階層別研修

無料オンライン説明会/自治体と連携した新しい経営のカタチとは?地方創生×社会課題解決×ビジネスモデル

【無料/1日限定オンライン説明会(ライブ配信)】 「地方創生×社会課題解決×ビジネスモデル」無料説明会説明会のポイント 1. 地方創生型ビジネスモデルとは何か 2. 自治体連携を通じた、コーポレートブランディング・サービスブランディングについて 3. 自社の強み×社会課題解決の掛け算で事業開発を進める


無料オンライン説明会/自治体と連携した新しい経営のカタチとは?地方創生×社会課題解決×ビジネスモデル 【株式会社タナベ経営】
費用 無料
会場 オンラインセミナー

Web・オンライン

特典 ご参加者限定
1.【ご希望者のみ】講演レジュメ
2.【ご希望者のみ】個別相談も承ります。
など
ジャンル 階層別研修
提供 株式会社タナベ経営

解決できる課題

次世代経営者を育成したい

社員・組織のイノベーション力を高めたい

社員のモチベーションを向上させたい

日程・申込

日程情報はありません。

概要

自治体と連携した新しい経営のカタチとは?

【無料/1日限定オンライン説明会(ライブ配信)】
「地方創生×社会課題解決×ビジネスモデル」無料説明会


●東証一部上場・創業60年以上、日本の経営コンサルティングファームのパイオニア、タナベ経営のノウハウ公開!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
オンライン説明会(ライブ配信形式で実施いたします。)
※1.本説明会はご来場いただく必要はございません。
ご自身のPCおよびスマートフォンなどからご参加いただけます。
※2.開催前日までに視聴用のURLをメールでお送りいたします。
※3.視聴にかかる通信料はお客様のご負担となりますことをご了承ください。Wi-Fi環境下での受講を推奨します。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

●開催概要
 「地方創生×社会課題解決×ビジネスモデル」

東京一極集中を是正するために始まった「地方創生」。
「地方創生」は必要と感じつつも、経営活動の一環として積極的なアクションをとっていない企業が多いのではないでしょうか。

日本の社会課題として、「少子高齢化」、「労働生産人口の減少」が進む中、都市部以外で企業経営を強く推し進めることが難しくなっており、地方創生による、「人が集まる」地域づくりが必須です。
また、SDGsの考えが世の中に広く認知されている中、「地方創生」というキーワードは避けては通れないと考えております。

そこで今回の説明会では、「地方創生×社会課題解決×ビジネスモデル 自治体と連携した新しい経営のカタチ」をテーマに「わが町を元気に・活気あふれる環境を創出し・社会課題解決マーケットに一石を投じる」新しい経営の在り方について説明します。


◆社会課題マーケットに参入するメリット

1. 社会的ミッションを体現し、経済的にも「社会的」にも価値の高い企業づくりが可能になる
2. 地方創生・SDGsに関わり、企業ブランディング・サービスブランディングにつなげることができる
3. 地方自治体と連携を組むことによって、商圏拡大や潜在顧客へのアプローチが可能になる

日本の未来を創造する経営の切り口を当説明会で参考にいただけたらと思います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●説明会のポイント

1. 地方創生型ビジネスモデルとは何か
2. 自治体連携を通じた、コーポレートブランディング・サービスブランディングについて
3. 自社の強み×社会課題解決の掛け算で事業開発を進める


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●無料の個別相談承ります

個別相談をご希望の方は、お申込み時の備考欄にご記載ください。
(1)個別相談を希望する(タナベ経営が訪問)
(2)個別相談を希望する(電話やWEB会議など)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●こちらの無料説明会でございますが、

1.コンサルティング業関連・研修教育業関連等、同業の方々
2.個人事業主様
3.学生様
につきましては、お断りさせていただいております。
また、事情によりお申込みをお受けできない場合がございます。予めご了承ください。

講師情報

地原 大氏

株式会社タナベ経営 大阪ドメインコンサルティング本部 チーフコンサルタント

中野 翔太氏

株式会社タナベ経営 大阪ドメインコンサルティング本部 コンサルタント

会社情報

社名 株式会社タナベ経営
住所 〒532-0003
大阪府大阪市淀川区宮原3-3-41
代表者 代表取締役社長 若松 孝彦
資本金 17億7,200万円
売上高 87億9千7百万円(2018年3月期)
従業員数 411名(2020年4月1日現在)