新卒採用

志望度アップに繋がる! 選考における自社への共感・理解度アップ施策設計講座

実際に学生が感じた「良い印象の会社」「悪い印象の会社」の例を ご紹介しながら、選考プログラムの作り方を学んでいきます


志望度アップに繋がる! 選考における自社への共感・理解度アップ施策設計講座 【株式会社パフ】
費用 無料
会場 株式会社パフ 職サークルセミナールーム

東京都千代田区飯田橋 1-5-9 精文館ビル7階

九段下より徒歩5分、飯田橋より徒歩7分

ジャンル 新卒採用
提供 株式会社パフ

解決できる課題

採用戦略のコンサルティングを受けたい

ターゲット層の応募者を集めたい

採用戦略を見直したい

日程・申込

日時 対象 予約

2019/11/26(火) 〜 2019/11/26(火)

14:00〜15:30 受付開始:13:45
新卒採用ご担当者様 申込む

概要

どうしても「選ぶ」ことばかりを意識してしまう選考活動。

しかし一方で、「志望度が一番上がった瞬間」という質問において、
最も多い学生の回答は「選考・面接の場」。

また、学生は志望企業を絞る際、直接会った面接官や社員の印象、
選考がどんなプログラムでどんな点を評価されたと感じたかは、
大きな判断基準となっています。

では、選考の場で、企業側はどのような対応を取ればよいか。

実際に学生が感じた「良い印象の会社」「悪い印象の会社」の例を
ご紹介しながら、選考プログラムの作り方を学んでいきます。

■講義内容
講義(60分)
・学生の声から学ぶ。ターゲット学生の志望度が上がる選考のポイント
・自社らしい選考プログラムを設計手順
・学生満足度を上げるコンテンツ例

質疑応答(30分)

■こんな人におすすめ
・選考で他社と差別化を図りたいけれど、どうしたらいいか分からない
・「学生の志望度があがる」選考はどんなものかを知りたい
・自社らしい選考ってどんなものかを探っている

■参加者の声
・次年度の選考プログラムを設計するにあたって、大変参考になる内容が多かった
・他社の事例と比較することで、自社の選考を客観視するきっかけができた
・学生の声を踏まえた学生の心情の変化が分かり、どのような選考をすればよいかが見えてきた

講師情報

吉川安由(よしかわあゆ)氏

株式会社パフ 取締役副社長

2001年 株式会社パフ新卒第1期生として入社。
入社後、コンサルタントとして、年間30社、のべ500社程度の企業の新卒採用支援を行う。
2011年より学生向け就職支援事業の責任者も兼任し、年間500人以上の学生と対話。
「学生のことを誰よりも熟知してる採用コンサルタント」であり続けることを大切にしている。

鬼丸真希子(おにまるまきこ)氏

株式会社パフ 営業グループ チームマネージャー

教育関連、不動産、新卒採用、ブライダル…「広告業」を中心としていろいろな業界を渡り歩き、
2018年8月にパフへ中途入社。
お客様へのヒアリング能力と、ご要望に対しての提案力には社内外から絶大な信頼を得ている。
好奇心旺盛&勉強好きで、資格取得にも積極的。

会社情報

社名 株式会社パフ
住所 〒102-0072 東京都千代田区飯田橋1−5−9 精文館ビル6F
代表者 代表取締役社長 釘崎清秀
資本金 86,292,500円
売上高 非公開
従業員数 24名(役員、非常勤スタッフを含む)