ヒューマンエラー対策研修 基礎コース(品川開催) 【ANAビジネスソリューション株式会社】
費用 47,300円(税込)
会場 東京都

港区高輪4-10-29 京急第1ビル 11階

JR・京浜急行 品川駅

備考 JR・京浜急行 品川駅 高輪口 徒歩3分
ジャンル テーマ別研修
提供 ANAビジネスソリューション株式会社

解決できる課題

若手社員の能力を高めたい

中堅社員の能力を高めたい

管理職の能力を高めたい

日程・申込

日時 対象 予約

2022/05/30(月) 10:00 〜 17:00

・受付開始:9:40
・申込締切:2022/05/25(水) 12:00
・キャンセル受付締切:2022/05/13(金) 12:00
ヒューマンエラー対策研修 基礎コース(品川開催) 受付終了

2022/06/13(月) 10:00 〜 17:00

・受付開始:9:40
・申込締切:2022/06/08(水) 12:00
・キャンセル受付締切:2022/05/27(金) 12:00
ヒューマンエラー対策研修 基礎コース(品川開催) 申込む

2022/06/28(火) 10:00 〜 17:00

・受付開始:9:40
・申込締切:2022/06/23(木) 12:00
・キャンセル受付締切:2022/06/13(月) 12:00
ヒューマンエラー対策研修 基礎コース(品川開催) 申込む

概要

「人はエラーする」という人間特性を体感したうえで、事故が起こる仕組みを理解します。

ヒューマンエラーによる事故が発生したとき、「当事者の責任か。組織の責任か」と真っ先に論じるようでは、残念ながら事故や不具合をなくすことはできません。なぜ、間違いは起きるのか―。人間特性の理解が、ヒューマンエラー対策の第一歩です。そして、ヒューマンエラーの背後にある「誰でも共通に陥るであろう要因」を探り出して、対策を講じていくことが重要です。ANAや航空業界の事例をベースに、明日の業務にすぐに活用できる「ヒューマンエラー対策」を学びます。

■対象者
新入社員、中堅社員、管理監督職、安全品質担当者、経営層まで
事故再発防止を考えるすべての方の基礎知識として
※同業他社の方のご受講はご遠慮いただいております。

■受講者の主な業種
情報通信、運輸、製造、医療・福祉、金融・保険業など

■時間
10:00〜17:00(休憩時間を含む)

※諸事情により開講時間を変更する場合がございます。

■定員
24名

※定員に満たない場合は、開講できない場合がありますことを予めご了承ください。
この場合は、弊社より直接ご連絡いたします。


■受講料金
一般料金:
・47,300円(税込)<本体料金:43,000円>

※ANAカード(クレジット機能付)会員様は、ANAカードで決済いただくと200円(税込)につき1マイルたまります。
詳しくは「各種サービスのご案内」をご覧ください。
※マイルを使って研修をご受講いただく場合、会員ご本人様、会員の配偶者・同性パートナーおよび2親等以内のご家族が対象となります。

■その他
クイズや演習を含む座学、事例を用いた実習(ケーススタディ)時はグループワーク
ヒューマンエラー対策すべての土台となる“大切にしたい考え方”、“効果的なヒューマンエラーの防止方法”を学び、ケーススタディのワークで振り返りを行います。

■ご注意
※講義の録音・撮影はご遠慮願います。

※テキストは会場にてお渡しいたします。
 (講座受講以外の方へのテキスト販売は行っておりません。)

※HRプロ上でのお申し込み後、弊社よりメールが送信されますので必ずご確認をお願いします。
ドメイン指定をされている場合はANAビジネスソリューションの
ドメイン(abc.jp)の解除をお願いいたします。
解除をいただいていても「迷惑メールフォルダ」に入る可能性がありますので、
併せてご確認をお願いいたします。
お手数をおかけしますがどうぞよろしくお願いいたします。

プログラム

13:00-17:00

はじめに

なぜ航空業界がヒューマンエラー対策に取り組み始めたのかなどをご紹介しながらその重要性をお伝えします

13:00-17:00

人はなぜエラーを起こすのか (人間特性によるエラー/人を取り巻く環境によるエラー/バイオレーション)

ヒューマンエラーを防止する為には、人間の思考のメカニズムを理解することが大切です。人間特性の理解の為に、視野の限界や錯視、パターン認識などによるエラーをクイズやゲームを通して様々に体験していただきます。また、エラーを増加させてしまう日常的な要因についてご紹介します。

13:00-17:00

ヒューマンエラー対策の概念 (ハインリッヒの法則/エラーチェーン/SHELモデルなど)

事故の再発防止に留まらず、未然防止の観点から「ヒヤリハット」情報を活用することの重要性をご理解いただきます。また、
・事故はヒューマンエラーや不具合事象の連鎖によって発生する(エラーチェーン)
・自分自身は周囲のファクターに常に影響を受けて、情報をやり取りしながら仕事をしている(SHELモデル)
と言った、ヒューマンエラー対策に欠かせない基本的な考え方をお伝えします。
その上で、起きた事故に対して、責任追及をするだけでは真の原因は解明できないこと、何より原因究明の風土作りが大切であることをご理解いただきます。

13:00-17:00

ヒューマンエラー防止法 (エラートレランス/エラーレジスタンスなど)

起きたヒューマンエラーにすばやく気付き対策する「エラートレランス」、ヒューマンエラーそのものを起きにくくする仕組みをつくる「エラーレジスタンス」。二つの防止法について、指差呼称やSTOP LOOKなど航空業界やANAの取り組み事例をご紹介しながらご理解いただきます。また、一番エラーが発生する事の多い、人間そのものへの対策についてお伝えします。

13:00-17:00

ケーススタディ

個人ワークとグループワークでエラーチェーンを作成し、基礎コースの振り返りを行います。

会社情報

社名 ANAビジネスソリューション株式会社
住所 〒108-0074
東京都港区高輪4-10-18 京急第1ビル 11階
代表者 柴田 雄司
資本金 1億円
売上高 2021年3月期 37億円
従業員数 社員 380名(2021年4月現在) 派遣スタッフ 200名(2021年4月現在)