人事制度

日本企業が押さえておくべき 報酬・等級ガバナンスの基本 NEW

報酬データベースをもとに、日本本社からの適切な海外拠点のガバナンスのあり方をご紹介します。


日本企業が押さえておくべき 報酬・等級ガバナンスの基本 【コーン・フェリー・ジャパン株式会社】
費用 無料
会場 Zoomでのオンラインセミナー

その他・海外

ジャンル 人事制度
提供 コーン・フェリー・ジャパン株式会社

解決できる課題

人事制度を見直したい

従業員満足度(ES)を高めたい

日程・申込

日時 対象 予約

2020/11/26(木)

16:00〜18:00 受付開始:15:50
経営者、経営企画、人事制度、人事企画、人材開発、グローバル人事のご責任者、ご担当者様 申込む

概要

グローバルに展開する日本企業にとって、各国での優秀な人材の獲得と定着は大きな課題の一つです。その上で、報酬というのは数少ない定量指標の一つであり、ここで競合他社に後れを取ることは避けたいところでしょう。
 
一方、これまで“グローバル最適”という視点から本社主導でマネジメントしてこなかった多くの企業では、これらを進めるためのリソース(人・組織体制や情報など)を持ち合わせていない。そのため、すでに10,20年前から取り組んでいる欧米系企業にこれ以上の遅れをとらないためにも効率性と汎用性を重視して施策を打つことが求められています。
 

 人と組織に関する世界最大級のコンサルティングファームであるコーン・フェリーは、グローバルで600万人、日本国内で20万人の報酬情報を保有しています。本セミナーでは、報酬データベースを活用した実務的なハウツーや、日本本社からの適切な海外拠点のガバナンスのあり方をご紹介します。

 
プログラム:
・日本本社主導で行う海外拠点ガバナンスの基本
・報酬・等級ガバナンスによる人材管理
・アジアを中心とした各国の報酬相場・組織風土の日本比較
・透明性の高い手法としての外部報酬データベースの活用
・活用事例紹介
※プログラムは変更する場合がございます。

講師:
コーン・フェリー・ジャパン
調査診断サービス コンサルタント 佐々木 浩

会社情報

社名 コーン・フェリー・ジャパン株式会社
住所 100-0005
東京都千代田区丸の内1-8-1
丸の内トラストタワー N館 14階
代表者 日本共同代表 滝波純一、五十嵐正樹
資本金 非公開
売上高 非公開
従業員数 非公開