組織風土

中国・華南地域 進出セミナー

-成功の鍵は進出ノウハウと子会社ガバナンス強化-


中国・華南地域 進出セミナー 【株式会社オービックビジネスコンサルタント】
費用 無料
会場  フクラシア八重洲 会議室E

東京都中央区八重洲2-4-1ユニゾ八重洲ビル(常和八重洲ビル)3F

JR 「東京」駅 八重洲南口より徒歩3分 東京メトロ銀座線 「京橋」駅 7番出口より徒歩4分

ジャンル 組織風土
特典・備考 なし
提供 株式会社オービックビジネスコンサルタント

解決できる課題

グローバル人材戦略のコンサルティングを受けたい

日程・申込

日程情報はありません。

概要

中国で今注目されているのは、“華南地域”

中国の貿易中心地、華南地域。経済規模は中国国内で第一位、そ
の規模はスペインやメキシコと同等であり、一つの省で一つの国
に匹敵するレベルである。中でも広州・深センといった広東省経
済は注目が高い。
米中貿易摩擦や人件費の高騰で、逆風が漂う中国だが、広大な国
土の中で成功の可能性が高い地域はまだ多い。

本セミナーでは、華南地域の概要と進出方法をお伝えするととも
に、世界の中でも不正が多い中国で子会社ガバナンスを効かせる
ための具体的手法を解説する

プログラム

13:30-14:30

中国華南地域の概要及び 進出方法

中国の貿易の中心地である華南地域は非常に購買意欲が強く、巨大マーケットへ 成長する大きな可能性を秘めており、今後も電化製品や日用品などの販売市場と してのビジネスチャンスが見込まれます。 本セミナーでは華南地域の概要を踏まえた上で、中国へのアプローチ方法及び中 国の各種制度についてご紹介します。

14:40-15:10

中国子会社不正事例から見る ガバナンス強化手法

海外子会社の存在感が増す中、不正事例も急増しています。2019年3月までの5年 間で起こった海外子会社不正は中国が約半数を締め、日系企業へ大きな影響を及 ぼしています。そこで注目されているのが、システムを活用した子会社ガバナン スです。 本セッションでは、昨今の中国子会社不正事例の検証、クラウド会計システムを 活用した“経理の見える化”によるガバナンス強化手法及び、海外子会社が一般的 に利用している用友、金蝶といった現地システムとの連携手法もご紹介します。

15:20-16:20

中国華南地域の内販展開に 係わる法務戦略

従来は多くの企業が中国国内での取引先を現地日系企業に絞っていましたが、近 年は中国の巨大なマーケットを開拓すべく、国内販売を手掛ける企業も増えてい ます。本セミナーでは、内販展開の基本的な留意点、債権回収のポイント及び商 業賄賂リスクと不正行為対策についてご紹介します。

講師情報

古矢 義和氏

フェアコンサルティング中国 深圳オフィス マネージャー 日本国公認会計士

有限責任監査法人トーマツにて主に製造業やIT企業に対する法定監査及び上
場支援業務に従事。また、日本の大手税理士法人や香港現地の会計事務所に
て各種税務申告業務及び税務アドバイザリー業務に従事した経験も持つ。
これまでの経験を活かし、日系企業及び香港企業に対して、日本側及び香港
側の事情も考慮した、税務、会計及び内部統制等に関する総合的なアドバイ
スを行い、中国進出・ビジネスのサポートを行っている。

玉村 健氏

株式会社フェアコンサルティング

大手外資系コンサルティングファームを経て、日本トップシェアの連結会計 システムベンダーで製品企画や中西日本地域コンサルティング部門責任者と して従事。フェアコンサルティングでは、日本企業にグローバルソリュー ションを提案する部門の責任者を務めるとともに、システムソリューション 事業責任者としてグループマネジメントシステムやクラウド型グローバル会 計システムのソリューション提供を行っている。

尹 秀鍾氏

広東深秀律師事務所代表弁護士 中国律師

代表弁護士、慶應義塾大学法学(商法)博士。西村あさひ法律事務所(東 京)、君合律師事務所(北京)での執務経験を経て、2014年から深圳で開業。 華南・香港地域の外国系企業を中心に法務サービスを提供。 主な業務領域は、対中国投資、M&A、労働法務、事業の再編と撤退、知財、 民・商事訴訟及び仲裁など。著書に「中国現地法人の労務管理Q&A」(慶 応義塾大学出版会)がある。

会社情報

社名 株式会社オービックビジネスコンサルタント
住所 〒163-6032
東京都新宿区西新宿6-8-1 住友不動産新宿オークタワー32F
代表者 代表取締役社長 和田 成史
資本金 105億1,900万円
売上高 非公開
従業員数 739名(平成30年3月31日現在)