採用全般

障がい者法定雇用率が上がった今、企業に求められる考え方とは?人事執行役員が語るリアルな障がい者雇用

3月1日から、障がい者雇用法定雇用率が2.3%になり、より困難になった雇用率達成に必要な考え方をお伝えします。


障がい者法定雇用率が上がった今、企業に求められる考え方とは?人事執行役員が語るリアルな障がい者雇用 【株式会社エスプールプラス (東証1部上場 潟Gスプール100%出資子会社)】
費用 無料
会場 オンライン開催

Web・オンライン

ジャンル 採用全般
提供 株式会社エスプールプラス (東証1部上場 潟Gスプール100%出資子会社)

解決できる課題

採用戦略のコンサルティングを受けたい

採用戦略を見直したい

障害者雇用率を高めたい

日程・申込

日程情報はありません。

概要

2021年3月1日に法定雇用率2.3%への引き上げが決定し
企業においては、障がい者雇用の拡大が求められています。
(引き上げにより、従業員43.5名以上の企業が雇用義務の対象になりました)

SDGsとの結びつきなどでも注目されているなか
より、一層採用が困難になることも見込まれます。

このたび、その課題に対する考え方や解決について
そして、障がい者雇用を通じて企業価値向上へ繋げている事例をご紹介するため
株式会社槌屋 執行役員の高田伸幸様をお招きいたしました。

自社のリアルな雇用率達成までの困難や
考え方などをお話いただく特別ウェビナーを開催します。

「希望職種の採用が進まない」「現場での業務切り出しが困難」といったリアルなご経験をもとに
今後の採用計画を立てていくきっかけとなりますので、この機会にぜひご参加くださいませ。


<このような方におすすめのセミナーです>
●「雇用率2.3%」を達成できていない企業の人事や総務・経営層の方
●これから障がい者雇用を進めたい人事や総務・経営層の方
●雇用率引き上げにより、障がい者雇用の義務が発生している人事や総務・経営層の方 など

「障がい者雇用」について、お悩みをお持ちの方や情報収集を行う方は
ぜひ本セミナーにお申込みくださいませ。

プログラム

3月10日(水)
11:00-12:00

パネルディスカッション形式で進行します。

1) 今までの障がい者雇用の課題と促進のきっかけ

2) 農園サービス活用に至った経緯

3) 今後の障がい者雇用の展望

4) 質疑応答

講師情報

高田 伸幸氏

株式会社槌屋 執行役員 総務部

岡本 開太氏

株式会社エスプールプラス 障がい者雇用支援グループ リーダー

会社情報

社名 株式会社エスプールプラス (東証1部上場 潟Gスプール100%出資子会社)
住所 〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-25JR神田万世橋ビル17階
代表者 和田 一紀
資本金 5500万円
売上高 非公開
従業員数 197名

株式会社エスプールプラス (東証1部上場 潟Gスプール100%出資子会社)のサービス