人材育成・研修全般

2020年代の「グローバル人材」を考える

〜なぜ、あの企業は変わることができたのか?生き残るために変革を主導したマネジメントが語る、真のグローバル化とは〜


2020年代の「グローバル人材」を考える 【株式会社レアジョブ】
費用 無料
会場  六本木アカデミーヒルズ

東京都港区六本木6丁目10番1号 六本木ヒルズ森タワー49F

東京メトロ日比谷線「六本木」駅1C出口より徒歩3分/都営地下鉄大江戸線「六本木」駅3出口より徒歩6分

備考 定員:150名 *定員になり次第締め切らせていただきます。
ジャンル 人材育成・研修全般
提供 株式会社レアジョブ

解決できる課題

グローバル人材を増やしたい

グローバル人材育成を強化したい

日程・申込

日程情報はありません。

概要

<セミナー背景>
近年、「グローバル」という言葉をよく耳にします。
それに伴い、「グローバル人材」を求める声も様々な企業から聞こえるようになっております。

HR総研(*)が実施した「人事の課題とキャリアに関する調査」によると、今後3〜5年の最重要課題を質問したところ、「次世代リーダー育成」(23%)が他に抜きんでてトップでした。

ただし、従業員規模別に見ると「次世代リーダー育成」は、中小企業が最多の33%を占め、大企業ではむしろ「グローバル人材育成」(21%)がトップを占める結果となりました。
(*)引用元:HR総研:人事の課題とキャリアに関する調査 人事の課題【1】

なぜ今、グローバル人材を求める必要が出てきているのでしょうか。
そしてなぜ、語学研修を実施しても思った効果が得られないのでしょうか。

そこで今回、「生き残るために変革を主導したマネジメントが語る、真のグローバル化とは」をテーマにセミナーを開催することとなりました。

経営層という視点からのグローバル化だけではなく、自らも主体的に取り組んだ結果見えてきたもの、感じ取れたものをリアルに聴ける絶好の機会かと思います。

セミナー内で、ご参加者の皆様がお互いの取り組み内容について情報交換ができるお時間もご用意しております。

ぜひ、ご参加くださいませ。


<以下の課題を持つ企業様におすすめです>
◆語学研修をすれども期待する効果も得られず課題を抱えている
◆海外事業を推進させたい役職者のビジネス英会話力が不足している
◆英語人材が「採用」で確保できず、自社のグローバル戦略に支障が生じている
◆英語人材が「育成」でも増やせず、自社のグローバル戦略に支障が生じている
◆「グローバル人材」の人材開発をしなくてはいけないが、何から手をつけていいのかわからない


上記課題に挑戦した上場企業2社の取締役・執行役員が登壇

◆HENNGE株式会社 汾陽祥太様
会社として生き残っていくために取り組んだ英語の社内公用語化。
これにより会社が得たもの、グローバル人材をどのように増やしていくかについてお話しいただきます。

◆弁護士ドットコム株式会社 田上嘉一様
社員の英語力向上の目的を取締役が自ら率先して取り組んできたことで、
自身のみならず会社が得られたもの、今後の業界における必要性、
その後のグローバル化の取り組みについてお話しいただきます。
※登壇内容は、一部変更になる可能性がございます


顧客アンケートから見えた、企業の抱える課題とその解決方法を提示

◆株式会社レアジョブ 坪内俊一
法人顧客300社から回答いただいたアンケート結果から読み解く、
グローバル化を進める企業の課題と解決方法についてお話させていただきます。

プログラム

12:30-13:00

受付/開場

-

13:00-13:10

開会のご挨拶

-

13:10-13:55

HENNGE様 講演

-

13:55-14:05

休憩

-

14:05-14:50

弁護士ドットコム様 講演

-

14:50-15:00

休憩

-

15:00-15:45

レアジョブ 講演

-

15:45-16:15

質疑応答

-

16:15-16:45

お名刺交換タイム

-

16:45-17:00

ご退場/閉会

-

講師情報

汾陽 祥太(かわみなみ しょうた)氏

HENNGE株式会社 執行役員 社長室長

京都市生まれ。
2000年 早稲田大学理工学部情報学科(現 基幹理工学部・情報理工学科)を卒業し、
インターンシップとして働いていた株式会社HDE(現 HENNGE株式会社)へ入社。
営業担当、システムコンサルタント、プロダクトマネージャーなどを経て、
2014年に執行役員就任。
2015年から2017年9月にかけてタイへ赴任し、
タイ・シンガポール・マレーシアなど東南アジア諸国を中心に担当。
2017年10月より日本に軸足を戻し、
執行役員 社長室 室長として社内外のリレーション構築に国内、海外を問わず活動中。
また、会社公用語の英語化に伴い英語学習を35歳からスタート、TOEIC900点超えを達成し、
現在はEnglishnization Evangelistとして社内外、企業、個人を問わず、英語学習者を支援中。

田上 嘉一(たがみ よしかず)氏

弁護士ドットコム株式会社 取締役

1978年 神奈川県厚木市出身
早稲田大学大学院法学研究科卒業。
アンダーソン・毛利・友常法律事務所入所、企業のM&Aや、不動産証券化などの案件に従事。

2010年 Queen Mary University of Londonに留学。
2012年 アンダーソン・毛利・友常法律事務所に復帰
2013年 グリー株式会社に入社、法務や新規事業の立ち上げに携わる。
2015年 7月に弁護士ドットコム 入社
2017年 4月 執行役員就任
2019年 6月 取締役就任

坪内 俊一氏

株式会社レアジョブ 執行役員 経営企画室長 兼 広報室長

1981年 東京都出身
Boston Consulting Groupにて、国内・海外のトップ企業への経営戦略立案・実行を支援。
特に、組織開発、チェンジマネジメント、人事戦略の再構築に多く従事。
エムスリーにて、営業部門のシニアディレクターとして、営業チームを統括すると共に、
採用・育成の責任者も兼務。
レアジョブでは、経営企画と広報を管掌。現在、グローバルリーダー育成事業の事業開発も担当。

2005年3月 東京大学工学部卒業
2007年3月 東京大学大学院工学系研究科システム量子工学科卒業
2007年4月 Boston Consulting Group入社
2014年7月 London Business School修了(MBA)
2015年10月 Boston Consulting GroupPrincipal就任
2018年1月 エムスリー株式会社入社
2019年1月 当社入社経営企画室長就任(現任)
2019年4月 当社 執行役員広報室長就任(現任)

会社情報

社名 株式会社レアジョブ
住所 〒150-0001
東京都渋谷区神宮前6-27-8 京セラ原宿ビル2F
代表者 中村 岳
資本金 557,027千円(2018年3月末現在)
売上高 3,639百万円
従業員数 117名