適性検査・ アセスメント

部下ごとに適したコミュニケーション方法が分かる! ミツカリがマネジメント向け新機能を提供開始

株式会社ミツカリ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO:表 孝憲)は、2021年2月8日より、上司と部下に適したコミュニケーション方法が分かるシート機能の提供を開始したことをお知らせいたします。

【2021年2月8日 株式会社ミツカリ

採用活動だけでなく、コミュニケーションやマネジメントシーンでも適性検査を活用するために

ミツカリは、適性検査で人柄や価値観、社風を分析し、人と組織の相性(ミスマッチの可能性)を可視化するサービスです。2021年2月8日より提供を開始したコミュニケーションシート機能は、配属や面談などの人材マネジメントでの利用を目的としたエンタープライズプランに追加された機能です。

コミュニケーションシート機能は、現場管理職などの上司と部下による1対1の面談時に利用頂ける機能として開発しました。コミュニケーションシート機能では、上司と部下の性格特徴や人物像が分かるだけでなく、上司と部下の相性を考慮した「好まれるコミュニケーション方法」や「嫌われるコミュニケーション方法」を具体的な行動例として提示します。

コミュニケーションシート機能は、人材マネジメント経験や知識の少ない新任管理職やプレイングマネージャーの方でも使えるように、分かりやすくかつ具体的な行動を提案します。各部下に適したコミュニケーションを実践することで、本音を話しやすい信頼関係を構築しやすくなります。部下の抱える悩みや相談を効果的に引き出し、相手に伝わりやすい解決方法を提示していくことで労働生産性が向上します。上司と部下に信頼関係が構築できることで、離職率やモチベーションの改善にもつながります。効率的なマネジメントを実践し続けられることで、次世代の管理職育成にもご活用いただけます。

■テレワーク下においてコミュニケーション機会が減少・相互理解が困難な時代に
再度発令された緊急事態宣言で「テレワークによる出勤者7割減」と目標が掲げられている通り、テレワーク導入企業は増加しています。一方でテレワーク実施の課題として「何気ないコミュニケーションが取りづらい・コミュニケーション上で支障がある」などが挙げられています。
マネジメントの課題においても「部下との円滑なコミュニケーション」が多く挙げられています。テレワーク環境下でコミュニケーションの機会が減少したことで、上司と部下による1対1の面談においても「部下の悩みなどの本音を引き出せない」「会話の内容が伝わらない・理解されていない」などの課題も顕在化しています。
性格や価値観などの考え方によって適したコミュニケーション方法は異なります。ミツカリは、コミュニケーション機会の減少によって相互理解がしづらくなっている課題を解決するために、従業員の性格や価値観の違いを考慮した「最適なコミュニケーション方法」を提案する機能を開発しました。

■ミツカリについて
ミツカリは、適性検査で人柄や価値観、社風を分析し、人と組織の相性(ミスマッチの可能性)を可視化するHR Techサービスです。社風や人間関係のミスマッチを理由とした早期離職を防げるだけでなく、人物像を理解したマネジメントやコミュニケーションロスの少ない上司や配属先を選定することによる人材の早期戦力化や労働生産性の向上にご活用頂いております。2021年2月時点での導入社数は3,200社以上、適性検査の受検者数は18.5万人以上となっており、東証一部上場やベンチャー企業、学校や医療機関など多くの産業や従業員規模を問わず、多くの組織でご利用頂いております。

株式会社ミツカリ概要

会社名:株式会社ミツカリ
代表取締役社長CEO:表 孝憲
会社URL:https://about.mitsucari.com/
サービスURL:https://mitsucari.com/people_analytics
設立 :2015年5月25日
資本金:100,000,000円
本社所在地:東京都渋谷区恵比寿2丁目28番7号 サテライトフロア1422
事業内容 :働く人と企業とのミスマッチが見えるサービス「ミツカリ」の開発・運営
コミュニケーションシートのサンプル画像

コミュニケーションシートのサンプル画像

会社概要

会社名株式会社ミツカリ
業務内容人と組織の相性が可視化できるサービス「ミツカリ」の開発・運営
有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-307446(国内・全職種)
URLhttps://mitsucari.com/

お問い合わせ先

本件に関する問い合わせ先
株式会社ミツカリ 担当:山口
TEL:03-6456-4435 Email: info@mitsucari.com