Workday、2018年度第4四半期および通期の業績を発表

・第4四半期の総収入5億8250万ドル(前年同期比32.5%増) ・サブスクリプション収入4億9000万ドル(同33.7%増) ・サブスクリプション収入バックログ52億ドル(同34.4%増)

【2018年3月9日 ワークデイ株式会社

-

[2018年2月27日(現地時間) - 米国発] 企業向けクラウド型財務、 人事アプリケーションプロバイダ大手のWorkday, Inc.(本社:米国カリフォルニア州プレザントン、NASDAQ:WDAY、以下Workday)は本日、2018年1月31日に終了した2018年第4四半期、および同年度通期の業績を発表しました。

第4四半期の業績:
・総収入は5億8250万ドルで、前年同期比32.5%増となりました。サブスクリプション収入は4億9000万ドルで、前年同期比33.7%増となりました。

・営業損失は8130万ドル(収入のマイナス14%)となり、前年同期は8890万ドル(同マイナス20.2%)でした。第4四半期の非GAAPベースの営業利益は5550万ドル(収入の9.5%)となり、前年同期は2530万ドル(同5.8%)でした。1

・希薄化後の普通株1株当たり純損失は0.42ドルで、前年同期は0.44ドルでした。非GAAPベースの希薄化後の1株当たり純利益は0.28ドルで、前年同期は0.16ドルでした。1

2018年度の業績:
・総収入は21億ドルで、2017年度の36.1%増となりました。サブスクリプション収入は18億ドルで、前年度より38.5%増となりました。

・営業損失は、3億320万ドル(収入のマイナス14.1%)で、前年度の営業損失は3億5310万ドル(同マイナス22.4%)でした。非GAAPベースの営業利益は、2億1560万ドル(収入の10.1%)となり、前年度は5260万ドル(同3.3%)でした。1

・基本的および希薄化後1株当たり純損失は1.55ドルとなり、前年度基本的および希薄株式1株あたりの純損失は1.94ドルでした。非GAAPベースの希薄化後1株当たり純利益は1.03ドルとなり、前年度は0.23ドルでした。1

・営業キャッシュフローは4億6570万ドルで、フリー・キャッシュフローは3億2420万ドルでした。2

・現金および現金同等物、有価証券は、2018年1月31日現在で33億ドルでした。前受収益は15億ドルを超え、前年同期比で25.8%増となりました。

Workdayの共同創設者兼CEO、アニール・ブースリ(Aneel Bhusri)は次のように述べています。
「第4四半期は素晴らしい業績で、好調のまま2018年度を締めくくることができました。Workday ファイナンシャル マネジメントにとって最高の四半期となりました。フォーチュン 500にランクインする企業2社を新たに顧客に加え、これで500社のうち175社以上がWorkday HCMを利用することになり、人事分野でのWorkdayのリーダーシップのさらなる拡大につながりました。Workdayのユニークなビジョンによるプランニング、実行、分析アプリケーションの提供およびクラウドプラットフォームの開放により、顧客基盤をさらに拡大し、今後数年の継続的成長に向けての足場を固めることができました」

Workdayの共同社長兼CFO、ロビン・シスコ(Robynne Sisco)は次のように述べています。
「第4四半期が終わり、2018年度は非常に堅調な業績を達成できました。サブスクリプション収入増加の原動力となる分野で勢いを継続し、営業利益やキャッシュフローの面でもWorkdayのビジネスモデルの強さを示すことができました。今後も市場でのポジショニングをさらに高め、長期的かつ永続的な成長を目指します。2019年度はサブスクリプション収入が22億6500万ドルから22億8000万ドル、成長率が27〜28%になる見込みです。これにより、Workdayは最速で20億ドルのサブスクリプション収入を達成するSaaS企業の1つとなるものと確信しています」

会社概要

会社名ワークデイ株式会社
業務内容クラウド型人事用エンタープライズ アプリケーションの提供
URLhttp://www.workday.com/jp/

お問い合わせ先

<本件に関する報道関係者のお問い合わせ先>
ワークデイ広報事務局MSL Japan内
担当:石田、大谷
TEL:03-5719-8901  Email:WorkdayJP@msljapan.com

<一般のお問い合わせ先>
ワークデイ株式会社
workday.com/jp/
TEL:03-4572-1200 Email:contact.japan@workday.com

ワークデイ株式会社 その他のリリース

Workday、日本市場の「働き方改革」の現状と課題についての調査結果を発表 (2018.4.24)
Workday、Duoとのパートナーシップによりセキュリティ機能を強化 (2018.1.31)
Workday、日本法人の経営体制を強化 (2018.1.31)
Workday、2018年度第2四半期の業績を発表 (2017.9.11)
Workday、ガートナー社のマジック・クアドラントで2年連続「リーダー」に選出 (2017.8.25)
IBMとWorkday、コンピテンスセンターを開設 (2017.7.21)
Workday、2018年度第1四半期の業績を発表 (2017.6.13)
Amazon.comがWorkday ヒューマン キャピタル マネジメントを採用 (2017.2.23)
Workday、2018年度第3四半期の業績を発表 (2017.12.11)
Workday新アプリケーション「Workday プランニング」の提供を開始 (2016.9.28)

MENU