職種別研修

【オンライン】“営業マン育成コンサルティング”でどう営業組織は改善され成果を上げるか

〜テレワーク時代になぜ「営業プロセスマネジメント」が注目されているのか〜


【オンライン】“営業マン育成コンサルティング”でどう営業組織は改善され成果を上げるか 【ソフトブレーン・サービス株式会社】
費用 無料
会場 WEBセミナー

その他・海外※PCとインターネット接続環境があればどこからでも参加頂けます。

備考 ※当日の進行によって終了時間が前後する可能性がございます。予めご了承ください。
ジャンル 職種別研修
提供 ソフトブレーン・サービス株式会社

解決できる課題

人材育成戦略のコンサルティングを受けたい

人材育成の体系を見直したい

営業力を強化したい

日程・申込

日程情報はありません。

概要

<概要>
新型コロナウイルスの影響により、営業活動の形は変わりました。
営業部門においては、今まで当たり前に行っていたお客様先への訪問はほとんどなくなり、オンラインでのコミュニケーションが主体になっています。また営業パーソンがオフィスに集合することもなくなり、上司と部下が直接顔を合わせながらのコミュニケーションは激減しました。

緊急事態宣言が解除された中で、営業の形が完全に元通りになるのはまだ先の話ではないかと考えます。公益財団法人 日本生産性本部の「第1回 働く人の意識調査」によると、新型コロナウイルス収束後もテレワークを継続したいかについては、「そう思う」24.3%、「どちらかと言えばそう思う」38.4%と、6割強が肯定的であるデータが出ています。
これから先、遠隔で売上・利益をつくるという状況は、しばらく続くことになりそうです。そんな「テレワーク時代」の今、マネジメントや営業力の強化に向けて注目されているのが「営業プロセスマネジメント」です。


◆成果にこだわった行動を起こすための「営業プロセスマネジメント」
営業プロセスマネジメントとは、営業のプロセスを管理することで、結果を最大化するマネジメント手法のことです。目指すべき結果に至る営業活動を分解し、そのプロセスを見える化し、標準化する。そのプロセスの計画・実行・計測・分析・改善(G-PDCA)を回すマネジメントの仕組みです。

営業の現場では、結果が常に求められます。
ただ、多くの会社では、結果だけを管理し、プロセスを管理していないのが現状です。

直接顔を合わせていた時には、それでも結果を出せていたかもしれません。しかし、遠隔でのマネジメントになると、直接会わない中で一人ひとりの営業活動を「把握」し、そのうえで指導・アドバイス・軌道修正することが難しくなります。テレワーク時代には、結果だけを管理しても成果がでないのが現実で、結果に至るまでのプロセスを今まで以上に管理しなければなりません。今、営業現場で求められていることは、結果を出すための仕事の進め方や、目標達成に向けた各自の役割責任を正しく認識することです。

本セミナーでは、弊社が提供する「営業マン育成コンサルティング」において、具体的にどう営業組織が改善され、成果を上げることができるのか。実際に行うプログラム内容に関して、具体的に解説させていただきます。テレワーク時代の「営業」に課題をお持ちの経営者様、営業幹部、人事担当者の皆様、ご興味をお持ちの方は、是非ご参加ください。


<対象者>
経営者様・営業幹部・人事の皆様


<会場>
オンライン開催となります。(Webexを予定)
PCとインターネット接続環境があればどこからでも参加頂けます。

講師情報

宮田 純(みやた じゅん)氏

ソフトブレーン・サービス株式会社 シニアコンサルタント

1977年(昭和52年)、北海道出身。
大学卒業後、新卒で人材サービス会社に入社(営業職)。25歳で営業リーダー。30歳でBPO事業を立ち上げ、営業、業務設計、人員採用、業務マネジメント、PJT管理、一連の全ての業務を行い、事業化を推進。3年間で110名の事業本部となる。
その後、医療に特化した人材サービス会社に転職。営業部門の事業部長。72名のマネジメントを行い、業績向上、入社1年2ヶ月後のマザーズ上場に貢献。「遠隔診療」事業を立ち上げ、政府が推進している遠隔診療事業化のさきがけとなり、1年で正式な事業部のひとつとなる。続けて「看護・介護派遣」事業を立ち上げ、同じく1年で事業部となる。
上記の経験を活かし、ソフトブレーン・サービスに入社し、現在に至る。

会社情報

社名 ソフトブレーン・サービス株式会社
住所 〒101-0047
東京都千代田区内神田3-2-8 いちご内神田ビル10階
代表者 代表取締役社長 野部剛
資本金 7,790万円
売上高 非公開
従業員数 21名 ※グループ連結1,266名