「 シニア人材を活かす人事制度 」
費用 無料
会場 東京都

-

ジャンル 人事制度
提供 株式会社トランストラクチャ

解決できる課題

人事制度を見直したい

経営戦略上に求められる人材の調達と活躍を実現のため、人事制度は定期的に見直す必要があります。今求められる人事制度のポイントを紹介します。

高齢者活用を推進したい

日程・申込

日程情報はありません。

概要

少子高齢化によって今後人口減少が一層進んでいく中で、人手不足が日本経済の構造的課題になっています。人材の供給制約下において今後は企業間の競争が激しさを増すことが予想されている中でシニア人材の人材活用が各企業の避けることができない経営課題になっています。特に、2021年4月施行の高齢者雇用安定法の改正に伴い、70歳までの雇用をいかに確保していくかを本格的に検討しなければいけないようになってきています。

 当セミナーでは、定年延長を見据えたシニア人材の人事制度設計のポイントについて解説します


■ご参加いただきたい企業
・外部環境が大きく変化している企業
・シニア層の人事制度の見直しを予定されている企業
・定年延長を予定されている企業
・シニア人材のモチベーションの問題が発生している企業


■ご参加にあたり以下のインターネット環境が必要です

<必要な機材>
 ・Windows (Windows 10、Windows 8または8.1) または、MacOS 10.7以降を搭載のMac
 
<ネットワーク環境>
 ・ネットワーク環境の悪いところでは途中画面がフリーズしたり切断等の可能性がありますのでご注意ください。 

■本セミナーは、Zoomを利用して実施します。
■セミナーURLを2日前までにお送りいたします。届いていない場合はご連絡ください。
■接続確認のため、開始時間の10分前に接続をお願いします。

■講師
株式会社トランストラクチャ コンサルティング部門 パートナー 古川 拓馬 (ふるかわ たくま)

プログラム

プログラムの内容(事前にお断りなく変更することがございます)

・シニア人材の活用が叫ばれる背景
・シニア人材における主要な論点
・シニア戦力化に向けた制度設計方法

講師情報

古川 拓馬

古川 拓馬氏

パートナー

国内大手独立系コンサルティング会社にて、人材開発、組織・人事コンサルティング会社の企画営業業務を行う。当社においてはコンサルティング部門のパートナーとして、定量分析、人事基盤整備および人事制度設計等のプロジェクトに携わるほか、プロダクト開発や人事分析の品質管理、社内教育に従事。

共著:『2030年の人事管理』(2021年、中央経済社)、共著:『経営力を鍛える人事のデータ分析』(2017年、中央経済社)、『新版 人事の定量分析』(2016年、中央経済社)
論文:『年次評価廃止時代の成果管理』(2017年、「月刊人事マネジメント」ビジネスパブリッシング )『雇用ポートフォリオから読み解く「合理的」人事マネジメント』(2016年、「賃金事情」産労総合研究所)

会社情報

社名 株式会社トランストラクチャ
住所 〒102-0083
東京都千代田区麹町5-4 JPR麹町ビル
代表者 高柳 公一
資本金 8,000万円
売上高 非公開
従業員数 約50名