「パワーハラスメントはなぜ起こるか?」
費用 無料
会場 東京都

-

ジャンル 人材育成・研修全般
提供 株式会社トランストラクチャ

解決できる課題

社員のチームワークを向上させたい

社員間のコミュニケーションを向上させたい

社員のモチベーションを向上させたい

日程・申込

日程情報はありません。

概要

マネジャーに求められるのは、組織のビジョンや課題を理解しメンバーと共有した上で、チームを全体最適へと方向づけることです。ところが、意欲に燃え、成果を出すために真面目に意気込むマネジャーほど部下の(精神)教育や失敗の叱責といった「秩序の維持」(完全性:インテグリティ)」を偏重してしまう傾向があります。そしてパワハラ言動に繋がって、エンゲージメントやモチベーションの低下を招いてしまいます。当セミナーでは長年法務に携わるとともに組織マネジメント
の経験も豊富な講師が、マネジャーが陥りがちなパワハラ言動の深因を解き、メタ認知により自己を客観視することで「パワハラは醜く最低最悪なマネジメントである」という気づきを得るためのヒントをお話しします。

セミナー後半では弊社トランストラクチャより、ハラスメントを起こさない組織づくりに向けて調査や360度診断などの施策をご紹介します。


■ご参加いただきたい企業
・パワーハラスメントを防止したい企業
・管理職の質を高めたい企業
・チームマネジメントの質を高めたい企業
※なお、同業者の方のご参加はご遠慮ください。

■プログラムの内容(事前にお断りなく変更することがございます)
・パワーハラスメントはなぜ起こるか?
・マネジャーに求められること
・チームで働くということ
・チームマネジメントの三要素
・メタ認知による気づき
・マネジメント教育
・ハラスメントを起こさない組織づくり


■ご参加にあたり以下のインターネット環境が必要です

<必要な機材>
 ・Windows (Windows 10、Windows 8または8.1) または、MacOS 10.7以降を搭載のMac
 
<ネットワーク環境>
 ・ネットワーク環境の悪いところでは途中画面がフリーズしたり切断等の可能性がありますのでご注意ください。 

■本セミナーは、Zoomを利用して実施します。
■セミナーURLを2日前までにお送りいたします。届いていない場合はご連絡ください。
■接続確認のため、開始時間の10分前に接続をお願いします。

■講師
・朽木 鴻次郎(研修講師)

プログラム

・パワーハラスメントはなぜ起こるか?
・マネジャーに求められること
・チームで働くということ
・チームマネジメントの三要素
・メタ認知による気づき
・マネジメント教育
・ハラスメントを起こさない組織づくり

講師情報

朽木鴻次郎 (くちき こうじろう)

朽木鴻次郎 (くちき こうじろう)氏

研修講師

1960年(昭和35年)東京都出身、一橋大学法学部卒業後、石油開発企業に入社。海外赴任通算約9年。1997年に総合商社-法務室国際法務統括に転職。以後、ドイツ系化学・医薬品メーカーのリーガルオフィサー兼日本法人法務知財室長を経て、2004年任天堂(京都本社)部門長として、企業法務、国際国内契約交渉や訴訟、CSR人権監査等に従事。2018年任天堂を退職。現在は、34年の企業法務での経験を活かし「法令遵守の本質」「ハラスメントの防止」「企業の情報を守る」「SNSをめぐるコンプライアンス」などの領域を得意とする研修講師。地方自治体、民間企業、公益団体、首都圏大学などでの登壇多数。

会社情報

社名 株式会社トランストラクチャ
住所 〒102-0083
東京都千代田区麹町5-4 JPR麹町ビル
代表者 高柳 公一
資本金 8,000万円
売上高 非公開
従業員数 約50名