Excelで学ぶビジネス統計スペシャリスト研修

DX時代に必須のビジネスの現場で役立つ『データ分析スキル』を身につける

Excelで学ぶビジネス統計スペシャリスト研修
費用: 24,000円(税込)
会場: オンライン(ライブ)

提供会社: TAC株式会社

解決できる課題・このセミナーをおすすめしたい企業

研修成果を行動定着化したい

Excelを使用して研修を進めますので、すぐに現場で活用できます。ビジネス統計スペシャリスト(エクセル分析ベーシック試験)に対応しております。

若手社員の能力を高めたい

ビジネスの現場でさまざまなデータを活用するための基本となる知識と、Excelを使用したデータ分析の方法を身につけることができます。

中堅社員の能力を高めたい

データ分析スキルを身につけることで、数字に基づいた視点でビジネスを見ることができるようになります。

日程・申込

日程情報はありません。

セミナー概要

DX(デジタルトランスインフォメーション)に代表されるデジタル変革が進み、今や多くの企業のビジネスの現場でデジタル化が強く求められています。
DX人材の育成は企業の課題となっていますが、アーキテクト、AIエンジニアやデータサイエンティストなどのITの専門家を育成するだけではなく、あらゆる部門で働くビジネスパーソンにも、デジタル化に対応するスキルの教育が必要です。

近年さまざまな情報のデータ化が進み、企業では莫大なデータを抱えています。ビジネスにおいてデータの活用の重要度は増し、データサイエンティストなどの専門職ではなくても、ビジネスパーソン自らビジネスの現場でデータを分析し業務に活用できれば、生産性の向上や業務効率化に繋がります。
データの統計、分析のスキルは、新規事業、商品開発、販売促進やマーケティングなどあらゆる場面で使えるスキルであり、必要とされるスキルです。

当コースは、ビジネスで活用するデータの基本的な知識を統計学の理論だけでなく、実際にExcel関数や、グラフ機能を使って分析力を測定します。義務教育で習う算数・数学レベルを理解していれば、充分理解して実践できます。
ビジネス統計スペシャリスト、エクセル分析ベーシック試験にも対応しておりますので、資格試験対策としてもおすすめです。


【学習目標】
●データの平均値や標準偏差などの基本的な状況の把握や、Excelのグラフ機能や関数を使用してデータの傾向や相関などを発見・分析する基礎的な分析スキルを習得する。

【対象者】
Excelを使用したデータ分析を行いたい方

【前提条件】
・Excelの一般的な操作ができる方
・Zoomの基本的操作ができる方

【定員】
各回15名

【注意事項】
・お支払いは、「請求書によるお支払い」のみとさせていただきます。コース開催月の末締め、翌月末払いとなります。
・カリキュラムは状況により変更する場合があります。あらかじめご了承ください。
・Zoomによるオンライン受講となるため、PC、インターネット環境は必須となります。
・当研修の受講の際には、マイクロソフト社のExcelを使用できる環境が必要です。
・最少催行人数は5名です。5名に満たない場合は、開催を中止する場合がございます。あらかじめご了承ください。

【キャンセル規定】
お客様のご都合によるキャンセルは、開催初日より15日前以降は以下のキャンセル料金を申し受けます。なお、当社都合によりセミナーが中止となる場合は、全額返金いたします。ただし、お客様にご負担いただいた手数料等(振込手数料)は返金の対象となりません。
・2週間前〜3営業日前まで受講料の30%
・2営業日前〜当日は受講料の全額

プログラム

1日/10:00-17:00

1.平均値
平均値とは何か、平均値を求める

2.中央値
中央値とは何か、中央値を求める

3.最頻値
最頻値とは何か、最頻値を求める、中央値と最頻値の例
4.レンジ
レンジとは何か、レンジを求める

5.標準偏差
標準偏差とは何か、標準偏差を求める、Excelの分析機能「基本統計量」

6.外れ値の検出
外れ値とは何か、散布図の外れ値を検出する、折れ線グラフの外れ値を検出する

7.度数分布表
度数分布表とは何か、度数分布表を作成する、ヒストグラムとは何か、ヒストグラムを作成する

8.標準化
標準化とは何か、平均の異なるデータを標準化する

9.移動平均
移動平均とは何か、時系列データを整理する、移動平均を使って時系列データを分析する

10.季節調整
季節調整とは何か、時系列データを整理する、季節要因を求める、季節変動値を考察する

11.集計
仮説のタイプを確認する、質的変数(原因)→量的変数(結果)の仮説を検証する

12.散布図
量的変数と量的変数の関係をグラフ化する−折れ線グラフ、散布図

13.相関
相関関係を確認する、相関とは何か、分析ツールで相関を計算する

14.回帰分析
直接関係を調べる、分析ツールで回帰分析を行う

15.最適化
Excelでシミュレーションを行う、回帰分析の結果を活用する、ソルバー機能を活用する

会社情報

社名 TAC株式会社
住所 〒101-8383
東京都千代田区神田三崎町3-2-18
代表者 多田 敏男
資本金 9億4,020万円(2021年3月末現在)
売上高 197億4,900万円(2021年3月期連結)
従業員数 連結576名 単体533名(2021年6月25日付)

このセミナーが属するジャンル