採用全般

≪WEBセミナー≫職場のダイバシティ&外国人材受け入れのポイント解説セミナー

〜 日本企業で働く外国人材(34カ国)への調査データから読み解く、日本企業の根本的な課題とは 〜 これから外国人材の採用を検討したい、もしくは採用はしているが定着や活躍に課題をお感じの企業様を対象としたセミナーです。本調査を担当したCQI主任分析官が登壇します。


≪WEBセミナー≫職場のダイバシティ&外国人材受け入れのポイント解説セミナー 【株式会社エイムソウル】
費用 無料
会場 WEBセミナー ※ネット回線の都合上、アクセスは1社につき2名様まで(パソコン2台まで)とさせて頂きます。

その他・海外※WEBセミナーです。全国からのご参加、お待ちしております。

備考 ※ご予約者様には参加者用URLをお送りします。時間になりましたらアクセスください。
ジャンル 採用全般
提供 株式会社エイムソウル

解決できる課題

グローバル人材を採用したい

海外にいる外国人を採用したい

在日中の外国人留学生を採用したい

日程・申込

日程情報はありません。

概要

日本で働く外国人労働者の数は165万人を越えました。いまや多くの企業が外国人材を採用していますが、一方で外国人材が活躍して業績に貢献している会社と、上手く活用できず定着しない会社とで二分しています。

人手不足が加速する日本においては、いかに早く「外国人採用を始めてみた」という状態から脱却し、「外国人材が定着・活躍する」状態へ持っていけるかがカギとなります。そのために必要なのは外国人材の持つ個性や価値観など「ダイバーシティ(多様性)の尊重」に加えて、「多様な人をインクルージョン(受容)」して平等に活躍できる環境の提供です。

そこで、当社では外国人材の視点で日本企業や職場における「ダイバーシティ(多様性)の尊重」「多様な人のインクルージョン(受容)」の実態について調査を実施しました。日本で働く34カ国の外国人材に対して調査を行った結果、外国人採用を行う企業が必ず押さえておくべきポイントがいくつか見えてきましたので、その解説と様々な事例をご紹介するセミナーを実施することに致しました。

本セミナーには本調査を担当したCQI主任分析官が登壇します。

本セミナーは2部構成で実施します。
第1部では日本で働く34カ国の外国人材に対して行った調査データと、そこから読み取れる考察について解説します。これまで外国人採用を行う企業側に対する調査は数多くありましたが、外国人材側に対する調査は少なく、貴重な結果となっております。外国人材の受け入れや職場のマネジメントに活用できる具体的な内容になっておりますので、ぜひご視聴下さい。

■本調査の要点
・外国人材は、日本の職場について「公正で配慮がある」と感じているのか?
・外国人材は、就労している職場に愛着や仲間意識を感じているのか?
・外国人材は、日本人上司のマネジメントに対する満足度は?
・外国人材は、どのようなマネジメントを求めているのか?
・外国人材が感じている、日本企業の良さは何か?
・外国人材が感じている、日本企業の改善すべき課題は何か?

※本調査は株式会社エイムソウル、コネクティー株式会社、株式会社グローバルトラストネットワークス、株式会社ダイブの共同調査です。

第2部では、当社代表の稲垣隆司と、CQI主任分析官であり本調査を担当した上崎大輔による対談を行います。調査データから導き出された、日本企業の「ダイバーシティ(多様性)の尊重」「多様な人のインクルージョン(受容)」の実態と、外国人材が感じる課題や不満に対する具体的な解決策について対談を行います。

この両名は、日本企業の「ダイバーシティ(多様性)の尊重」「多様な人のインクルージョン(受容)」を高める各種トレーニングプログラムの開発の主要メンバーでもあり、これらを高めるための具体的な施策についても言及していく予定です。様々な企業事例を出しながらの対談や調査内容のより深い考察を想定しており、視聴頂く皆さまがすぐに実行頂ける内容になることを目指します。


<こんな方にオススメ>
・外国人材採用を行う企業人事の方
・特定技能の登録支援機関、技能実習生の監理団体、送り出し機関の方
・外国人材の派遣や紹介サービス企業の方


<セミナーの特徴>
・外国人材のミスマッチ防止・活躍支援に詳しい専門家が解説
登壇者の1人、当社代表 稲垣はCQをいう理論を用いて、外国人材のミスマッチ防止・活躍支援を研究しています。変動が大きい時代、かつ日本という異文化の社会で外国人材が抱える不安をどのように解消するかなど解説いたします。

・外国人材向け・受け入れ部署向けトレーニングプログラム開発者が登壇
第2部の登壇者である当社代表 稲垣・上崎は、日本企業の「ダイバーシティ(多様性)の尊重」「多様な人のインクルージョン(受容)」を高める各種トレーニングプログラムの開発の主要メンバーでもあり、これらを高めるための具体的な施策について研究をしております。その研究内容を踏まえて、本テーマを言及します。

・外国人採用の鍵を握る概念「CQ」について学べる
外国人材が日本企業に入社する際には、多くの方がカルチャーギャップ・カルチャーショックを感じます。早期離職の主な要因にもなっています。これを解決するためには、IQ・EQに次ぐ概念、CQ(文化の知能指数)が鍵と言われています。この概念について事例を持ちながら説明します。


<その他>
・準備物:パソコン(その他、事前に設定やご準備頂くものはございません。WEBカメラ不要。音声はお使いのPCから出力ください)

プログラム

16:00-17:00

職場のダイバシティ&外国人材受け入れのポイント解説セミナー

第一部:日本で働く34カ国の外国人材に対して行った調査データ解説

第二部:外国人材採用や定着・活躍の支援に豊富な知見を持つ専門家の対談
 −日本企業の「ダイバーシティ(多様性)の尊重」「多様な人のインクルージョン(受容)」
  の実態に対する考察
 −外国人材が感じる課題や不満に対する具体的な解決策についてディスカッション
 −解決策に関する企業事例紹介

00:00-00:00

12:12-12:12

12:12-12:12

12:12-12:12

12:12-12:12

12:12-12:12

12:12-12:12

12:12-12:12

12:12-12:12

講師情報

稲垣 隆司氏

株式会社エイムソウル代表取締役 PT. Bridgeus Kizuna Asia Director

同志社大学卒。急成長したベンチャー企業で人事部責任者を務め、年間600名の新卒採用の仕組みを作る。2005年株式会社エイムソウルを設立し350社を超える顧客の人事課題解決に取り組む。2014年インドネシアに進出。日系企業に特化して人事課題解決に取り組む。現在、HRプロにて「日本流グローバル化への挑戦」を執筆中。

上崎 大輔氏

上智大学(学士)、早稲田大学(修士)

2011年三井化学株式会社入社。人事部門にて、新卒採用・人材開発を担当。2016年にケンブリッジテクノロジーパートナーズに転職。大手製造業向けの業務・組織変革コンサルティングに従事。その後、旅行系ベンチャーで海外インバウンド事業の立ち上げに参画。海外1500社の旅行代理店への営業、受注案件の管理・実行を担当。2019年に退社/独立後、株式会社エイムソウル 参画

会社情報

社名 株式会社エイムソウル
住所 〒140-0014
東京都品川区大井1-24-5 大井町センタービル7階
代表者 稲垣 隆司
資本金 1,000万円
売上高 非公開
従業員数 17名