人事・労務全般・その他

早出残業にも対策が必要! 裁判例から見る現代型労務問題を解説【労働時間の定義と正しい管理方法】in東京

〜企業が適正に労働時間を管理することが求められる今〜              労働時間管理に必要な時間管理の方法を、裁判例から具体的に解説!


解決できる課題

労働時間の超過を減らしたい

ワークライフバランスを推進したい

人事労務の管理コストを低減したい

日程・申込

日程情報はありません。

概要

多くの企業では、働き方改革が推進されることにより、時間外労働の管理は広がってきました。
しかし、現場の実情として仕事が回らないという理由で、自主的に出社している従業員の方はいないでしょうか。
このような、いわゆる早出残業についても、適正な管理が必要になります。
また、社員旅行、運動会、部内の飲み会、取引先との接待・・・どこまでが労働時間と判断されるのでしょうか。
企業は今、適正に労働時間を管理することが求められる時代となりましたが、裁判例を元に確認しながら、
適法な労働時間管理に必要な時間管理の方法について、具体的に解説いたします。

■本セミナーは、「奉行クラウドフォーラム2019 in 東京」のA-2セミナーとなっています。

プログラム

11:20-12:10

早出残業にも対策が必要!

裁判例から見る現代型労務問題を徹底解説
【労働時間の定義と正しい管理方法とは】 in東京

講師情報

家永 勲氏

弁護士法人 ALG&Associates 執行役員・弁護士

立命館大学法科大学院卒業 東京弁護士会所属
東京オフィス企業法務事業部において、事業部長を務めており、多数の企業からの法務に関する相談、紛争対応、訴訟対応に従事。
日常に生じる様々な労務に関する相談対応に加え、現行の人事制度の見直しに関わる法務対応、企業の組織再編時の労働条件の統一、法改正に向けた対応への助言など、企業経営に付随して生じる法的な課題の解決にも尽力している。
近著に「労働紛争解決のための民事訴訟法等の基礎知識」、エルダー(いずれも労働調査会)、労政時報、LDノート等へ多数の論稿がある。

会社情報

社名 株式会社オービックビジネスコンサルタント
住所 〒163-6032
東京都新宿区西新宿6-8-1 住友不動産新宿オークタワー32F
代表者 代表取締役社長 和田 成史
資本金 105億1,900万円
売上高 非公開
従業員数 739名(平成30年3月31日現在)