平成30年度地方労働行政運営方針」が発表され、
中小企業に対しての長時間労働の抑制等が監督指導が開始されます。

それに伴い客観的なデータでの勤怠管理が求められるようになり、
「紙管理」と言われる出勤簿やタイムカードの時代が変革の時を迎えております。

政府は、このような環境変化に対応する中小企業のために、
昨年度に引き続き「IT導入補助金」支援を打ち出しております。



「そもそもIT導入補助金って何?」「IT導入補助金を活用したいけど、よく分からない。」

「長時間労働をなくしたい。」「業務改善ができるシステムが知りたい」


そんなお悩みを持つ皆様に、
生産性向上のための最新IT活用事例、今年度のIT導入補助金の概要とその活用方法などを分かりやすくお伝えします。
今回「jinjerシリーズ」もIT導入補助金の対象システムとなっております。

「働き方改革」政策で長時間労働の抑制など注目が集まっております。
「働き方改革」に対応する勤怠管理のご紹介から業務効率化に繋がるjinjerシリーズのご紹介もさせていただきます。



■セミナー内容
<第一部>
中小企業の生産性向上に効果的!
IT活用の最新動向と2018年「IT導入補助金」

・中小企業におけるIT活用の意義と最新動向
・「IT導入補助金」の活用
・「IT導入補助金」の概要と申請方法

<第二部>
人事の方々の分散されていた業務を集約できるシステム!
クラウド型の業務効率に繋がるサービス「jinjer」

・人事業務を一元的に管理ができるjinjerの紹介
・長時間労働を是正する最新の勤怠管理システムの活用方法

==================================

・本画面からお申し込みをもって予約完了となります。
※開催の前日に、再度リマインドのメールをご送付させて頂きます。
・内容、終了時間は変更になる場合がございます。
・お申し込みは“先着順”とさせて頂きます。
・同業の方のお申し込みはお断りする場合がございます。
==================================

講師情報

坂本 恒之(サカモト ツネユキ)氏

株式会社スマイルワークス 代表取締役社長

大手流通グループにて法人営業企画やセールスプロモーション、システムの企画・構築を担当。
その後、セキュリティベンチャーで事業開発、ロータス/日本IBMでビジネスパートナーマーケティングを担当。ITを活用したサービス・ビジネスにおける事業開発・マーケティングのエキスパートとして、各方面から高い評価を得る。
2003年に株式会社スマイルワークスを設立。会計ソフトの弥生株式会社の経営に参画するなど、中小企業支援ビジネスでの実績も豊富。

本田 泰祐(ホンダ タイスケ)氏

株式会社ネオキャリア 経営企画本部 jinjer Div.事業部長

2014年ネオキャリア入社。経営企画本部で多くの新規事業の企画立案、立ち上げに携わる。
2016年、国内初の「人事向けプラットフォームサービス『jinjer』」のローンチと同時に、同サービスを統括する事業部長に就任。
その後、AIによる「勤怠管理システム」や、入退社の手続きがweb上で簡単に完結できる「労務管理システム」のリリースなどの機能改善を主導するとともに、jinjerの拡販にも従事。ローンチから約2年で5,000社以上に導入、「HR Tech」のを牽引するプロダクトへと成長に導く。
また、人事データ活用に関するをセミナーへ登壇するなど「HRTech」の啓発活動も積極的に取り組んでいる。

MENU